PC-8001MKIISR 8ビット機のラインナップに必要だったのか

「クラスで一番、オール5パソコン♪」

PC-6001MKIISRとPC-6601SRがAV指向に進んだのに対し、PC-8001MKIISRはオールラウンドな8ビット機の入門機を指向している。モデルチェンジの目玉はグラフィックスとサウンドの強化だ。

グラフィックスは640×200ドット時1画面、320×200ドット時2画面表示優先順位付け、グラフィックスとテキスト画面の合成時表示優先付け、サウンド機能はFM音源ということになっている。

新たにN80(SR)-BASICを搭載したので、BASICモードは3個あることになった。互換性を保つためにはやむを得ないだろう。カタログではSOUND & GRAPHICSと書かれ、「君」の単語がやたらに使われ、かつてのパソピア7とまるでそっくりだった。NECは主なユーザー層は中学生・高校生とみていたのだろう。「クラスで一番、オール5パソコン♪」の広告コピーもカステラか何かのCMを連想してしまったのは筆者だけか?

しかし、機能的にはどれも上位のPC-8801MKIISRと被ってしまっているため、全く特徴を出すことが出来なかったのがこのパソコンだ。

スポンサーリンク

PC-8001MKIISRスペック

  1. CPU
    μPD780C-1(Z-80Aコンパチブル) 約4MHz
  2. ROM
    N80SR-BASICおよびモニタ 40KB
    N80-BASICおよびモニタ 32KB(このうち24KBはN-BASICと共通)本体内増設可能(N,N80-BASICモードで使用可)8KB
    キャラクタジェネレータROM 4KB
  3. メインRAM
    64KB。スロット内増設可能(機械語にて使用)最大32KB×4バンク
  4. VRAM
    48KB
  5. テキスト表示
    N80SR-BASIC動作時80文字×25行、80文字×20行、40文字×25行、40文字×20行から選択。英数字、カナ文字、ひらがな文字選択可。リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色(キャラクタ単位に指定可)
  6. グラフィックス表示
    ■N80(SR)-BASICモード時
    640×200ドット8色表示1画面、320×200ドット8色表示2画面(グラフィックス2画面の間で表示優先順位付合成可)より選択。ドット単位に8色指定可
    640×200ドット3画面、320×200ドット6画面(アトリビュートカラーモード)から選択。アトリビュートカラーでは、テキスト表示画面の制御によりキャラクタ単位にカラー8色指定可。
    ■N80-BASICモード時
    640×200ドット2色。640×200ドットアトリビュートカラー8色(文字単位の色付け)。320×200ドット2モード4色カラー(黒・赤・緑/青・紫・水色のどちらかの組み合わせと任意の1色)
    ■N-BASICモード時:160×100ドット(テキストグラフィックス)カラー8色(キャラクタ単位に指定可)
  7. 画面合成
    グラフィックス、テキストの間で表示優先順位付合成可
  8. バックグラウンドカラー
    8色指定可
  9. CRT出力
    デジタルRGB
    家庭用テレビ接続可(家庭テレビ用カラーダプタ経由)
    モノクロディスプレイ端子
  10. ライトペン
    PC-8045K相当使用可(モノクロディスプレイ端子に接続)
  11. 漢字表示
    オプション
  12. キーボード
    JIS標準配列準拠、本体一体型、ステップスカルプチャータイプ、テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー
  13. 拡張スロット
    1スロット(PC8001mkIIコンパチブル)
  14. オーディオカセットI/F
    600ボー、FSK方式
  15. 汎用入力I/F
    ジョイステック等の接続可
  16. パラレルI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  17. シリアルI/F
    RS-232C規格に準拠、割り込み/ボーリング制御可、非同期
    75/150/300/600/1200/2400/4800/9600ボー
  18. FDD I/F
    PC-80S31用インタフェース内蔵
  19. オーディオ出力
    FM音源3音(各音ごとに49種類の音色指定可)SSG音源3音(GI社PSGコンパチブル)スピーカ内蔵、音量調整ボリューム付、LINE OUT端子付
  20. カレンダ時計
    月、日、時、分、秒。ニッカド電源でバックアップ
  21. 電源
    AC100V,50/60Hz
  22. 使用条件
    10~35°C,20~80%(但し結露しないこと)
  23. 外寸
    W440×D295×H85㎜
  24. 重量
    3kg
  25. 付属品
    ユーザーズマニュアル、N80SR-BASIC関連マニュアル(リファレンスマニュアル、リファレンスブック)、デモンストレーションテープ、N80SR拡張BASIC(テープ版)、保証書、お客様登録カード他
  26. 発売年
    1985/1
  27. 本体標準価格
    108,000円

オプション

  1. PC-8001MKII-01
    漢字ROMボード。JIS第一水準の漢字2965字と非漢字885種。16×16ドット、40文字×10行。価格32,000円
  2. PC-8037SR-1W:N80SR-DISK-BASIC(1D) 価格7,000円
  3. PC-8037SR-2W:N80SR-DISK-BASIC(2D) 価格7,000円

OSとして、N80SR-DISK-BASIC、N80-DISK-BASIC、N80漢字BASIC、DISK-BASIC、CP/Mが用意された。

依然として漢字ROMはオプションのままである。下位機種のPC-6001MKIISRやPC-6601SRでは教育漢字を含む1024文字とはいえ、標準装備なのだから、このくらいは標準装備としておくべきだった。

改善された点と改善されなかった点

キーボードはカーソル移動キーがシフトキーと一緒に押さないと変換できなかったり、リターンキーが小さかったり、この辺は何も良くなっていない。

自慢のグラフィックスは8ビット機としては最上位にランクできる。実際に、ALUの搭載やサイクルスチールの採用で、前モデルと比べるとかなり改善されている。ゲームに綺麗な絵が出てくる、それで終わりではもったいなかったと思う。640×200ドットもあればワープロとしても十分に使えるし、このあたり、もう一歩で8ビット機の標準マーケットを狙えたはずだという人もある。

汎用入力端子はPC-8801MKII/SR用のキーボードや専用のジョイスティックが接続できるようになった。拡張スロットは1個に減っている。

ゲームの作りやすいマシンになったが…

本体に付属のN80SR拡張BASICを読み込めば、N80SR-BASICでCOPY(画面のハードコピー)、PAINT(タイリングペイント)、ROLL(グラフィックス画面の4方向スクロール)の3命令が使用出来るようになる。これらの命令はN80SR-DISK-BASICでは実装されている。

320×200ドット2画面8色表示で優先順位付けという機能を生かした他機種(8bitパソコン)では存在しないパックランドや、本機とX1でしか発売されていないハイパーオリンピック’84の他、ゼビウスなど、競合機種よりも、スムースな動作を見せるゲームソフトも開発された。また、始皇帝(麻雀ゲーム)やキングフラッピー、らぷてっく、ホーリーグレイ等のPC-8801mkIISR / PC-8001mkIISR両対応のゲームソフトも開発された。但し、筆者はパソコンショップの店頭で見たことはない。

PC-8801MKIISRの圧勝に終わる

4つのSRの中ではPC-8801MKIISRの圧勝ムードが漂っており、本機は特徴を出せないまま市場から消えていき、ついにPC-8000シリーズの開発は終了した。NECはフルラインナップにこだわってこのマシンを出したのかもしれないが、PC-8001MKIIの後継機種は必要なかったと思う。性能面も上位のPC-8801MKIISRとそっくり被ってしまっていて、特徴が出せずに売れなかったという話が聞かれる。最後は秋葉原や家電量販店等で格安で投げ売り処分となった。価格もPC-8801MKIISRmodel10とは6万円しか違わないし、FDDを購入するとPC-8801MKIISRmodel30よりも2万円高くなってしまう。他社製品ではなく、自社製品に負けて消えていくという運命を辿ったマシンだった。

寸評:いまさら80をどうするのか

初版2008年3月12日

このパソコンに漢字ROMを搭載しフロッピードライブを接続すると20万円はかかるだろう。それだけの価値がこのパソコンにあるかと聞かれれば否定的になってしまう。パソコンショップに行ってもソフトはまずない。ゲームソフトさえもないのだ。というわけで、上位のPC-8801MKIISRを考えるか、他のパソコンを考える、というのが結論となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました