PC-586RT / RX / RJ CPUのグレードが発売毎に上がった98互換機最終型

「エプソン98ペンティアムPC、新登場。」

PC-586RT / RX / RJは発売毎にCPUの速度が向上しています。価格も上がっていますが...。PC-9801互換機の最終型です。

EPSON PC-586RT / RX / RJスペック

  1. CPU:PC-586RA Pentium75MHz。
    PC-586RX Pentium100MHz。
    PC-586RX Pentium120MHz。
    ※いずれもセカンドキャッシュ256KB搭載済み。CPUのグレードアップ可能
  2. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM
  3. メインRAM:標準メモリは7.6MB。最大191.6MB
  4. ビデオRAM:512KB。ローカルバス接続。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用(8色表示)。
  7. グラフィックス表示:4096色中16色表示。640×480ドット1画面(Windows使用時のみ)640×400ドット2画面。640×200ドット4画面。
  8. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. グラフィックアクセラレータ:S3Vision986(V-RAM2MB。2MB追加可)。
  10. グラフィックアクセラレータ使用時:
    640×400ドット1677万色中256色または1677万色
    640×480ドット1677万色中256色または1677万色
    800×600ドット1677万色中256色または65536色
    1024×768ドット1677万色中256色
    ※1024×768ドット1677万色中65536色または1677万色
    ※1280×1024ドット1677万色中256色または65536色または1677万色
    ※PC-586RAにV-RAM2MBを追加した場合。
  11. FDD:3モード対応3.5インチFDD1台内蔵
  12. HDD:540MB内蔵(エンハンスドIDE仕様)。
  13. CD-ROMドライブ:前面スロットに取り付け済み(4倍速)
  14. シリアルI/F:RS232C
  15. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  16. マウスI/F:バスマウス接続
  17. CRT接続:アナログRGB
  18. サウンド:FM音源3重和音/SSG音源3重和音計6重和音8オクターブ、PCM録音再生機能。BEEP音
  19. 外部拡張スロット:16ビットのCバス3個。
  20. 内部拡張スロット:拡張ビデオカード(PCSKB5)実装済み
  21. キーロック:キーボードとリセットボタンをロック可。
  22. 寸法:380(W)×350(D)×125(H)㎜。キーボードは430(W)×169(D)×40(H)㎜
  23. 重量:8.6kg / キーボードは1.4kg

ラインナップ

  1. PC-586RT1LW:398,000円 1995/2発売
  2. PC-586RX1LW:498,000円 1995/3発売
  3. PC-586RJ1LW:498,000円 1995/6発売

S3社製Vision968(V-RAM2MB、最大4MB可)を実装され、Windows使用時高解像が使用できます。ノート型ではサウンドブラスターPRO互換サウンド搭載機も発売されましたが、本機では前機種同様FM音源3重和音/SSG音源3重和音計6重和音8オクターブ、PCM録音再生機能となっています。

この時期になるとNECのPC-9821とPC-9801の板挟みの状態であり、かなり苦しい状況であることも窺えます。

スポンサーリンク

あとがき
1993年に98MATE(PC-9821A)の発売により、EPSON互換機のアドバンテージが完全に覆され、以降は苦しい闘いを強いられる形となっていた。高機能がほしいならPC-9821Aを買えば良いし、低価格にあげたいならPC-9801BXを買えばよい状況になっていたのである。そろそろ98互換機はやめてPC/AT互換機に移る潮時だと判断するに至るのはまもなくだった。
コメント
関連記事

コメントする