PC-8001MKII オールラウンドでは苦しくなる

「名機、PC-8001の後継パソコン。」

NECにパソコンシェアNO.1をもたらしてくれた記念碑的マシン、PC-8001の後継機種がPC-8001MKⅡである。初代機はホビーマシンとして位置づけられていたからか、カタログも個人向けに作成されていたが、PC-8001MKIIでは雑誌広告を見ると何だか、ビジネス用途に転向したような印象を受けた。もっとも、NECからカタログを取り寄せてみると、個人向けにアピールする内容になっていて、ホビーマシンという位置づけなのだな、という印象を持ったことがあった。

MKIIというからには当然初代機よりも性能アップしたような印象を受けるが、実際には機能拡張が中途半端になってしまい、5ヶ月後に発売されたPC-6001mkIIにもグラフィックスやサウンド面で著しく見劣りし、さらに8ヶ月後にはPC-8801MKIIが価格を引き下げて登場し、完全に存在意義がなくなってしまったのがこのPC-8001MKIIだった。

PC-8001MKIIスペック

  1. CPU:μPD780C-1(Z80Aコンパチブル)4MHz
  2. ROM:N-BASIC及びN80-BASIC合計32KB.8KB分のROMスペース有り
  3. RAM:64KB(ただしBASIC動作時は32KB使用)
  4. VRAM:16KB
  5. テキスト表示:80文字×25行、80文字×20行、72文字×25行、72文字×20行、40文字×25行、40文字×20行、36文字×25行、36文字×20行から選択。リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色(キャラクタ単位に指定可)
  6. グラフィックス:N-BASICモード時160×100ドット(テキストグラフィックス)カラー8色(キャラクタ単位に指定可)
  7. N80-BASICモード時:640×200ドット2色。640×200ドットアトリビュートカラー8色(文字単位の色付け)。320×200ドット2モード4色カラー(黒・赤・緑/青・紫・水色のどちらかの組み合わせと任意の1色)
  8. 画面合成:テキスト画面がグラフィックス画面の上に来る
  9. バックグラウンドカラー 8色指定可
  10. CRT出力:デジタルRGB、家庭用TV(TVアダプタ経由)に接続可
  11. モノクロディスプレイ接続:あり、ライトペンPC-8045接続可
  12. 漢字ROM:オプション。専用スロットに実装
  13. キーボード JIS標準配列準拠。テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー、TABキー
  14. 拡張スロットI/F:2スロット内蔵(PC-8012バス上位コンパチブル)
  15. カセットI/F:600ボー
  16. 汎用I/O I/F:入力2ビット、出力3ビット、割込み1ch
  17. パラレルI/F:セントロニクス社仕様に準拠
  18. シリアルI/F:RS-232C規格に準拠.75~9600ボー
  19. 8インチFDD I/F:本体内スロットに内蔵可(ディスクユニットに添付)
  20. FDD I/F:内蔵(PC-8031シリーズ用)
  21. カレンダ時計 電池にてバックアップ(月、日、時、分、秒)
  22. 電源:AC100V,50/60Hz
  23. 使用条件10~35°C,20~80%(但し結露しないこと)
  24. 外寸:W440×D295×H96㎜
  25. 重量:4kg
  26. 付属品:ユーザーズマニュアル、N80-BASICリファレンスマニュアル、N80-BASICリファレンスブック、デジタルRGB接続ケーブル、カセット接続ケーブル、デモンストレーションテープ、保証書、お客様登録カード
  27. 発売年:1983/2
  28. 本体標準価格:123,000円

オプション

  1. PC-8001MKII-01:漢字ROMボード。JIS第一水準の漢字2965字と非漢字885種。16×16ドット、40文字×10行。30,000円
  2. PC-80S31:5インチ2D FDD(2基) ※接続ケーブルは別売。168,000円。後にPC-80S31Kとしてモデルチェンジ。
  3. PC-80S32:拡張用5インチ2D FDD(2基) ※接続ケーブルは別売。168,000円。
  4. PC-8037-1W:N80-DISK-BASIC(1D) 7,000円
  5. PC-8037-2W:N80-DISK-BASIC(2D) 7,000円
  6. PC-8037K-2W(K):N80-漢字BASIC(2D) 20,000円
  7. PC-8087:N80-BASIC(8'2D) 8,000円
  8. PC-8087K:N80-漢字BASIC(8'2D) 20,000円

その他、前機種PC-8001やPC-8800シリーズ用の機器も大部分が使用できる。データレコーダー(カセット)は市販のオーディオカセットも使用できるが、カセットI/Fにはエラー時の検出機能がないので、PC-6000シリーズ用のデータレコーダーの使用が勧められる。

汎用I/Oポートはアタリ規格のコネクタの形状だが、ピンサインをあわせなかったため、アタリ規格のジョイスティックは接続できず、バーコードリーダーの読み取りに使われることが多かったという。

キーボードはカーソル移動キーがシフトキーと一緒に押さないと変換できないので非常に使いづらい。またリターンキーが小さくて、ブラインドタッチもしにくい。

グラフィックスはすでに主流となっていた640×200ドット時8色ではなく、320×200ドット時4色カラーとなっている。これは、FGU-8200(NECから発売されたものではなくアイ・シーより発売)用のアプリケーションに対応させるためとコストの問題があった、ユーザー定義文字機能は設計段階では考慮されたが、コストの問題で見送ったと月刊マイコンで担当者がインタビューに答えている。

PSGサウンド機能はPC-8000シリーズはビジネスとホビーの中間にあるからコストの問題も考慮し、見送られたが、拡張スロットを使えば容易に搭載できる、と月刊マイコンで担当者がインタビューに答えている。

本機はN-BASICのソフト資産を利用できるというメリットはあったものの、グラフィックスとサウンドでは他社製品に大きく水をあけられることとなった。また下位機種のPC-6001MKⅡ/PC-6601がグラフィックスとサウンドで大きく機能強化され、さらに上位機PC-8801MKⅡが低価格で登場し、完全に存在意義がなくなってしまった。

寸評:オールラウンドでは苦しくなる。

スポンサーリンク

あとがき
はっきり言って、このPC-8001MKIIはお勧めできない。その理由は上位機PC-8801MKIIの項を参照していただきたい。何よりこのパソコンの設計コンセプト自体が時代遅れなのだ。グラフィックスやサウンドの問題は確かに「PC-8001MKII機能拡張シリーズ(Oh!PC.小林秀一編)」等のプログラムを利用すれば解決できるが、これはすでに持っている人が致し方なく利用するもので、購入を前提に利用するものではないと思う。
コメント
関連記事

コメントする