PC-8001MK2 ソフトがなければただの箱

コンピュータはソフトがなければただの箱、というのは昔も今も変わりません。ソフトウェアとハードウェアは車の両輪のようなものだからです。PC-8001MK2は発売当初こそバックオーダーを抱えるほど人気がありましたが、PC-8801MK2が登場すると同時に次第に人気に陰りが見え始めます。

実際に、PC-6001MK2とPC-6601が登場して以降は、PC-8001MK2の立場は微妙なものとなり、PC-8801MK2が登場後は、オールラウンドでは苦しくなります。

これは、同業他社の同価格帯機と比べると、グラフィックスやサウンドで著しく性能が劣っている上、みかけほどコストパフォーマンスの良くないマシンになっていたからでした。

1.PC-8001MK2用のソフトウェアはまず店頭にない!

カタログでは豊富に揃っているはずのソフトはまずショップの店頭にはありません。当時NEC8ビットパソコン用のソフトは6000/6600/8800用は店頭に並んでいても8000用のソフトはゲームさえもおいていない、という状態へと進んでいきました。この傾向は、PC-6001MK2が登場した時期から徐々に現れ始め、PC-8801MK2が登場した時期に決定的になります。

因みに、筆者が秋葉原のBit-INNでやっと見つけることができたPC-8001MK2用のソフトウェアは、NHKマイコン講座のプログラム集(1983年放映)で、カセットテープ版でした。それ以外の市販ソフトは見つけることができない状況でした。NECのショールームでさえ、こんな状況でしたから、他の販売店ではどんな惨状だったか、想像がつくはずです。

2.雑誌の取り上げられ方

一応は本格的パソコンの入口であるはずのPC-8001MK2でしたが、月刊マイコン等ではBASICで作ったソフトウェアが掲載されたりしていました。しかし、前のモデルであるPC-8001用のソフトを中心に掲載され、それもゲームが主体になっていました。勿論MK2ですから、互換性はありますが、N80BASICで作ったソフトウェアはまず掲載されることはありませんでした。

しかし、このクラスのパソコンを単なるゲーム用に買う人は少ないはずで、そのギャップが段々と大きくなっていきます。

機種に特化しない記事であれば、Oh!PCではBASICの入門講座、ハードウェア工作記事(拡張スロットを利用する)等があり、後者はPC- 6001/6601/8001/8801/9801とすべてのシリーズが網羅されています(但し、頻繁にバグがあり訂正欄を訂正することもしばしばだったが)。

大半の記事は上位のPC-8801/9801の記事か(N88-BASIC)、下位のPC-6000/6601用が圧倒的に多かったです。

3.ハードウェアについて

昔からメーカー純正品よりもサードパーティーの製品の方が安い、というのは変わらないものですが、フロッピードライブやプリンタ、ディスプレイなどは他社からもいろいろ発売されていましたし、グラフィックスの命令を拡張したROMも発売され、空きスペースへ組み込めるようにしてありました。

しかし、元々のハードウェアの出来は決していいものではないですし、何よりもソフトウェアのなさを考えれば、あとになって上位機種にしておけばよかったと後悔するのはまさに目に見えていたわけです。

競合機種としては富士通のFM-7/NEW-7あたりでしょうが、こちらの方がまともという状況でした。

そういうわけで、お勧めできないパソコンへと一気に転落していった感があります。

PC-6000/6600にも・・・

1985年を迎える頃になると、PC-6000/6600はSRという型番が打たれてモデルチェンジされますが、グラフィック機能が大幅に強化され、PC-8001MK2はそれらの機種にも負けるという有様になります。もっとも、PC-6001MK2SR/PC-6601SRというラインナップも問題が多いわけでしたが・・・(ほとんど技術屋の遊び)。

1985年には8000/8800シリーズもモデルチェンジされてSRへと変わります。いうまでもなく8801が唯一まともで、8001は今さら何のため?だったことは言うまでもありません。

スポンサーリンク

あとがき
NECの8ビット機の中では、もっとも存在理由がなくなりつつあったのがこのPC-8001MK2であった。下位機種であるはずのPC-6001MK2/PC-6601にも性能面で著しく見劣りした。上位のPC-8801MK2の方が性能は格段上であるし、そんなに価格差が開いているわけでもなく、PC-8001MK2を買うと特にFDDがほしくなったときに後悔する仕掛けになっているとまでいわれた。PC-8801MK2が登場した時、本機の役目は終わったと見ていいようだ。
関連記事