PC-8801MK2 大人のパソコン

PC-8801MK2はフロッピードライブを内蔵できるようにしたマシンです。実際にはタートルグラフィックスと1ビットサウンド機能のBASIC命令の追加搭載されたのが無印とMK2の違いです。デザインもコンパクトになり、かなりすっきりした好感が持てるものとなっています。

PC-8801MK2は1983年11月に発売されましたが、基本的な性能はPC-8801と変わりはありません。またオプションだった漢字ROM が標準搭載されたので、買ってすぐ漢字機能が使えます。拡張スロットはPC-8801では4個でしたが、PC-8801MK2では3個になりました。

拡張スロットはPC-8000シリーズと互換性があり、仕様が公開されていたので、自作ボードも作ることはできましたし、Oh!PC等では連載記事もありましたが、ほとんどはサードパーティから拡張ボードが発売されていました。

目立ったところでは本体にフロッピードライブ(FDD)が2台内蔵できるようになったことでしょう。モデル10ではオプション、モデル20では1台 搭載、モデル30では2台搭載です。モデル10とモデル20を買ったユーザーには1台あたり60,000円の組み込み専用FDDが用意されていて、下位の PC-8001MK2用の機器よりもずっと安く買えることになっています。PC-8001MK2ではフロッピーがほしくなったときに後悔する仕掛けになっていると批判されたほどです。

グラフィックス機能は変わりませんが、機械語でプログラミングしない限りどうしても速度が遅いのが気になります。

それらを除けば、国産ナンバーワンパソコンと言えたと思います。

PC-8801MK2のスペック

  1. CPU:Z80A相当品を4MHzで稼働
  2. ROM:N-BASIC及びモニタ32KB/N-88BASIC40KBスロット内増設可能(7バンク×8KB)
  3. メインRAM:64KB/拡張スロット内に32KB単位で可能(バンク切り換え方式)
  4. ビデオRAM:48KB
  5. テキスト画面:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 切り換えて使用
  6. グラフィックス画面:640×400ドット1色/640×200ドット8色
  7. CRT出力:デジタルRGB出力/家庭用テレビ利用可能(別売のRFコンバータが必要)/モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  8. 漢字ROM:JIS第一水準漢字ROM標準搭載(グラフィックス画面に表示)JIS第2水準漢字ROMはオプション
  9. 拡張スロット:3個あり
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様内蔵
  11. シリアルI/F:RS203C内蔵
  12. CMT(カセット)内蔵:(300ボー/1200ボー切り換え式)
  13. フロッピー5.25インチ2DのFDDを2台内蔵可能(モデル10はオプション、モデル20は1台内蔵済み、モデル30は2台内蔵済み)/5.25インチ2DのFDDインタフェース内蔵/8インチFDDは拡張スロットにインタフェースを内蔵可能

大人のパソコンPC-8801MK2

PC-8001MK2とPC-8801MK2ではどちらが良いか、といわれれば、迷わずPC-8801MK2を勧めることになるわけです。モデル10ならPC-8001MK2と4万円の違いであり、この違いで将来の発展性だけでなく、経済性にまで大きな差がついてきます。漢字ROMはPC-8001MK2ではオプションなのに対し、PC-8801MK2では全モデル標準装備なので、そうなると価格差は2万円程度でしかなくなります。

大人のパソコン、というキャッチフレーズで発売され、相当売れたのはいうまでもありませんでした。

標準的なシステム

モデル30にCRT、プリンタを接続したものです。予算が限られているなら、モデル10にカセットを繋いで使うか、モデル20を購入し、後でお金ができたらFDDを組み込むのが賢い方法です(価格もぜひご覧下さい)。

価格

価格は以下の通りとなります。

  1. PC-8801MK2モデル10:2DのFDD2台内蔵可能。168,000円
  2. PC-8801MK2モデル20:2DのFDD1台内蔵、1台追加可能。225,000円
  3. PC-8801MK2モデル30:2DのFDD2台内蔵。275,000円

組み込み専用のFDDの値段

PC-8801MK2-FDD1 60,000円

モデル10に後からFDDを取り付けた場合の値段

168,000円+60,000円×2台分(120000円)=288,000円

モデル20にFDDを追加した場合の価格

225,000円+60,000円=285,000円

PC-8001MK2にFDDを取り付けた場合の価格

123,000円+168,000円(FDD)+7500円(接続ケーブル)=298,500円

このような状況ですから、PC-8001MK2とどちらといわれれば、迷わずPC-8801MK2の方を勧めることになります。PC-8001MK2をやっと買えるという人なら、もう少し我慢してお金を貯めてモデル10にカセットを接続した形で買うのがよく、モデル10ならPC-8001MK2とは45,000円ほどの違いです。この違いで将来の発展性だけでなく、経済性にまで大きな差がつき、後悔しなくて済みます。

※当時のよいパソコン悪いパソコンの記事を参考に計算してみました。

スポンサーリンク

あとがき
大人のパソコン、といわれたが、実際には中学高校生にもユーザーが多かったのである。ソフトウェアや周辺機器は自社/他社とも充実していたし、雑誌の取り上げ度もNO.1だった。グラフィックスが相変わらず遅すぎ、サウンドもBEEP音だったので、ゲームを作りにくい面はあった。これを克服し、ホビーパソコンとして大成するには1年3ヶ月後に発売されるPC-8801MK2SRを待たなければならなかった。
コメント
関連記事

コメントする