PC-8801MC ※1989/11発売

PC-8801初の縦置き型となり、CPUのノーウエイト化による高速化、上部にはCD-ROMドライブが取り付けられた。CD-ROMドライブは取り外して単体(音楽CD用)やPC-Engine用として使用することも可能。この当時は、PC-88VAの失敗から、PC-98DOを発売し、PC-8801ユーザーをそのままPC-9801ユーザーに取り込む方針を取っていたようだ。

このマシンとFE2の発売をもって、8年間の歴史にピリオドが打たれた。8ビット機全体ではもっとも長いシリーズだった。

スポンサーリンク

PC-8801MCスペック

  1. メインCPU:μPD70008AC-8(Z-80Hコンパチ、ノーウエイト、8/4MHz切り替え)
  2. サブCPU:μPD780C-1(ディスクコントロール、4MHz)
  3. メインROM:モニタ、N88-BASIC他 128KB
  4. 漢字ROM:256KB(JIS第一、第二、非漢字)
  5. 辞書ROM:512KB(約70,000語、連文節変換対応)
  6. サブROM:ディスク・コントロール用:2KB
  7. メインRAM:ユーザーズメモリ:192KB、N88-BASIC起動時 テキストエリア32KB。
  8. メインRAM増設:スロット内増設可能(32KB単位でバンク切り替え)
  9. 変数・ワークエリア・テキストVRAM:31KB、グラフィック用VRAM:48KB
  10. テキストVRAM:4KB(ハイスピードモード時のみ)
  11. サブRAM:ディスク入出力用バッファ・ワークエリア16KB
  12. テキスト表示
    80文字×25行、80文字×20行、40文字×25行、40文字×20行より選択。
    リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色、512色中8色(N-88BASICのV2モードのみ可能)。
    ※キャラクタ単位に指定可
  13. カラーグラフィック表示
    640×200ドット1画面カラー8色
    640×200ドット1画面カラー512色中8色 ※N88-BASICV2モード動作時
  14. モノクログラフィック表示
    640×400ドット1画面(専用高解像度ディスプレイ使用時)
    640×200ドット3画面
    ※いずれかの画面を選択
  15. 画面合成可(グラフィック、テキスト合成)
  16. バックグラウンドカラー
    8色中1色指定可
    512色中1色指定可 ※注N-88BASICのV2モードのみ可能
  17. ビデオ出力
    R.G.B セパレート出力方式(TTL、カラー)
    アナログRGB出力(75Ωアナログ、カラー)
    家庭用TV(別売TVアダプタ経由)に接続可
  18. 漢字ROM標準実装
    文字構成:16×16ドット
    文字種類:JIS第一水準、第二水準漢字、非漢字
    画面構成:40文字*20行(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  19. キーボード:JIS標準配列テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー、キャピタルロック可、HELPキー、COPYキー。セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  20. 拡張用スロット:2個
  21. カセットテープ(CMT)インターフェイス600ボー/1200ボー(オプション)
  22. 汎用I/O入力:4ビット、出力1ビット、入出力2ビット(アタリ規格のジョイスティックや88用マウス接続可)
  23. プリンタインターフェイス:パラレルインターフェイス(セントロニクス社仕様に準拠)
  24. シリアルインターフェイス:RS-232C規格に準拠。割込み/ポーリング制御可
  25. カレンダ時計:月、日、時、分、秒。NiCd電池でバックアップ
  26. オーディオ出力:OPNA(YM2608)で、単体でFM 音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1声の演奏が可能。スピーカー内蔵、LINE OUT端子付
  27. FDD:2HD/2D両用FDDを2台搭載
  28. CD-ROMドライブ:model1はオプション、model2は標準装備
  29. 外寸:本体W158×D361.2×H334.6㎜
  30. キーボード:W462×D194.5×H33㎜
  31. 重量:本体9.3kg,キーボード1.5kg
  32. 電源:AC100V、50/60Hz
  33. 消費電力:平均45W,最大55W
  34. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  35. システムディスク、マニュアル、お客様登録カード、保証書等
  36. 1989/11発売

ラインナップ

  1. PC-8801MCmodel1:169,000円 CD-ROMドライブはオプション。
  2. PC-8801MCmodel2:199,000円 CD-ROMドライブは標準装備。

合わせて、CD-ROMドライブが発売された。PC-Engine用として使うことも可能。

■PC-8801-30 CD-ROMドライブ 30,300円
CD-ROMドライブ本体。付属ACアダプタを使用すれば単体でCDDA再生が可能。NEC HE の家庭用ゲーム機PC-Engine CD-ROMユニットCDR-30(A)と同等品。PC-8801-31またはMCモデル1に接続。FE/FE2では使用不可。

他のPC-8801用にインタフェースボードも発売された。拡張スロットのないFE/FE2では使用不可。

■PC-8801-31 CD-ROMインタフェースセット 34,800円
PC-8801-30 CD-ROMユニットを本体と接続するための拡張ボードとアタッチメントアダプタのセット。8インチフロッピーディスクユニットとは排他利用。拡張スロットに実装。

最終モデル発売1年後、PC-98DO+が発売されたものの、大多数のユーザーはPC-8801とPC-9801を併用することを選択した。8ビット機で、遅くまで継続していたのはPC-8801だけであり、ソフトウェアの方も、NECのパソコン、ということもあってか、かなり遅くまで(1991年頃まで?)店頭に並んでいた。

寸評:88の最終型

すでにNECのパソコンはPC-9801が主力であり純粋なPC-8801はこのマシンが最後となった。それより以前からPC-9801とPC-8801の両方を使っているユーザーもそれほど珍しいことではなかった。特に混乱することはなく大多数のユーザーはそのままPC-9801へ移行していった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました