PC-8801MH/FH CPUの高速化を図った88

PC-8801MK2FR/MR登場から1年後、モデルチェンジが行われ、MH/FHが登場します。このシリーズから、MK2で採用されたタートルグラフィックスや簡易ミュージック機能を廃止したためMK2の字はつかなくなりました。

今回のモデルチェンジでは、正式に不人気のMK2TRを落としただけですが、モデルチェンジの目玉としてCPUを倍速化しています。また、キーボードが日本語表記になり、入門機という位置づけになっています。今回から、イメージキャラとして、斉藤由紀が起用されています。

PC-8801MH/FHスペック

  1. メインCPU:μPD70008AC-8(Z-80Hコンパチ、8/4MHz切り替え)
  2. サブCPU:μPD780C-1(ディスクコントロール、4MHz)
  3. メインROM:N-BASICおよびモニタ、N88-BASIC他:128KB
  4. サブROM:ディスク・コントロール用:2KB
  5. メインRAM:ユーザーズメモリ:FHは64KB、MHは126KB。N88-BASIC起動時 テキストエリア32KB。
  6. メインRAM増設:スロット内増設可能(32KB単位でバンク切り替え)
  7. 変数・ワークエリア・テキストVRAM:31KB、グラフィック用VRAM:48KB
  8. テキストVRAM:4KB(ハイスピードモード時のみ仕様)、
  9. サブRAM:ディスク入出力用バッファ・ワークエリア16KB

テキスト表示

  1. 80文字*25行、80文字*20行/40文字*25行、40文字*20行※いずれかを選択可
  2. リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)
  3. カラー8色(デジタルRGBディスプレイ使用時)または512色中8色(アナログRGBディスプレイ使用時)※注N-88BASICのV2モードのみ可能

モノクログラフィック表示

  1. 640*400ドット1画面(専用高解像度ディスプレイ使用時)/640*200ドット3画面※いずれかの画面を選択
  2. 画面合成可(グラフィック、テキスト合成)

カラーグラフィック表示

  1. 640*200ドット1画面カラー8色(デジタルRGBディスプレイ使用時)
  2. 640*200ドット1画面カラー512色中8色(アナログRGBディスプレイ使用時)※N88-BASICV2モード動作時
  3. 画面合成可(カラーグラフィック、テキスト合成)

バックグラウンドカラー

  1. 8色中1色指定可(デジタルRGBディスプレイ使用時)
  2. 512色中1色指定可(アナログRGBディスプレイ使用時)※注N-88BASICのV2モードのみ可能

ビデオ出力

  1. R.G.B セパレート出力方式(TTL、カラー)
  2. アナログRGB出力(75Ωアナログ、カラー)
  3. 家庭用TV(別売TVアダプタ経由)に接続可
  4. 2画面独立表示可(テキスト画面、合成画面)

漢字ROMボード標準実装

  1. 文字構成:16*16ドット
  2. 文字種類:JIS第一水準/第二水準漢字、非漢字
  3. 画面構成:40文字*20行(専用高解像度ディスプレイ使用時)

etc.

  1. キーボード:JIS標準配列テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー、キャピタルロック可、HELPキー、COPYキー。セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  2. 拡張用スロット:FHは1個、MHは2個
  3. カセットテープ(CMT)インターフェイス600ボー/1200ボー(FHのみ標準搭載)
  4. 汎用I/O入力:4ビット、出力1ビット、入出力2ビット(ジョイスティック/マウス接続可)
  5. プリンタインターフェイス:パラレルインターフェイス(セントロニクス社仕様に準拠)
  6. シリアルインターフェイス:RS-232C規格に準拠。割込み/ポーリング制御可
  7. カレンダ時計:月、日、時、分、秒。NiCd電池でバックアップ
  8. オーディオ出力:FM音源3和音(各音ごとに49種の音色指定可)/SSG音源3和音(GI社PSGコンパチブル)/スピーカー内蔵、LINE OUT端子付。後日専用スロット搭載用サウンドボードⅡを発売。
  9. FDD:FHは2Dの2台内蔵可能。FHmodel10のみ外部接続可能(インターフェイス別売)。MHは2HD/2D両用FDDを2台搭載

