PC-6601 ディスク内蔵で実質的な値下げ

PC-8801MKIIと同時に発売されたのがPC-6601で、1DDのFDDを1台標準で内蔵しており、最大2台まで内蔵可能。その他では、ボイスシンセサイザーに音階がつけられ、「歌う」ことも可能となった。

ワープロなどのアプリがフロッピーで付属しており、買ってきてすぐに使えるのも特徴である。PC-6601という低価格機にFDDが標準で内蔵されたということは、FDDは上級者向けのオプション機器、という位置づけを失い、入門機にも要求される、ということだと言える。

ディスク内蔵型、ということで奥行きが深くなっている。本当なら本体とキーボードを切り離し、ケーブル接続とした方が良いが、本機は一体型となっている。

スポンサーリンク

PC-6601スペック

  1. CPU
    メインCPUμPD780C-1(Z80Aコンパチ、4MHz)
    サブCPU:μPD8049(8MHz)
  2. ROM
    BASIC+マシン語モニタ32KB
    漢字32KB
    音声データ16KB
    キャラクタジェネレータ16KB
  3. RAM
    64KB.ただしテキストエリア最大32KB
  4. VRAM:16KB
  5. テキスト表示
    40文字×20行。表示文字 496種+1024文字
  6. グラフィックス機能
    320×200ドット(4色)
    160×200ドット(15色)
    80×40ドット(15色セミグラフィックス)
  7. スーパーインポーズ
    スーパーインポーズユニット(PC-60m54)を接続することにより、パソコン画面とテレビ画面(ビデオ信号形式)の合成及び録画が可能。
  8. 有効数字
    演算精度9桁、有効表示8桁
  9. 音楽機能
    PSG音源8オクターブ三重和音
  10. 音声合成
    内蔵。音階可
  11. FDD
    3.5インチ1DDのドライブを1台本体内蔵。最大2台内蔵可能。
  12. CMT I/F
    1200、600ボー、FSK方式
  13. カートリッジスロット
    あり(増設可)
  14. CRT
    専用デジタルRGB出力(PC-60M43により15色表示可能)
    コンポジット出力
    RF出力
  15. キーボード
    JIS標準配列準拠、5ファンクションキー、キャピタルロック可、コントロールキー
  16. パラレルI/F
    内蔵(セントロニクス社仕様準拠)
  17. シリアル I/F
    RS-232C準拠(オプション)
  18. ジョイスティック
    アタリ規格のジョイスティックを2本接続可
  19. 漢字表示
    教育漢字を含む1024文字を標準装備。
    後にJIS第一水準漢字ROMがオプションで用意された(カートリッジスロットに差し込み)
  20. 寸法
    幅365×高さ113×奥行き380㎜
  21. 重量
    4.5kg
  22. ボディカラー
    シルバーメタリック、アイボリホワイト
  23. 添付品
    ユーザーズマニュアル、リファレンスブック、保証書、お客様登録カード他
  24. 発売年
    1983/10
  25. 本体標準価格
    143,000円

ボイスシンセサイザーに音階がつけられ、ディスクドライブ(FDD)内蔵型となった他は、基本的にPC-6001mkⅡと同じなので、そちらを参照していただきたい。

付属アプリ

FDDが標準で内蔵されたということもあって、アプリがフロッピーで提供されていた。

  1. 日本語ワードプロセッサ(東海クリエイトの『ユーカラJJ』同等品)
  2. 表計算ソフト『パソカルク』
  3. 英文カナワープロ
  4. ソングエディタ
  5. 小松左京監修によるアドベンチャーゲーム『コロニーオデッセイ(冒険編)』※プレイヤーの相棒のロボットが音声合成で喋る

ワープロソフトや表計算は実務用途は無理だが、手紙を書いたり、家計簿をつけるなど個人用途なら十分だろう。

BASICモード

  1. N66-BASIC(RAM64KB)
  2. N60-BASIC(RAM 16KB/32KB)
  3. N60-拡張BASIC(RAM 16KB/32KB)

新たに搭載されたBASICはN66-BASIC(RAM64KB)で、後のものはPC-6001(初代機)のソフトを継承するためにある。しかし、初代機を買った人が本機種を買うとは考えにくい。もっと上位のパソコンを指向するのが普通だからだ。このようにBASICモードが5つもあるというのも疑問が残る。

オプションの例

  1. PC-60m54:スーパーインポーズユニット。59,800円。
  2. PC-60M34:14色カラーディスプレイ。シルバー、アイボリー各色あり。
  3. PC-6601-FD1:増設用3.5インチFDD。
  4. PC-60M75:ディスプレイ置き台。この上に載せるとちょうど良い高さになる。5,500円
PC-6000シリーズとは互換性があるのはいうまでもないですが、FDDに関しては外付けFDDと内蔵FDDでは、BASICやROMを介さずに直接FDDを操作する場合、両者に互換性はありません。これは、外付けFDDではFDDに内蔵されたCPUを介してFDDを制御するのに対し、PC-6600シリーズの内蔵FDDではコスト削減のためPC側のCPUが直接FDDを制御しているためです。もっとも、PC-6001MK2SRにFDDを接続すること自体例外でしたし、これが問題になったのは市販ソフトでコピープロテクトがかかっている場合やCP/Mを稼働させる場合に限定されます。このクラスのマシンでCP/Mを稼働させること自体例外中の例外ですから、全く問題になることはなく、ほとんど知られていないことでした。

FDD内蔵型で漢字ROMが内蔵されているから本格的なビジネスにも利用できる、と思って買った人がいた。しかしできたのは万年カレンダープログラムだけだった。結局勉強代だと思って諦めて息子に譲り、PC-9801F2を購入し、うまく稼働している、と言う話がパソコン雑誌か何かに載っていた記憶がある。本機はあくまでもホビー用途であり、実務用途で使うなら、16ビット機のPC-9800シリーズの方を選ぶか、最低でもPC-8801MKIIの方を選ぶことだ。

PC-6001MKII発売3ヶ月後に発売され、価格差は6万円である。音声合成に音階がつけられ、FDD内蔵で実質的な値下げといっても良いだろう。もしどちらが良いかと言われれば、迷わず本機を勧めるだろう。しかし「多機能ただそれだけ」のコンセプトで、ユーザーのニーズにあった発展性が乏しいことから、このパソコンを買ったユーザーの大半はすぐに飽きて上級機に買い換えているのもまた実情だった。

寸評:頑張ってPC-8801MKIIの方を選びたい

初版2008年2月25日

PC-8801MKIIと同時に発売されたわけだが、価格差は25,000円(FDDオプションのモデル10の場合)なので、頑張ってPC-8801MKIIの方を買い、後からFDD2台組み込む、という人が多かったのではないか、と思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました