PC-8801周辺機器

PC-8801は、自社/他社共に周辺機器が多数ありましたが、そのうち純正品をリストします。下位機種であるPC-8001シリーズよりも多くラインされていたことも付記しておきたいと思います。

組み込み専用フロッピードライブ(2D)

PC-8801MK2-FDD1 60,000円 ※PC-8801mk2用

PC-8801SR-FD1 55,000円 ※PC-8801mk2SR用

PC-8801FR-FD1 40,000円 ※PC-8801mk2FR用

PC-8801FH-FD1 35,000円 ※PC-8801FH用

※1台あたりの価格。いずれもティアック社から同等品が発売されていた。すでにPC-8801mk2FR発売時点でPC-8001MK2SRは生産終了となっていたが、下位機種のFDDよりもずっと安く買える、ということになっていたことが分かる。

拡張ボード類等

漢字ROMボード

■PC-8801-01 PC-8801用漢字ROMボード 30,000円
JIS第一水準の漢字約3,000字、非漢字約700種。グラフィックス画面に表示。非公式だがPC-8001MKIISRにも内蔵可能だったという。

グラフィックス関係

■PC-8801-17 ビデオアートボード 49,800円
320×200ドット65,536色表示とテレビ画面やビデオ画面とのスーパーインポーズが可能。表示には15KHz対応アナログディスプレイが必要。本体のテキスト表示、グラフィック表示との合成出力は不可能。128KB増設RAMとしても使用可能。拡張スロットに実装。ビデオアートボード対応ディスプレイとして、PC-KD861、PC-KD862S、PC-KD863S、PC-KD863G、PC-KD871、PC-TV354、PC-TV454、PC-TV455、PC-TV472、ビデオ入力端子つきTV等がある。

■PC-8801-18 ビデオデジタイズユニット 89,800円
ビデオアートボード専用デジタイズユニット。PC-8801-17に接続。

サウンド関係

■PC-8801-23 サウンドボードII 39,800円
FH/MH以前の機種で利用できるFM音源ボード。使用音源はOPNA(YM2608)で、単体でFM音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1声の演奏が可能。拡張スロットに実装。

■PC-8801-24 サウンドボードII 39,800円
FH/MH専用FM音源ユニット。使用音源はOPNA(YM2608)で、単体でFM音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1声の演奏が可能。本体内蔵OPNとは排他利用。専用スロットに実装。

■PC-8801-25 サウンドボードII ¥39,800
FE/FE2専用である以外はPC-8801-24と同じ。専用スロットに実装。

■PC-8801-11サウンドボード
MKII以前の機種でFM音源3音・SSG音源3音8オクターブ6重和音を実現するためのボード。MKIISR以降の機種でも内蔵音源とはI/Oポートが異なるので併用でき、ボード付属の拡張BASICでFM6重和音の演奏が可能。

CD-ROMドライブ関係

■PC-8801-30 CD-ROMドライブ 30,300円
CD-ROMドライブ本体。付属ACアダプタを使用すれば単体でCDDA再生が可能。NEC HEの家庭用ゲーム機PC-Engine CD-ROMユニットCDR-30(A)と同等品。PC-8801-31またはMCモデル1に接続。FE/FE2では使用不可(拡張スロット廃止のため)。

■PC-8801-31 CD-ROMインタフェースセット 34,800円
PC-8801-30 CD-ROMユニットを本体と接続するための拡張ボードとアタッチメントアダプタのセット。8インチフロッピィディスクユニットとは排他利用。拡張スロットに実装。

■PC-8801-20 マルチボードA 40,000円
第二水準漢字ROM、128KB増設RAMと、パラレル(PC-80S31用)I/Fの複合ボード。4MHz機(MK2FR/MR以前の機種)専用。内蔵ディスクシステムを切り離せない機種では、PC-80S31用I/Fとしては使用不可能。MRでは第二水準漢字ROMは使用不可能。拡張スロットに実装。

■PC-8801-22 マルチボードB 22,000円
128KB増設RAMと、パラレル(PC-80S31用)I/Fの複合ボード。内蔵ディスクシステムを切り離せない機種では、PC-80S31用I/Fとしては使用不可能。拡張スロットに実装。

■PC-8012-01 ユニバーサルボード
拡張スロットに実装する自作用のボード。PC-8001シリーズ用としても使用可能。Oh!PC連載のPC工作入門などで初心者でも使うことは容易だった。

■PC-8801-21:CMT I/Fボード 11,000円
CMT用ケーブル(PC-8093相当)が添付。MR/MH/FA/MA/MA2/MCでカセットテープにプログラムやデータを読み書きするためのボード。CPUクロック4MHzのみ可。

システムディスク

■PC-88D41-2W ¥16,000
N88-日本語BASICシステムディスク。2D版。

PC-88VAシリーズ用

■PC-88VA-11 ビデオボード 39,800
テレビ画面やビデオ画面とのスーパーインポーズ、ビデオデジタイズを可能にするボード。専用スロット(Vスロット)に実装。拡張スロットに差し込むだけでなく、内部結線も必要。

■PC-88VA-12 サウンドボードII 39,800円
PC-88VA2と同じサウンド機能を提供するボード。FM音源6和音(ステレオ)・SSG音源3和音・リズム音源6種類(ステレオ)サンプリングなしADPCM方式 4kHz/8kHz/16kHzオーディオ入出力。専用スロットに実装。

■PC-88VA-91 PC-88VAソフトウェアバージョンアップボード 49,800円
PC-88VA専用。OSを含むROM内蔵ソフトウェア群のアップグレード用ボード。拡張スロットに実装。

■PC-88VA-22:30,000円
2TD(9.3MB)マイクロフロッピィディスクインタフェースボード

■PC-88T31:138,000円
2TDマイクロフロッピィディスクユニット。従来の3.5インチ2HD/2DDの読み込みが可能。PC-88VA-22経由で接続。 システムで最大2ドライブまで使用可能。ドライブ数は1基(1基増設可能)。

■PC-88T31-01:78,000円
増設用2TDマイクロフロッピィディスクドライブ。PC-88T31に実装。VA3には増設不可能。

■PC-88VA-11K ビデオボード 39,800円
PC-88VA2/3でテレビ画面やビデオ画面とのスーパーインポーズ、ビデオデジタイズを可能にするボード。専用スロット(Vスロット)に実装。PC-88VAでは使用不可能。

■PC-88VA-01 増設RAMボードA
256KBの増設メモリボード。

■PC-88VA-02 増設RAMボードB
PC-88VA-01に増設するためのサブボード。256KBメモリ。

■PC-88VA-07 数値データプロセッサ
浮動小数点演算を高速化するためのコプロセッサ。PC-88VA2、PC-88VA3用。PC-88VAでは使用不可。

■PC-88VA-21 5インチ固定ディスクインターフェースボード
10MB,20MB,40MBのHDD接続用(SASI)

スポンサーリンク

あとがき
PC-8801はモデルチェンジがあった場合でも、追加された機能を補うためのボード類が発売され、互換性が重視されていた。但し、PC-8801MK2以前のV1モードとPC-8801mk2SR以降のV2モードでは機能差が大きく、V1モード用のソフトは早々に販売終了した。また、ビデオアートボードなどのAV関係はCPU速度の問題から、MH/FH以降の機種でないと厳しかったのではないかと思われる。
コメント
関連記事

コメントする

前のページ:≪ PC-8801MC ※1989/11発売