PC-386NOTE W

「A4JUST SIZE。2FDD。W効果。」

型番はPC-386NWです。1991年6月発売です。

PC-386NAWスペック

  1. CPU:386SX 16MHz ※10 / 6MHz切り換え可。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ。ROMでMS-DOS V2.11(通信機能付き) / 日本語FEP標準装備。
  3. メインRAM:標準640KB。最大8.6MB
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F:あり
  12. CRT接続:不可
  13. サウンド:BEEP音のみ
  14. カードスロット:ICカードスロット1台内蔵
  15. 内蔵FDD:2HD / 2DD兼用ドライブ2台内蔵。HDD搭載機は1台内蔵。
  16. HDD:内蔵可(SASI) ※FDDと排他的に使用。
  17. 液晶モニタ:サイドライト付きFTN型LCD 8階調表示。2階調に変更可
  18. 電源:ACアダプタまたは内蔵NiCd電池
  19. 外寸法:297(W) x 210(D) x 43(H) ㎜

ラインナップ:1990/10発売

  1. PC-386NW2:278,000円 FDD2台内蔵 / HDDオプション バッテリ稼働時間90~120分
  2. PC-386NW1A:378,000円 FDD1台内蔵 / 20MBHDD内蔵 バッテリ稼働時間70~100分
  3. PC-386NW1B:418,000円 FDD1台内蔵 / 40MBHDD内蔵 バッテリ稼働時間70~100分

バッテリ稼働時間は、FDDが10%使用時の目安です。当時はHDDの価格が非常に高かったことを物語っているといえます。

スポンサーリンク

あとがき
ほとんどのビジネスソフトは、HDDがあることを前提にしているので、HDD取り付けは必要で、FDDのみでは頻繁にFDを差し替えなければならなくなる。HDDは4万円の差なので、40MBのものを選んでおくのがいいといえる。
関連記事
前のページ:≪ PC-386NA 386SX搭載ノートPC
次のページ: PC-386NOTE AE ≫