PC-486GR/GF PC-9801FAより低価格な486SXマシン

「Windows創世記。エプソンPC-486GR 新登場。」

「486の快感。エプソンPC-486GF 新登場。」

1992年、EPSON互換機のデスクトップ機は、NECではまだ386SXが主流だったものの、すべて486へと移行した、ということです。

ノーマルモードとハイレゾモードを両方搭載しています。価格も十分にNEC唯一の486であるPC-9801FAをとらえています。

EPSON PC-486GR/GFスペック

  1. CPU:i486SX。PC-486GRは25MHz、PC-486GFは16MHz。※どちらも386 10MHz / 5MHzに切り替え可。
  2. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM:96KB
  3. メインRAM:1.6MB。14.6MBまで拡張可 ※内部専用スロットに実装
  4. ビデオRAM:ハイレゾ時は512KB(PC-486GFはオプション、PC-486GRは標準装備)。ノーマル時は256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用(8色表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示。640×200ドット時は4画面に増える。
  8. ハイレゾモードグラフィックス表示時:1120×750ドット1画面4096色中16色表示 ※対応CRTが必要。PC-486GFではオプション。PC-486GFは標準搭載。
  9. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  10. FDD:5.25インチ/3.5インチ2HD/2DD2台内蔵 前面スロットに増設FDD内蔵可
  11. 増設FDDドライブI/F:2HD内蔵済み
  12. HDD:内蔵可
  13. シリアルI/F:RS232C
  14. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  15. マウスI/F:バスマウス
  16. CRT接続アナログRGB
  17. サウンド:BEEP音 / FM音源3音/SSG音源3音6オクターブ内蔵済み
  18. 拡張スロット:外部拡張スロット16ビットのCバス4個。内部拡張スロット(増設メモリボード / アウトラインフォントボード用)
  19. キーロック:キーボードとリセットボタンをロック可。
  20. 寸法:389(W)*347(D)*150(H)㎜。キーボード 470(W)*180(D)*40(H)㎜
  21. 重量:キーボード 1.5kg 本体重量は機種により異なる

PC-486GR:1992/6発売

  1. PC-486GR5:5.25インチFDD2台内蔵 HDDオプション 本体重量9.7kg 458,000円
  2. PC-486GR5B:5.25インチFDD2台内蔵 HDD100MB内蔵 本体重量10.9kg 608,000円
  3. PC-486GR2:FDD:5.25インチFDD2台内蔵 HDDオプション 本体重量8.7kg 458,000円
  4. PC-486GR2B:3.5インチ2台FDD2台内蔵 HDD100MB内蔵 本体重量9.9kg 608,000円
  5. PC-486GR3:FDD3.5インチ2台×5.25インチ1台内蔵 HDDオプション本体重量9.6kg 483,000円

PC-486GF:1992/6発売

  1. PC-486GF5:5.25インチFDD2台内蔵 HDDオプション 本体重量9.5g 348,000円
  2. PC-486GF5B:5.25インチFDD2台内蔵 HDD100MB内蔵 本体重量10.7kg 498,000円
  3. PC-486GF2:FDD:5.25インチFDD2台内蔵 HDDオプション 本体重量8.5kg 348,000円
  4. PC-486GF2B:3.5インチ2台FDD2台内蔵 HDD100MB内蔵 本体重量9.7kg 498,000円
  5. PC-486GF3:FDD3.5インチ2台×5.25インチ1台内蔵 HDDオプション本体重量9.4kg 373,000円

PC-9801FAが486SX 16MHzで458,000円と高価だったのに対し、PC-486GFでは348,000円と11万円も安いですし、PC-486GRでは486SX 25MHzでPC-9801FAと同じ458,000円です。さらにPC-9801FAでは使えないハイレゾモードにも対応済みとなっています。

本当は、PC-9801FAより先に出すべきだったといえますが、後から出しても十分にPC-9801FAを射程に捉えていますし、お買い得な486マシンといえます。

スポンサーリンク

あとがき
PC-9801FAよりも高性能で価格もお手頃になっているが、PC-9801FAの方が高価格なのに売れていたという。やはり、Oh!PCで「PC-9801FAは買いだ!!」等という記事が出たせいもあるのだろう。こんな提灯記事を書いたライターが凄く気になるところではある。因みにPC-9801FAは1992年12月になると実売価格が268,000円と超お買い得だったのを思い出す。
コメント
関連記事

コメントする