デザインはFDD周りのダークブラウンがなくなり、ベージュ1色になったので、すっきりした印象があります。また、電源スイッチやリセットボタンにはパステルカラーが使われています。MHには「2HD」のオレンジ色のロゴが描かれています。

本体前面にあったディプスイッチは廃止され、代わりにPCキーを押しながら電源を入れると設定画面が現れるように改善され、初心者にも親切な設計になりました。

また、前機種までは何故か本体後ろにあり、大きさも小さめで、何とも使いづらかったFM音源ボリュームは前面に移動し、スライド式になり使いやすくなりました。合わせて、ヘッドホン端子も前面に新設されました。

FHモデルには、シャープのX1を意識したのが、ブラックカラーのモデルも用意されています。

  1. PC-8801FHmodel10 98,000円 2DのFDD2台内蔵可
  2. PC-8801FHmodel20 138,000円 2DのFDD1台内蔵
  3. PC-8801FHmodel30B 168,000 model30のブラックカラーモデル
  4. PC-8801MH 208,000円 2HDのFDD2台内蔵
  5. PC-8801FH-FD1 model10/20専用増設FDD。 35,000円
  6. PC-8853FH-2W N88-日本語BASICシステムディスク。9,000円:FH用。媒体は5インチ2D。model20/30には標準添付。

FDDオプションモデルは今回で最後になり、以降はFDD内蔵モデルのみの発売となります。

今回はAV機能強化、ということで、幾つかオプションが発売されています。これは、MK2SR以降の機種であれば利用できるものですが、CPU能力を考えるとやはり、FH/MH以降の機種でないと厳しいのではと思います。

■PC-8801-17 ビデオアートボード 49,800円
320×200ドット65,536色表示を可能にするボード。表示画像はそのままVTRに録画可能。ビデオ入力画面とスーパーインポーズが可能で、ビデオやテレビ画面とビデオアートボードの画面を合成したりテロップを流したり録画したりできる。表示には15KHz対応アナログディスプレイが必要。本体のテキスト表示、グラフィック表示との合成出力は不可能。128KB増設RAMとしても使用可能。拡張スロットに実装。

■PC-8801-18 ビデオデジタイズユニット 89,800円
ビデオアートボード専用デジタイズユニット。PC-8801-17に接続。

■PC-8801-20 マルチボードA 40,000円
第二水準漢字ROM、128KB増設RAMと、パラレル(PC-80S31用)I/Fの複合ボード。4MHz機(MK2FR/MR以前の機種)専用。内蔵ディスクシステムを切り離せない機種では、PC-80S31用I/Fとしては使用不可能。MRでは第二水準漢字ROMは使用不可能(本体標準搭載済み)。拡張スロットに実装。

■PC-8801-22 マルチボードB 22,000円
128KB増設RAMと、パラレル(PC-80S31用)I/Fの複合ボード。内蔵ディスクシステムを切り離せない機種では、PC-80S31用I/Fとしては使用不可能。拡張スロットに実装。

このパソコンを検討する人はシャープのX1ターボZと富士通のFM77AV40が比較対象となったでしょう。価格やすべての機能が詰め込まれているという点ではX1ターボZといきたいところですが、CPU速度の他、バックアップするサードパーティの数ではPC-8801MHの方に軍配が上がっています。FHの方はディスク容量からいってもホビー色の強いマシンと割り切るべきで、価格もMHより4万円安いだけです。

この頃から8ビット機ではPC-8801が一人勝ちになった感もあります。

スポンサーリンク

あとがき
「MK2」の字がとれ、PC-8801に戻された。他社はCPUはそのままで性能アップさせていたが、それ故処理が重くなってしまった。反対に、PC-8801ではCPUのクロックを向上させている。それ以外は平凡な多数決、という印象で最後まで変わらなかった。
コメント
関連記事

コメントする