PC-386VR 386SX 16MHz搭載機

「PROへのステップアップ、32ビット・パフォーマンス。」

CPUには386SXを採用し、コストダウンを図ったのがPC-386VRです。基本的な部分には変更はありません。

PC-9801RSシリーズとは同スペックで、5万円安く32ビット機を選択できます。

EPSON PC-386VRスペック

  1. CPU:i386SX 16MHzノーウエイト ※10/6MHz切り換え可能。
  2. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM:96KB
  3. メインRAM:1.6MB。14.6MBまで拡張可 ※内部専用スロット12MB、拡張スロット1MB
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用(8色表示)。
  7. アナログRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. デジタルRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット4画面8色表示/640×200ドット8画面8色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  9. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  10. FDD:5.25インチ2HD/2DD2台内蔵(増設I/F内蔵)
  11. HDD:内蔵可(SASI)※H20/H40は内蔵済み
  12. シリアルI/F:RS232C
  13. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  14. マウスI/F:バスマウス
  15. CRT接続アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  16. サウンド:BEEP音(オプションでFM音源/SSG音源拡張スロット内搭載可)
  17. 拡張スロット:外部拡張スロット16ビットのCバス4個。内部拡張スロット2個
  18. キーロック:キーボードとリセットボタンをロック可。
  19. 寸法:STD/H20/H40共通 380(W)*341(D)*150(H)㎜。キーボード 470(W)*180(D)*40(H)㎜
  20. 重量:STD 10.0kg/H20 11.6kg/H40 11.6kg。キーボード 1.5kg

PC-386VR:1990/4発売

  1. PC-386VR-STD:348,000円 HDDオプション ※20MB/40MBが用意されている。
  2. PC-386V-H40:483,000円 HDD40MB内蔵(SASI)

PC-9801RS21とPC-386VRを比較すると、こちらの方が5万円安くなっています。当時はまだ32ビットOSがなく、高速な16ビット機として使用されているのが実情でしたから、一部のユーザーを除けば、386DXか386SXかにこだわる理由もありませんでした。

スポンサーリンク

あとがき
この時期はまだ32ビットOSがなく、MS-DOSの時代だったので、高速な16ビット機として利用されていたのが実情だった。設計が楽にできるからか、やたら386SX(内部処理32ビット、データパス16ビット、アドレスパス12ビット)を採用したマシンが発売されていた。
コメント
関連記事

コメントする