PC-8801MKII 初代PC-8001本来の後継機種

PC-8801MKIIはPC-6601と同時に発売され、前モデルとの相違点は本体内にFDDを2台内蔵可能となったこと、JIS第一水準漢字ROMが標準装備されたことが相違点で、後は特に改良された点はない。

パソコンを持っている人なら、必ずFDDが必要となるこの時代、最初はカセットテープで満足していても、読み書き速度が速いこと、保存できるデータ容量が大きいこと、CP/MなどOSが利用できることなどから、フロッピーがないと満足出来なくなるのだ。下位機種のPC-8001MKIIにFDDを接続しようとすると、FDD(168,000円)に接続ケーブル(7,000円)が必要だから、PC-8801MKIIよりも2万円以上も高くなってしまう。つまり、PC-8001MKIIを本体価格の安さで買った人はフロッピーがほしくなった時に後悔することになっている。PC-8001MKIIよりもPC-8801MKIIの方が表示能力は格段上なのだから、PC-8001MKIIを買った人は気の毒である。パソコン設計者はユーザーが遅かれ早かれ、フロッピーを使うようになることは分かりきっているはずだろう。

その上、PC-8801MKIIのモデル10やモデル20を買った人には組み込み専用のFDD(1台あたり6万円)が用意されていて、下位のPC-8001MKII用の機器より安く買えるということになっている。おまけに提供されるオプションやソフトも圧倒的にPC-8801MKIIの方が豊富という有様だ。ユーザーを何と思っているのか、と問いかけたくなるようなラインナップだったのだ。

スポンサーリンク

PC-8801MKIIスペック

  1. CPU
    ■メインCPU
    μPD780C-1(Z-80Aコンパチブル) 約4MHz
    ■サブCPU
    μPD780C-1(ディスクコントロール用) 約4MHz
  2. ROM
    ■メインROM
    N88-BASIC40KB及び、N-BASICおよびモニタ32KB、スロット内増設可能(最大56KB)。
    ■サブROM
    ディスクコントロール用2KB
  3. RAM
    ■メインRAM
    64KB(テキストエリア32KB。変数・ワークエリア・テキストVRAM31KB)※拡張スロット内に32KB単位で増設可。
    ■サブRAM
    16KB(ディスク入出力バッファ・ワークエリア)16KB
  4. VRAM
    48KB(グラフィックス用)
  5. テキスト表示
    80文字×25行、80文字×20行、40文字×25行、40文字×20行より選択。
    リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)※キャラクタ単位に指定可
  6. モノクログラフィックス表示
    640×400ドット1画面(専用高解像度ディスプレイ使用時)
    640×200ドット3画面
    ※いずれかの画面を選択
  7. カラーグラフィック表示
    640×200ドット1画面カラー8色(デジタルRGBディスプレイ使用時)
  8. 画面合成
    テキスト画面がグラフィックス画面上に来る
  9. バックグラウンドカラー
    8色中1色指定可(デジタルRGBディスプレイ使用時)
  10. ビデオ出力
    R.G.B セパレート出力方式(TTL、カラー)
    モノクロディスプレイ出力(ライトペンPC-8045K接続可)
    家庭用TV(別売TVアダプタ経由)に接続可
  11. 漢字ROM標準実装
    文字構成:16×16ドット
    文字種類:JIS第一水準漢字2965種文字、非漢字885種文字
    画面構成:40文字×20行(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  12. キーボード
    JIS標準配列準拠。薄型軽量。ステップ・スカルプチャータイプのキートップ。キーボード・本体分離のセパレートタイプ。テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー、キャピタルロック、HELP、COPYキー
  13. FDD
    本体内に最大2基実装可最大2基。5インチ2D。拡張用FDD I/F内蔵(PC-80S32用)
  14. 8インチFDD I/F
    本体内スロットに内蔵可
  15. 汎用I/O
    入力2ビット、出力3ビット、割込1ch
  16. 拡張スロット
    3スロット(PC-8012/13、PC-8801、PC-8001mkII上位コンパチブル)
  17. オーディオI/F
    600ボー/1200ボー
  18. パラレル I/F
    セントロニクス社仕様に準拠
  19. シリアルI/F
    RS-232C規格に準拠 割込み/ボーリング制御可
  20. カレンダ時計
    ニッカド電池でバックアップ(月、日、時、分、秒)
    ※年の部分はシステムディスク上に登録
  21. 電源
    AC100V,50/60Hz
  22. 消費電力
    平均46W(model30)
  23. 使用条件
    10~35°C,20~80%(但し結露しないこと)
  24. 外寸
    W350×D345×H125㎜
    キーボードW412×D195×H32㎜
  25. 重量
    model10:9.5kg
    model20:10.9kg
    model30:12.3kg
    キーボード:1.4kg
  26. 主な添付品
    キーボード、ユーザーズマニュアル、N88-BASIC関連マニュアル(リファレンスマニュアル、リファレンスブック)、システムディスク(model20/30に添付)、デジタルRGBケーブル、モノクロディスプレイケーブル、カセットケーブル、サービス網一覧、保証書、お客様登録カード
  27. 発売年
    1983/10

