PC-386S PC-386Vの後継機

「次代のSが、ここにある。Speed&Strong、PC-386S誕生。」

PC-386Vの後継機種がPC-386Sであり、CPUのクロックをPC-9801RA21/41が20MHzなのに対し、25MHzに向上させています。

今回から、3.5インチFDD内蔵モデルもラインナップされました。また、意図は不明ですが、5インチFDD1台内蔵モデルがラインされました。

EPSON PC-386Vスペック

  1. CPU:i80386 25MHzノーウエイト ※10/5MHz切り換え可能。
  2. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM:96KB
  3. メインRAM:1.6MB。14.6MBまで拡張可 ※内部専用スロット12MB、拡張スロット1MB
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用(8色表示)。
  7. アナログRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. デジタルRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット4画面8色表示/640×200ドット8画面8色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  9. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  10. FDD:5.25インチ2HD/2DD2台若しくは1台内蔵 ※USTモデルは3.5インチ2HD/2DD2台内蔵
  11. 増設FDDドライブI/F:2HD内蔵済み
  12. HDD:20/40/80/100/200MBいずれか1台内蔵可(SCSI対応)。※H40は内蔵済み
  13. シリアルI/F:RS232C
  14. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  15. マウスI/F:バスマウス
  16. CRT接続アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  17. サウンド:BEEP音(オプションでFM音源/SSG音源拡張スロット内搭載可)
  18. 拡張スロット:外部拡張スロット16ビットのCバス4個。内部拡張スロット2個
  19. キーロック:キーボードとリセットボタンをロック可。
  20. 寸法:STD/H20/H40共通 380(W)*341(D)*150(H)㎜。キーボード 470(W)*180(D)*40(H)㎜
  21. 重量:STD 10.0kg/H20 11.6kg/H40 11.6kg。キーボード 1.5kg

PC-386S:1990/10発売

  1. PC-386S-STD:498,000円 HDDオプション
  2. PC-386S-H40:638,000円 40MB内蔵(SCSI)
  3. PC-386S-F1:473,000円 HDDオプション※5.25インチ2HD/2DDのFDD1台内蔵
  4. PC-386S-UST:493,000円 HDDはオプション ※3.5インチ2HD/2DDのFDD2台内蔵

翌年にはPC-9801DAが発売され、クロックは20MHz据え置きながら価格は448,000円と下がったので、25MHzクロックとはいえ、やはり苦しかったでしょう。翌年にはオプションでハイレゾにも対応し、価格を大幅に引き下げたPC-386GEが登場します。

スポンサーリンク

あとがき
F1モデルはFDDが1台しかなく、かといって標準でHDD内蔵というわけでもないので、FDDのバックアップを作るのに苦労することになる。HDDなしモデルでは、やはりFDD2台内蔵というのがPCの常識なのである。
コメント
関連記事

コメントする