PC-386NA 386SX搭載ノートPC

「ノートサイズPC初のハードディスクパック。 プロフェッショナルのための新しいNOTE。」

PC-286Fは、FDD内蔵により市販ソフトを使えるようになりましたが、これという特徴がなく、平凡なノートPCという印象でした。

PC-386NAは、CPUを386SXに変更し、PC-9801互換機では初めてレジューム機能を搭載し、PC-9801NSより価格を安くしています。

PC-386NAスペック

  1. CPU:386SX 16MHz ※10 / 6MHz切り換え可。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ。ROMでMS-DOS V2.11(通信機能付き) / 日本語FEP標準装備。
  3. メインRAM:標準640KB。最大4.6MB
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F:あり
  12. CRT接続:不可
  13. サウンド:BEEP音のみ
  14. カードスロット:ICカードスロット1台内蔵
  15. 内蔵FDD:2HD / 2DD兼用ドライブ1台内蔵。
  16. HDD:20MBHDD内蔵可(SASI) ※HDDパック130,000円
  17. 液晶モニタ:サイドライト付きFTN型LCD 8階調表示。2階調に変更可
  18. 電源:ACアダプタまたは内蔵NiCd電池 ※約1.5~2時間使用可(FDD10%使用時)
  19. 外寸法:315(W) x 256(D) x 50(H) mm / 3.2kg

ラインナップ:1990/10発売

  1. PC-386NA:268,000円

HDDさえ内蔵しておけば、後はソフトをインストールしておけるので、使用する度FDDからソフトを読み込ませずにすむのは利点です。当時はまだHDDも高額でした。

HDD内蔵可能とはいえ、RAMドライブの方が機械的な動作がないですから、こちらの方が高速に動きます。FDDからRAMドライブに読み込ませるのには時間がかかりますが、一旦読み込ませれば、後は高速に使うことができます。この方法は、デスクトップ機の時代から使われていましたから、別に画期的なことでもなんでもありませんが。

あとがき
PC-9801NSはレジューム機能がなく、またHDD内蔵なしモデルに内蔵するにはメーカーに預けなければならず、取り付け費も高額だったので、ここは互換機の方にアドバンテージがあった。
関連記事
前のページ:≪ PC-286F PC-9801N互換ノートPC
次のページ:PC-386NOTE W ≫