PC-8801MA2 ※1989/11発売

1988年10月発売。メーカー各社は8ビット機から相次いで撤退する中、NEC、シャープ、富士通の御三家が何とか最後の8ビット機を発売している、という状況でした。事実、8ビット機は目に見えて低価格化していく一方となり、終焉が近づいていたことを予想させています。PC-8801も、PC-88VAシリーズの失敗から、斜陽の時代に入っています。

今回のモデルチェンジでは辞書ROMの増量が図られています。イメージキャラは引き続き斉藤由貴を起用。

PC-8801MA2スペック

  1. メインCPU:μPD70008AC-8(Z-80Hコンパチ、8/4MHz切り替え)
  2. サブCPU:μPD780C-1(ディスクコントロール、4MHz)
  3. メインROM:N-BASICおよびモニタ、N88-BASIC他:128KB
  4. サブROM:ディスク・コントロール用:2KB
  5. 漢字ROM:265KB(JIS第一水準/JIS第2水準/非漢字)
  6. 辞書ROM:512KB(約70,000語、連文節変換対応)
  7. メインRAM:ユーザーズメモリ:192KB
  8. メインRAM増設:スロット内増設可能(32KB単位でバンク切り替え)
  9. 変数・ワークエリア・テキストVRAM:31KB、グラフィック用VRAM:48KB
  10. テキストVRAM:4KB(ハイスピードモード時のみ仕様)
  11. サブRAM:ディスク入出力用バッファ・ワークエリア16KB

テキスト表示

  1. 80文字*25行、80文字*20行/40文字*25行、40文字*20行※いずれかを選択可
  2. リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)
  3. カラー8色
  4. カラー512色中8色(N-88BASICのV2モードのみ可能)

モノクログラフィック表示

  1. 640×400ドット1画面(専用高解像度ディスプレイ使用時)/640×200ドット3画面※いずれかの画面を選択
  2. 画面合成可(グラフィック、テキスト合成)

カラーグラフィック表示

  1. 640×200ドット1画面カラー8色
  2. 640×200ドット1画面カラー512色中8色※N88-BASICV2モード動作時
  3. 画面合成可(カラーグラフィック、テキスト合成)

バックグラウンドカラー

  1. 8色中1色指定可(デジタルRGBディスプレイ使用時)
  2. 512色中1色指定可※注N-88BASICのV2モードのみ可能

ビデオ出力

  1. アナログRGB出力(75Ωアナログ、カラー)
  2. 家庭用TV(別売TVアダプタ経由)に接続可
  3. 2画面独立表示可(テキスト画面、合成画面)

漢字ROMボード標準実装

  1. 文字構成:16×16ドット
  2. 文字種類:JIS第一水準/第二水準漢字、非漢字
  3. 画面構成:40文字×20行(専用高解像度ディスプレイ使用時)

etc.

  1. キーボード:JIS標準配列テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー、キャピタルロック可、HELPキー、COPYキー。セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  2. 拡張用スロット:2個
  3. カセットテープ(CMT)インターフェイス600ボー/1200ボー(拡張スロットに実装)
  4. 汎用I/O入力:4ビット、出力1ビット、入出力2ビット(アタリ規格のジョイスティック/88用マウス接続可)
  5. プリンタインターフェイス:パラレルインターフェイス(セントロニクス社仕様に準拠)
  6. シリアルインターフェイス:RS-232C規格に準拠。割込み/ポーリング制御可
  7. カレンダ時計:月、日、時、分、秒。NiCd電池でバックアップ
  8. オー ディオ出力:OPNA(YM2608)で、単体でFM 音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1声の演奏が可能。スピーカー内蔵、LINE OUT端子付。
  9. FDD:2HD/2D両用FDDを2台搭載
  10. 外寸:本体W385×D343×H110㎜ / キーボードW462×D194.5×H33㎜
  11. 重量:本体8.5kg,キーボード1.5kg
  12. 電源:AC100V、50/60Hz
  13. 消費電力:平均45W,最大60W
  14. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  15. 添付品:システムディスク、マニュアル三冊、保証書、お客様登録カード他
  16. 1988/10発売

ラインナップ

  1. PC-8801MA2:168,000円

コスト削減のためデジタルRGB端子を廃止しています。

本体前面にあったクロック切替え・動作モード切替えスイッチがなくなり、PCキーで設定画面から変更するように変更。

辞書ROMの増量、といっても前モデルPC-8801MAと変わらず512KBで同じです。価格はPC-8801MH並に下がりました。それ以外は基本的に変更はありません。

スポンサーリンク

あとがき
PC-88VAシリーズはすでに製造が中止されていたと思われる。AV機能ではライバルのX68000に分があったということになるだろうが、やはり自社製品であるPC-9801自体が競争相手になった、という側面が大きそうだ。そういったことも、再び8ビット機を出してきた理由ということだろうか。
コメント
関連記事

コメントする