PC-8801MA/FA 平凡な多数決

PC-88VAが登場して、いよいよPC-8801も16ビット機に変わったのか、と思われましたが、PC-88VAが思ったほど売れなかったのか、NECは再び8ビット機を出してきています。

今回のモデルチェンジでは、すべてFDD内蔵モデルとなり、サウンド機能の強化で、FM音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1声の演奏が可能となっています。

PC-8801MA/FAスペック

  1. メインCPU:μPD70008AC-8(Z-80Hコンパチ、8/4MHz切り替え)
  2. サブCPU:μPD780C-1(ディスクコントロール、4MHz)
  3. メインROM:N-BASICおよびモニタ、N88-BASIC他:128KB
  4. サブROM:ディスク・コントロール用:2KB
  5. 漢字ROM:256KB
  6. 辞書ROM:MAのみ、512KBの辞書ROMが搭載されている。
  7. メインRAM:ユーザーズメモリ:FAは64KB、MAは192KB搭載。N88-BASIC起動時 テキストエリア32KB。
  8. メインRAM増設:スロット内増設可能(32KB単位でバンク切り替え)
  9. 変数・ワークエリア・テキストVRAM:31KB、グラフィック用VRAM:48KB
  10. テキストVRAM:4KB(ハイスピードモード時のみ仕様)、
  11. サブRAM:ディスク入出力用バッファ・ワークエリア16KB

テキスト表示

  1. 80文字*25行、80文字*20行/40文字*25行、40文字*20行※いずれかを選択可
  2. リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)
  3. カラー8色(デジタルRGBディスプレイ使用時)または512色中8色(アナログRGBディスプレイ使用時)※注N-88BASICのV2モードのみ可能

モノクログラフィック表示

  1. 640*400ドット1画面(専用高解像度ディスプレイ使用時)/640*200ドット3画面※いずれかの画面を選択
  2. 画面合成可(グラフィック、テキスト合成)

カラーグラフィック表示

  1. 640*200ドット1画面カラー8色(デジタルRGBディスプレイ使用時)
  2. 640*200ドット1画面カラー512色中8色(アナログRGBディスプレイ使用時)※N88-BASICV2モード動作時
  3. 画面合成可(カラーグラフィック、テキスト合成)

バックグラウンドカラー

  1. 8色中1色指定可(デジタルRGBディスプレイ使用時)
  2. 512色中1色指定可(アナログRGBディスプレイ使用時)※注N-88BASICのV2モードのみ可能

ビデオ出力

  1. R.G.B セパレート出力方式(TTL、カラー)
  2. アナログRGB出力(75Ωアナログ、カラー)
  3. 家庭用TV(別売TVアダプタ経由)に接続可
  4. 2画面独立表示可(テキスト画面、合成画面)

漢字ROMボード標準実装

  1. 文字構成:16*16ドット
  2. 文字種類:JIS第一水準/第二水準漢字、非漢字
  3. 画面構成:40文字*20行(専用高解像度ディスプレイ使用時)

etc.

  1. キーボード:JIS標準配列テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー、キャピタルロック可、HELPキー、COPYキー。セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  2. 拡張用スロット:FAは1個、MAは2個
  3. カセットテープ(CMT)インターフェイス600ボー/1200ボー ※オプション、拡張スロットに搭載
  4. 汎用I/O入力:4ビット、出力1ビット、入出力2ビット(ジョイスティック/マウス接続可)
  5. プリンタインターフェイス:パラレルインターフェイス(セントロニクス社仕様に準拠)
  6. シリアルインターフェイス:RS-232C規格に準拠。割込み/ポーリング制御可
  7. カレンダ時計:月、日、時、分、秒。NiCd電池でバックアップ
  8. オーディオ出力:FM音源3和音(各音ごとに49種の音色指定可)/SSG音源3和音(GI社PSGコンパチブル)/OPNA(YM2608)で、単体でFM音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1声の演奏が可能。スピーカー内蔵、LINE OUT端子付
  9. FDD:FAは2DのFDD2台内蔵。MAは2HD/2D両用FDDを2台搭載

ラインナップ:1987年11月発売。

  1. PC-8801FA:168,000円
  2. PC-8801MA:198,000円

なお、それ以前の機種を使っているユーザー向けに、サウンドボードⅡが発売されました。

■PC-8801-23 サウンドボードII 39,800
FH/MH以前の機種で利用できるFM音源ボード。使用音源はOPNA(YM2608)で、単体でFM音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1声の演奏が可能。拡張スロットに実装。

■PC-8801-24 サウンドボードII 39,800円
 FH/MH専用FM音源ユニット。
 使用音源はOPNA(YM2608)で、単体でFM音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1声の演奏が可能。本体内蔵OPNとは排他利用。 専用スロットに実装。

グラフィックスは変わらず、640×200ドット時512色中8色表示のみです。ビデオアートボードを取り付ければ320×200ドット65,536色表示が可能となりますが、これくらいは標準装備としてほしかったところです。

サウンド機能はFM音源6音、リズム音源6音、SSG音源3音、録音再生機能が搭載されており、当時としては素晴らしいものでした。後に、この機能は98MULTiシリーズやPC-9821Aシリーズにも標準搭載され、PC-9801-86ボードとしても発売されています。

サウンド機能を駆使するには別売ソフト「インスタントミュージック」や市販ソフトを使わないとまず無理でしょう。

デザインやソフトウェアディプスイッチの機能は変わりません。添付ソフトとして、内蔵辞書ROMの日本語変換に対応したBASIC(MAのみ)、キーボードトレーニングが用意されています。すでにハード的に改良するところがなくなってきたため、ソフトウェアに力を入れたというのが実情のようでした。内蔵辞書ROMの仕様は公開されなかったため、これを使用したソフトは出てきませんでした。

FAではデジタルRGB端子が廃止されています。また、FAでもFDD搭載モデルのみ発売となったこともあり、カセットインタフェースは廃止され、オプション扱いとなりました。

PC-8801MA/FAは入門機としてはソフトも充実しているし、NECのマシンであるためソフトはかなり遅くまで発売されていましたが(1991年頃まで?)、すでにハード的には限界に来ており先も見えていた状況でした。思い切ってPC-9801を買うか、若しくはシャープのX68000などにするか、考えた方が良いのではないかという時期でした。

スポンサーリンク

あとがき
このマシン前後から8ビット機市場ではPC-8801の一人勝ちになってきており、価格もさらに安くなって買いやすくなった。サウンド機能は当時としては素晴らしいものであるが、それ以外は平凡な多数決という印象。MSXマシンが終焉を迎えたのは1987年頃であり、ハード的には8ビット機自体限界に達していた。すでにホビーパソコンの分野でもPC-9801への移行が進んでいた時期である。
コメント
関連記事

コメントする