ラインナップ

  1. PC-8801MKIImodel10:FDDオプション(2DのFDDを2台内蔵可) 168,000円
  2. PC-8801MKIImodel20:2DのFDD1台内蔵(2台まで内蔵可) 228,000円
  3. PC-8801MKIImodel30:2DのFDDを2台内蔵。278,000円
  4. PC-8801MK2-FDD1:PC-8801mk2用の組み込み専用フロッピードライブ。60,000円

フロッピードライブはmodel10のみ外付けドライブが接続できるが、主に8インチFDDを接続することが想定されていた。model10/20を買ったユーザーは組み込み専用のFDDを購入して取り付ける方が外付けのFDDを購入するよりも安くすることができる。また、サードパーティーからも組み込み専用のFDDが発売されていて、これならもっと安くあげることもできる。

実際に、PC-8001MKIIに外付けFDDを購入した場合と、PC-8801MKIIに組み込みFDDを購入した場合とで比較してみると、

  1. モデル10に後からFDDを取り付けた場合の値段
    168,000円+60,000円×2台分(120000円)=288,000円
  2. モデル20にFDDを追加した場合の価格
    225,000円+60,000円=285,000円
  3. PC-8001MKIIにFDDを取り付けた場合の価格
    123,000円+168,000円(FDD)+7,500円(接続ケーブル)=298,500円

PC-8801MKIIにはJIS第一水準漢字が標準搭載されているが、PC-8001MKIIはオプションであることもお忘れなく。フロッピー同様、漢字表示もほしくなるのが当たり前だからだ。

とりあえずのモデルチェンジで大きな変更はなし

グラフィックスは640×200ドット1画面8色表示で当時の8ビット機としては標準的だが、速度が遅すぎる。Oh!PC等では高速化するためのプログラムが掲載されたこともある位だ(小林秀一他)。

その他ではタートルグラフィックス機能が用意され、簡単な図形などを描くことが可能となった。

サウンド機能はBEEP音のみでゲームするには寂しいものであったが、パルス音による簡易ミュージック機能が搭載された。

汎用I/Oはアタリ規格の形状をしているが、ピンアサインをあわせていないのでアタリ規格のジョイスティックは接続できない。

とりあえずのモデルチェンジ、という感じで大きな変更はないが、ビジネスパソコンからホビー指向のパソコンに転換したパソコンである。

初代PC-8001本来の後継機種か?

PC-8001の後継機種はPC-8001MKIIとされているが、インタフェースの拡張ばかりに主眼が置かれ、本体性能は二の次だった。そのため思ったほどコストパフォーマンスの良くないマシンに終わっているのだった。

富士通がFM-8のモデルチェンジ機FM-7を発売したとき、PC-8801をそのまま安くした機種を想像して、またNECの勝ちか…と思った人がいたらしいが、残念ながらPC-8001MKIIの発売となった。

PC-8801MKIIは初代PC-8801と比べると本体価格が6万円下がり、漢字ROMを標準搭載してFDD内蔵可能としただけだが、168,000円という価格は初代PC-8001と同じである。

このことから、初代PC-8001の本来の後継機種はやはりPC-8801MKIIだと思ってしまうのだが…。PC-8001MKIIは似非の後継機種だといったらいいすぎだろうか。

実際に、PC-8801MKII発売後、PC-8001MKIIは完全に存在意義がなくなってしまったからだった。

寸評:グラフィックスが遅すぎる。

初版2008年2月28日

8ビット機でPC-8001MKIIとPC-8801MKIIのどちらが良いかと聞かれれば、迷わずPC-8801MKIIを勧めるだろう。理由は冒頭に書いたことにつきる。お金があればモデル30,少し足りなければモデル20,PC-8001MKIIをやっと買えるという人なら、もう少し頑張ってお金を貯めてモデル10にカセット(データレコーダ)を接続した形で買うとよく、モデル10ならPC-8001MKIIとは45,000円の差だ。この違いで将来性だけでなく経済性にまで大きく差がついてくるのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました