PC-6001MKII 飛び抜けて新登場

ホームパソコン、ホビーパソコンのPC-6001の後継機種がPC-6001MKIIで、前モデルの愛称だったパピコンの名は使われなくなった。

キーボードは通常のものに変わり、デザインは一転して硬派のものになった印象がある。前機種のカタカナ・ひらがなに加え、キャラクタ文字が追加された。教育用を含む1024文字の漢字ROMが標準装備され、グラフィックス画面に漢字が表示できる。

サウンド機能にはPSG音源に加えて、ボイスシンセサイザーが標準装備され、喋らせることも可能となった。

このクラスのマシンでは、中学生・高校生が対象となるからか、イメージキャラにはタレントの武田鉄矢が起用された(しかし、いくら中学・高校生でもタレントのイメージでパソコンを買うようなことはしないと思う)。

スポンサーリンク

PC-6001MKIIスペック

  1. CPU
    メインCPUμPD780C-1(Z80Aコンパチ、4MHz)
    サブCPU:μPD8049(8MHz)
  2. ROM
    BASIC+マシン語モニタ32KB
    漢字32KB
    音声データ16KB
    キャラクタジェネレータ16KB
  3. RAM
    64KB.ただしテキストエリア最大32KB
  4. VRAM
    16KB
  5. テキスト表示
    40文字×20行。表示文字 496種+1024文字
  6. グラフィックス機能
    320×200ドット(4色)
    160×200ドット(15色)
    80×40ドット(15色セミグラフィックス)
  7. スーパーインポーズ
    スーパーインポーズユニット(PC-60m54)を接続することにより、パソコン画面とテレビ画面(ビデオ信号形式)の合成及び録画が可能。
  8. 有効数字
    演算精度9桁、有効表示8桁
  9. 音楽機能
    PSG音源8オクターブ三重和音
  10. 音声合成
    内蔵
  11. CMT I/F
    1200、600ボー、FSK方式
  12. カートリッジスロット
    あり(増設可)
  13. CRT
    専用デジタルRGB出力(PC-60M43により15色表示可能)
    コンポジット出力
    RF出力
  14. キーボード
    JIS標準配列準拠、5ファンクションキー、キャピタルロック可、コントロールキー
  15. パラレルI/F
    内蔵(セントロニクス社仕様準拠)
  16. シリアル I/F
    RS-232C準拠(オプション)
  17. FDDI/F
    本体内蔵
  18. ジョイスティック
    アタリ規格のジョイスティックを2本接続可
  19. 漢字表示
    教育漢字を含む1024文字を標準装備。
    後にJIS第一水準漢字ROMがオプションで用意された(カートリッジスロットに差し込み)
  20. 寸法
    幅365×高さ87×奥行き260㎜
  21. 重量
    3.3kg
  22. ボディカラー
    シルバーメタリック、アイボリホワイト
  23. 添付品
    ユーザーズマニュアル、リファレンスブック、カセットテープ1巻(デモンストレーションプログラム、英文カナワープロ、グラフィックジェネレータ、ミュージックコンポーサー、ゲーム)、カセット接続ケーブル、RFケーブル、保証書、お客様登録カード他
  24. 発売年
    1983/7
  25. 本体標準価格
    84,800円

新たにVRAMが搭載され、320×200ドット時4色カラー表示や160×200ドット時15色表示が可能となった。

スーパーインポーズ機能はPC-60m54を接続してテレビやビデオ画面との合成が可能となり、ビデオ録画も可能である。NECはこの機能をもっとも安価にスーパーインポーズと録画が出来るシステムとしてアピールした。

オプションの例

  1. PC-60m54:スーパーインポーズユニット。59,800円。
  2. PC-60M34:14色カラーディスプレイ。シルバー、アイボリー各色あり。
  3. PC-6031:1Dのフロッピードライブ。1ドライブ。
  4. PC-6032M:PC-6031の1ドライブ増設用。
  5. PC-60M75:ディスプレイ置き台。この上に載せるとちょうど良い高さになる。5,500円

BASICモード

  1. N60-BASIC(RAM 16K)
  2. N60-BASIC(RAM 32K)
  3. N60拡張BASIC(RAM 16K)
  4. N60拡張BASIC(RAM 32K)
  5. N60m-BASIC(RAM 64K)

新たに搭載されたものはN60m-BASICというもので、他のものは従来ソフトの継承のために搭載された。モード決定後はページ数の入力があり、FDD使用時はさらに最大ファイル数(How many files?)と3回も入力してようやくBASICのプロンプトに入る。N60m-BASICは本機にしか搭載されていない。

前機種のBASICが搭載され、これまでのソフトが使えるというのがユーザーがついてくる理由ではあるのだが、このクラスのパソコンでは前機種を持っていたユーザーが本機種を購入するとは考えにくい。もっと上位のパソコンを指向するのが普通だからだ。

寸評:PC-8001MKIIの存在をなくしたマシン

初版2008年2月23日

上位機であるはずのPC-8001MKIIに出来る320×200ドット4色グラフィックスは本機にもあるし、一方PC-8001MKIIにはPSG音源がなく貧弱なBEEP音のみ、漢字ROMもオプションで、こうなると下克上といって良いマシンと言え、明らかにPC-8001MKIIは中途半端なものとなった感がある。0は100倍しても0だが1は10倍すれば10、とはよくいったものである。できないよりはすっとましだからである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました