PC-8801 究極の8ビット機といわれた所以

1981年にPC-6001と同時に発売されたPC-8801は、N-BASICも搭載してPC-8001とのソフト互換性があり、新たに搭載されたN88-BASICは当時としては強力なグラフィックスを実現した。オプションでJIS漢字ROMも搭載でき、640×400ドット表示は当時当時としては憧れのものだった。但し、640×400ドット表示はモノクロ表示で、高価なディスプレイが必要ということもあり、640×200ドット時8色カラーモードが多く利用された。

8ビットビジネスパソコンとしてデビューしたが、PC-9801登場後はホビー指向のマシンへとシフトした。

スポンサーリンク

PC-8801スペック

  1. CPU
    μPD780C-1(Z-80Aコンパチブル)、4MHz
  2. ROM
    N-BASICおよびモニタ32KB,N88-BASIC40KB
    拡張スロット内増設可能。最大56KB(8KB×7バンク)
  3. メインRAM64KB(N88-BASICモード時テキストエリア32KB、変数・ワークエリア・テキストVRAM31KB)
  4. RAM増設
    スロット内増設可能(32KB単位でバンク切り替え)
  5. VRAM
    48KB
  6. テキスト表示
    80文字×25行、80文字×20行、40文字×25行、40文字×20行より選択。
    リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)。キャラクタ単位に指定可。
  7. モノクログラフィック表示
    640×400ドット1画面(専用高解像度ディスプレイが必要)
    640×200ドット3画面
    ※いずれかの画面を選択
  8. カラーグラフィック表示
    640×200ドット1画面カラー8色(デジタルRGBディスプレイ使用時)
  9. 画面合成
    グラフィックス画面上にテキスト画面が来る
  10. バックグラウンドカラー
    8色中1色指定可(デジタルRGBディスプレイ使用時)
  11. ボーダーカラー
    8色中1色指定可(デジタルRGBディスプレイ使用時を除く)
  12. CRT出力
    R.G.B セパレート出力方式(TTL、カラー)
    モノクロディスプレイ出力(ライトペンPC-8045K接続可)
    家庭用TV(別売TVアダプタ経由)に接続可
  13. 漢字表示
    オプション
  14. キーボード
    JIS標準配列準拠。テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPYキー、セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  15. サウンド機能
    BEEP音のみ
  16. カセットI/F
    600ボー/1200ボー
  17. 汎用I/O入力
    4ビット、出力1ビット、割込1ch(オーディオカセットI/Fとコネクタ兼用。切り換え方式
  18. パラレルI/F
    セントロニクス社仕様に準拠
  19. シリアルI/F
    RS-232C規格に準拠
  20. 8インチ FDDI/F
    拡張スロットに内蔵可
  21. FDD I/F
    内蔵(PC-8031相当品用)
  22. 拡張スロット
    4スロット内蔵(PC-8012バス上位コンパチブル)
  23. カレンダ時計
    電池によるバックアップ
  24. 電源
    AC100V,50/60Hz
  25. 消費電力
    平均70W
  26. 使用条件
    10~35°C,20~80%(但し結露しないこと)
  27. 外形寸法
    本体:W496×D342×H107㎜
  28. キーボード
    W464×D214×H72(H)㎜
  29. 付属品
    キーボード、ユーザーズマニュアル、N88-BASICリファレンスマニュアル、N88-BASICリファレンスブック、サービス網一覧、保証書、お客様登録カード他
  30. 発売年
    1981年
  31. 本体標準価格
    228,000円

PC-8001用に発売されていた周辺機器(FDD、プリンタ、ディスプレイ等)の多くがそのまま使用でき、PC-6001用のデータレコーダー(カセット)も接続して利用できた。

雑誌などにもよくプログラムリストが掲載されていたし、自社・他社を含めソフトが多数発売された。ソフトはN-BASICがROMで内蔵されているので、PC-8001用のソフトも利用できた。

640×400ドット表示は、モノクロ表示で専用高解像度ディスプレイ(当時は非常に高額だった)だったので、これは諦める人が多かった。なお、ボーダーカラー8色はMKII以降は削除された。

オプション

■PC-8801-01 PC-8801用漢字ROMボード 30,000円
JIS第一水準の漢字約3,000字、非漢字約700種。グラフィックス画面に表示。非公式だがPC-8001MKIISRにも内蔵可能だったという。

フロッピードライブ(FDD)は純正の他、サードパーティ各社からも発売されていたし、プリンタではEPSONが定番だった。

データレコーダー(カセット)は、普通のラジカセを使う人も多かったが、相性問題があり、うまくロード・セーブできない事例も多く、PC-6000シリーズ用のデータレコーダーが推奨された。

究極の8ビット機といわれた所以はタイリングペイント命令

グラフィックスは640×200ドット時は黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄色、白の8色表示で、当然物足りない。色鉛筆なら12色はあるし、普通は24色ある。同時発色数を多く見せる方法、例えばオレンジ色に見せるためには、赤と黄色をタイル状に並べてやればよい。そこでN88-BASICの命令語に入れられたのがタイリングペイント命令で、指定された範囲をタイル状に塗りつぶしてオレンジ色に見せることが出来る。同様に、模様のように見せることも出来る。タイル状に線を引いたり円を描くタイリングラインをすることも出来る。

タイリングペイント機能は今では常識となっているが、当時としては画期的な方法で、この機能を使ったグラフィックソフトも発売されている。また、一部他社PCでも採用された例がある。PC-8801が一時究極の8ビット機といわれたのも、この機能が関係しているようだ。

初版2008年2月3日

希望小売価格は228,000円だが、一部家電量販店では148,000円という価格で売られていた。本体キーボード一体型が多かった時代、本体とキーボードが分離されてケーブルで接続するデザインは非常に新鮮なものに見えたものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました