PC-486FE/FR/FS コンパクト縦置き可能マシン

「CPUで、Windowsで、そしてコストで、 目的にピタリの一台が選べる パフォーマンス・シリーズ。」

1994年06月発売のPC-486FE/FR/FSは基本的にCPUだけが異なる他は同じなので、ここでまとめて掲載します。縦置きにして使うことも可能なマシンです。

EPSON PC-486FE/FR/FSスペック

  1. CPU:PC-486FE SLエンハンス486SX 25MHz(ノーウエイト)。
    PC-486FR SLエンハンス486SX 33MHz(ノーウエイト)。
    PC-486FS SLエンハンス486DX2 66MHz(ノーウエイト)。
    ※386DX相当 10 / 5MHz切り替え可。
  2. ODP:PC-486FE486DX 50MHz相当にグレードアップ可能。
    PC-486FR 486DX 66MHz相当にグレードアップ可能。
  3. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM
  4. メインRAM:1.6MB。HDD搭載済みモデルは3.6MB。最大21.6MB。※内部拡張スロット増設
  5. ビデオRAM:512KB。ローカルバス接続。
  6. テキストRAM:12KB。
  7. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用(8色表示)。
  8. グラフィックス表示:4096色中16色表示。640×480ドット1画面(Windows使用時のみ)640×400ドット2画面。640×200ドット4画面。
  9. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  10. FDD:3モード対応3.5インチFDD2台内蔵(増設I/F内蔵) ※HDD搭載モデルは1台内蔵
  11. HDD:内蔵可(エンハンスドIDE仕様)。
  12. シリアルI/F:RS232C
  13. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  14. マウスI/F:バスマウス付属
  15. CRT接続:アナログRGB
  16. サウンド:FM音源3重和音/SSG音源3重和音計6重和音8オクターブ、BEEP音
  17. 外部拡張スロット:16ビットのCバス3個。
  18. 内部拡張スロット:メモリスロット1個。拡張ビデオカード専用スロット1個
  19. キーロック:キーボードとリセットボタンをロック可。
  20. 寸法:300(W)×300(D)×100(H)㎜。キーボードは430(W)×169(D)×40(H)㎜
  21. 重量:キーボードは1.4kg

ラインナップ

  1. PC-486FE2:128,000円 HDDオプション 標準RAM1.6MB 重量5.1kg
  2. PC-486FE1GW:198,000円 HDD200MB 標準RAM3.6MB 重量5.3kg ※Windows3.1インストール済み
  3. PC-486FR2:148,000円 HDDオプション 標準RAM1.6MB 重量5.1kg
  4. PC-486FR1GW:218,000円 HDD200MB 標準RAM3.6MB 重量5.3kg ※Windows3.1インストール済み
  5. PC-486FR2:198,000円 HDDオプション 標準RAM1.6MB 重量5.1kg
  6. PC-486FR1GW:268,000円 HDD200MB 標準RAM3.6MB 重量5.3kg ※Windows3.1インストール済み

前モデルのSE/SRと比べると価格は下がっていますが(FE/FR)、基本的な部分は変わらず、CPUだけが高速化しています。今回から、MS-DOS5.0/Windows3.1インストール済みモデルもラインされました。

なお、ODPにはFE/FRのみが対応しており、486DX相当にアップグレード可能ですが、PentiumODPには公式には対応していません。

スポンサーリンク

あとがき
ようやくWindows3.1インストール済みモデルもラインナップされたが、それ以外で自信を持って紹介できるのはCPUが高速化したことだけだろう。グラフィックスやサウンドは変わっていないので、同時発売のPC-486MUを考えた方がよいかもしれない。
コメント
関連記事

コメントする