PC-486HX/PC-486HG ハードだけが先走り

「次代の世界標準をいち早く採用した、Windowsフルスペックの未来マシン。」

EPSON互換機では初のPCIバスを採用したマシンです。CPUの他はハードスペックは同じです。

EPSON PC-486HX/PC-486HGスペック

  1. CPU:PC-486HXはi486DX2 66MHz ※486SX 33MHz or 38610MHz / 5MHz相当に切り替え可。PC-486GR Superは486DX250MHz。※486DX 25MHz or 386DX 10MHz相当に切り替え可。
  2. ODP:Pentium ODPにアップグレード可
  3. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM:96KB
  4. メインRAM:3.6MB。PC-486HX2GW / 3JW or PC-486BHG2GWは7.6MB ※63.6MBまで拡張可
  5. ビデオRAM:256KB。PCIバスから直接アクセス可
  6. テキストRAM:12KB。
  7. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用(8色表示)。
  8. グラフィックス表示:640×480ドット1画面(Windows使用時のみ) / 640×400ドット2画面。4096色中16色表示。
  9. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  10. FDD:5.25インチFDD / 3モード対応3.5インチ2台内蔵 前面スロットに増設FDD内蔵可
  11. 増設FDDドライブI/F:2HD内蔵済み
  12. HDD:内蔵可
  13. シリアルI/F:RS232C
  14. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  15. マウスI/F:バスマウス
  16. CRT接続アナログRGB
  17. サウンド:BEEP音 / FM音源3音/SSG音源3音6オクターブ内蔵済み
  18. 外部拡張スロット16ビットのCバス4個。第3/4スロットはEPSON独自PCIバス仕様
  19. 内部拡張スロット2個(増設メモリボード / アウトラインフォントボード用)
  20. キーロック:キーボードとリセットボタンをロック可。
  21. 寸法:389(W)*347(D)*150(H)㎜。キーボード 470(W)*180(D)*40(H)㎜
  22. 重量:キーボード 1.5kg 本体重量は機種により異なる

PC-486HX:1993/9発売

  1. PC-486HX2:3.5インチFDD2台内蔵 HDDオプション 本体重量8.6kg 398,000円
  2. PC-486HX2GW:3.5インチFDD2台内蔵 HDD100MB内蔵 本体重量9.2kg 588,000円
  3. PC-486HX3:FDD:3.5インチFDD2台 / 5.25インチFDD1台内蔵 HDDオプション 本体重量9.2kg 423,000円
  4. PC-486HX3JW:3.5インチ2台FDD2台 / 5.25インチFDD1台内蔵 HDD320MB内蔵 本体重量10.0kg 698,000円
  5. PC-486HX5:5.25インチ2台FDD2台内蔵 HDDオプション 本体重量8.9kg 408,000円

PC-486HG:1993/9発売

  1. PC-486HG2:3.5インチFDD2台内蔵 HDDオプション 本体重量8.6g 338,000円
  2. PC-486HG2GW:3.5インチFDD2台内蔵 HDD100MB内蔵 本体重量9.2kg 528,000円
  3. PC-486HG3:FDD:3.5インチ2台FDD2台 / 5.25インチFDD1台内蔵 HDDオプション 本体重量9.2kg 363,000円
  4. PC-486HG5:5.25インチ2台FDD2台内蔵 HDD100MB内蔵 本体重量8.9kg 348,000円

HDD標準搭載モデルはMS-DOS3.3AとWindows3.1インストール済み。また第4スロットに拡張グラフィックボードを実装のため空きは3個

グラフィックスは640×480ドット時1画面4096色中16色表示、ということで、1677万色中256色表示でないのがインパクトに欠けています。確かにPC-9801のMS-DOSモードではほとんど使われないモードですが、すでにこのスペック自体が486マシンとしては陳腐化している時期でした。

またPCIバスも拡張スロットとしての規格が定まっていない時期なのでPC-9801Cバススロットに装着できるようにしたわけですが、これを利用したボードは純正のグラフィックボード以外発売されませんでした。

スポンサーリンク

あとがき
同時期に発売されていたPC-9801BX2と比べるとやはり価格が高いし、またPC-9821Ap2/As2と比べても機能が不足している。PCIバスもまだ拡張スロットとしての規格自体が定まっていない時期なので、Cバスと共用で設計されたが、PCIバスはPentiumマシンで初めて真価を発揮するものなので、ハードだけが先走ってしまった感がある。
コメント
関連記事

コメントする