PC-8801FE2 ※1989/11発売

純粋なPC-8801はこのマシンとMCが最終機です。CPUのノーウエイト化による高速化、本体前面にあったクロック切替え・動作モード切替えスイッチがなくなり、PCキーでセットアップモードから変更するようになりました。この当時は、PC-88VAの失敗から、PC-98DOを発売し、PC-8801ユーザーをそのままPC-9801ユーザーに取り込む方策を採っていたようです。

FE2は特に大きな変更はなく価格が引き下げられたマシンと考えてよいでしょう。

前モデルのFEの時から、「おとうさん、おかあさんへ。パソコンを自由に操る。こどもたちに必要なのはそんな能力です。」というメッセージがカタログで掲げられており、小中学生が主な販売対象、と見ていたと思われます。

PC-8801FE2スペック

  1. メインCPU:μPD70008AC-8(Z-80Hコンパチ、ノーウエイト、8/4MHz切り替え)
  2. サブCPU:μPD780C-1(ディスクコントロール、4MHz)
  3. メインROM:N-BASICおよびモニタ、N88-BASIC他:128KB
  4. サブROM:ディスク・コントロール用:2KB
  5. 漢字ROM:256KB
  6. メインRAM:ユーザーズメモリ64KB、N88-BASIC起動時テキストエリア32KB。
  7. 変数・ワークエリア・テキストVRAM:31KB、グラフィック用VRAM:48KB
  8. テキストVRAM:4KB(ハイスピードモード時のみ)
  9. サブRAM:ディスク入出力用バッファ・ワークエリア16KB

テキスト表示

  1. 80文字×25行、80文字×20行、40文字×25行、40文字×20行※いずれかを選択可
  2. リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)
  3. カラー8色
  4. カラー512色中8色(N-88BASICのV2モードのみ可能)

モノクログラフィック表示

  1. 640×400ドット1画面(専用高解像度ディスプレイ使用時)/640×200ドット3画面※いずれかの画面を選択
  2. 画面合成可(グラフィック、テキスト合成)

カラーグラフィック表示

  1. 640×200ドット1画面カラー8色
  2. 640×200ドット1画面カラー512色中8色※N88-BASICV2モード動作時
  3. 画面合成可(カラーグラフィック、テキスト合成)

バックグラウンドカラー

  1. 8色中1色指定可
  2. 512色中1色指定可 ※注N-88BASICのV2モードのみ可能

ビデオ出力

  1. アナログRGB出力(75Ωアナログ、カラー)
  2. 家庭用TV:ビデオ端子付きTVに直結可
  3. 2画面独立表示可(テキスト画面、合成画面)

漢字ROMボード標準実装

  1. 文字構成:16*16ドット
  2. 文字種類:JIS第一水準/第二水準漢字、非漢字
  3. 画面構成:40文字*20行(専用高解像度ディスプレイ使用時)

etc.

  1. キーボード:JIS標準配列テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー、キャピタルロック可、HELPキー、COPYキー。セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  2. 汎用I/O入力:4ビット、出力1ビット、入出力2ビット(マウス接続可)
  3. プリンタインターフェイス:パラレルインターフェイス(セントロニクス社仕様に準拠)
  4. シリアルインターフェイス:RS-232C規格に準拠。割込み/ポーリング制御可
  5. カレンダ時計:月、日、時、分、秒。NiCd電池でバックアップ
  6. オーディオ出力:FM音源3和音(各音ごとに49種の音色指定可)/SSG音源3和音(GI社PSGコンパチブル)スピーカー内蔵、LINE OUT端子付/※オプション OPNA(YM2608)で、単体でFM音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1声の演奏が可能。
  7. FDD:2DのFDD2台内蔵。
  8. 1989/11発売
  9. 電源:AC100V、50/60Hz
  10. 消費電力:平均30W
  11. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  12. 外寸:本体W354×D343×H85㎜ / キーボードW462×D194.5×H33㎜
  13. 重量:本体約7kg、キーボード約1.5kg
  14. デモンストレーションディスク、マニュアル、保証書、お客様登録カード他
  15. 発売:1989/11

ラインナップ

  1. PC-8801FE2:119,000円

オプション

■PC-8801-25 サウンドボードII ¥39,800
FE/FE2専用である以外はPC-8801-24と同じ。専用スロットに実装。

■PC-88D41-2W ¥16,000
N88-日本語BASICシステムディスク。

特に変更はなく価格はFEより1万円安くなっています。N88-日本語BASICシステムディスクがオプションだったり、拡張性がないことから、あくまでもゲームマシンであると割り切った方がよいでしょう。

すでに時代はPC-9801に移っており、PC-8801は8年間の歴史にピリオドが打たれました。その後PC-98DO+が発売されましたが、多くのPC-8801ユーザーはこのマシンには手を出すことはせず、PC-8801とPC-9801両方2台揃えて併用する形でPC-9801に移行していきました。

寸評:パソコン少年へ

スポンサーリンク

あとがき
PC-8801FE2はPC-8800シリーズ最後のマシンでもあり、同時発売のPC-8801MCとともに8年間の歴史にピリオドが打たれた。8ビット機ではもっとも長く続いたこともあるのか、ソフトもかなり遅くまで(1991年頃まで?)店頭に並んでいた。
コメント
関連記事

コメントする