PC-6001 「パピコン」ホームパソコンの先駆け的マシン

PC-6600/6000シリーズ

NECの初代パソコンはPC-8001でしたが(TK80シリーズは含まない)、発売から約3年後に兄弟機種を発売しています。それが、PC-8801とここで取り上げるPC-6001です。

1981年に発売開始、定価は89,800円でした。日本国外はイラクの国営メーカー、「Al Warkaa」がアラビア語版のPC-6001を発売しています。

パピコンの愛称で親しまれたので、覚えている人も多いことでしょう。CMのイメージキャラには俳優の川津祐介を起用。

スポンサーリンク

PC-6001スペック

  1. CPU
    メインCPUμPD780C-1(Z-80Aコンパチブル)4MHz
    サブCPU:μPD8049
  2. ROM
    N60-BASIC(Microsoft 16K BASIC)16KB(最大32KBまで拡張可)
  3. RAM
    16KB(最大32KBまで拡張可)
  4. 表示能力
    スクリーン構成:32文字×16行
    文字構成テキスト表示:32桁×16行
    文字及びグラフィック記号(248種)
  5. グラフィック機能
    256×192ドット(白、緑の2色の組み合わせ)
    256×192ドット2色
    128×192ドット4色1画面(RAM拡張時は最大3画面)
    64×48ドット(カラー9色セミグラフィック)
    カラー機能:9色(黒、青、赤、マゼンタ、オレンジ、緑、シアン、黄、白)
    グラフィックスと文字の混在可
  6. 音声出力
    8オクターブ3重和音
  7. キーボード
    JIS標準配列準拠、コントロールキー、5ファンクションキー
  8. カセットI/F
    FSK方式(600、1200ボー)
  9. プリンタI/F
    パラレルI/F内蔵(セントロニクス仕様に準拠)
  10. シリアルI/F
    RS232C仕様準拠、オプション(300、600、1200、2400、4800ボー)
  11. FDD I/F
    5インチFDD接続可
  12. CRT
    デジタルRGB
    モノクロディスプレイ
    RFモジュール(家庭用テレビ)
  13. カートリッジスロット
    1個内蔵、増設可
  14. ジョイスティック
    ATARI仕様のものを2個接続可
  15. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz、25W
  16. 寸法
    416(W)×273(D)×90(H)㎜
  17. 重量
    約4.3kg
  18. 発売年
    1981年10月
  19. 本体標準価格
    89,800円

PC-6001の特徴

アイボリーとブラウンを基調としたプラスチック製の筐体に、オレンジ色の特殊キー群をアクセントとしたポップなデザインで、楽しそうなイメージを出しています。ただキーボードはプラスチック製とはいえ、キャラメルキーボードと揶揄されることもよくありました。性能的には当時の家庭用としては画期的だった8色のカラー表示、ひらがな表示、三重和音も可能なPSG音源、ジョイスティックI/Fを内蔵。標準搭載ゲームはカートリッジをカセットポン!で差し込めばすぐにできることなどを特徴としていました。

本体のキーボードは、全てのキーが横長の直方体に近い形で、相互に離れて並んでいる独特の形状です(輸出用の6001Aは通常のキーボード)。これは、アプリケーションごとにオーバーレイシートを載せて使うことを意図したもので、かなキーの横に赤いランプがあり、かな入力モード時に点灯するようになっています。

VDP(ビデオプロセッサ)はモトローラのMC6847とモジュレータを採用し、 映像出力はテレビ接続を用いたためあまり鮮明なものではありませんでしたが、色のにじみを逆手にとって表現力を高めるというApple IIなどと類似のテクニックがよく使われていました。VRAMは主記憶上に配置され、最大2画面分もつことができ(うち1画面はテキスト専用、RAMを拡張すると最大4画面分)、画面(ページ)を切り替えながら使えるという当時としては珍しいものです。画面数は、BASICの起動時にHow many pages?という問い合わせがあり、ユーザーが1?4の数字を入力することで設定します。なおPC-8800シリーズなどとは異なり、テキストとグラフィックの重ね合わせはできません(グラフィックモードでの文字表示はグラフィックとして描画)。

カートリッジスロットを1個持ち、RAMを32Kバイトまで拡張可能です。純正なオプションとしては、拡張ユニット(カートリッジを複数接続可能とする、背面にFDD I/Fを持つ)、拡張BASICカートリッジ(ディスク関係のBASIC命令の強化や、CIRCLE/GET/PUTなどの拡張)、フロッピーディスクユニット(FDD。5.25インチ、片面倍密度)、ボイスシンセサイザー(音声合成)等がありました。

いうまでもなく、サードパーティからはいろいろなソフトやハード、出版社などからは入門書も多数発売され、すがやみつるのパソコン入門漫画「こんにちはマイコン」の教材ともなり、多くのパソコン少年を育てました。後に開発されるMSXは当機の強い影響を受けています。但し、NECとしてはMSXは敢えて出さず、1985年12月に8ビット機をPC-8801mkIIに一本化するまでシリーズを継続しました。

本機の用途は主にゲームではあったが、それ以外にもいろいろなソフトが開発された。PC-6001はパソコンを購入する敷居を下げたという点でも、ホームパソコンの先駆けといえる。
(Visited 1 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました