PC-8801MKIITR 300bpsのモデム電話は…

「パソコン通信用に漢字が表示できるターミナルソフトが付属。」MKIITR

「内蔵の電話は、オートダイアルもできる高機能設計。」MKIITR

PC-8801MKIISR発売後、8ヶ月後に発売されたPC-8801MKIITR。PC-8800シリーズではあまり毛色の変わった機種は出ていなかったが、PC-8801MKIITRは唯一といってもよい実験機的色彩の強いマシンだった。PC-8801MKIITRはPC-8801MKIISR全二重300bpsのモデム電話を内蔵した機種で、モデム電話機能以外はSRと同じ。パソコン通信用に漢字が表示できるターミナルソフトが付属し、内蔵の電話は、オートダイヤルもできる当時としては高機能設計だった。

スポンサーリンク

PC-8801MKIITRスペック

  1. CPU
    メインCPU:μPD780C-1 4MHz
    サブCPU:μPD780C-1(ディスクコントロール) 4MHz
  2. ROM
    メインROM:N88-BASIC 64KB / N-BASICおよびモニタ 32KB
    サブROM:ディスクコントロール用 2KB
  3. RAM
    ユーザーズメモリ 64KB.テキストエリア 32KB
    変数・ワークエリア・テキストVRAM 31KB
    ※拡張スロット内増設可能(32KB単位でバンク切り替え)
    サブRAM:ディスク入出力バッファワークエリア 16KB
  4. VRAM
    48KB
  5. テキストVRAM
    4KB(ハイスピードモード時のみ使用)
  6. テキスト表示
    80文字×25行、80文字×20行、40文字×25行、40文字×20行より選択。
    リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色(デジタルRGBディスプレイ使用時)、カラー512色中8色(アナログRGBディスプレイ使用時、N-88BASICのV2モードのみ可能)。キャラクタ単位に指定可
  7. カラーグラフィック表示
    640×200ドット1画面カラー8色(デジタルRGBディスプレイ使用時)
    640×200ドット1画面カラー512色中8色(アナログRGBディスプレイ使用時。N88-BASICV2モード動作時)
  8. モノクログラフィック表示
    640×400ドット1画面(専用高解像度ディスプレイ使用時)
    640×200ドット3画面
    ※いずれかの画面を選択
  9. 画面合成
    テキスト画面がグラフィックス画面上に来る
  10. バックグラウンドカラー
    8色中1色指定可デジタルRGBディスプレイ使用時)
    512色中1色指定可(アナログRGBディスプレイ使用時)※注N-88BASICのV2モードのみ可能
  11. CRT出力
    R.G.B セパレート出力方式(TTL、カラー)
    アナログRGB出力(75Ωアナログ、カラー)
    モノクロディスプレイ出力(ライトペンPC-8045K使用可)
    家庭用TV(別売TVアダプタ経由)に接続可
  12. 漢字ROM標準実装
    文字構成:16×16ドット
    文字種類:JIS第一水準/第二水準漢字、非漢字
    画面構成:40文字×20行(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  13. キーボード
    JIS標準配列テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー、キャピタルロック可、HELPキー、COPYキー。セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  14. 拡張用スロット
    3個
  15. FDD I/F
    本体内に内蔵もしくは内蔵可。model10のみ外部接続可能(インタフェース別売)
  16. カセットテープ(CMT)インターフェイス
    600ボー/1200ボー
  17. 汎用I/O入力
    4ビット、出力1ビット、入出力2ビット(ジョイスティック/マウス接続可)
  18. プリンタインターフェイス
    パラレルインターフェイス(セントロニクス社仕様に準拠)
  19. シリアルインターフェイス
    RS-232C規格に準拠。割込み/ポーリング制御可
  20. オーディオ出力
    FM音源3音SSG音源3音(GI社PSGコンパチブル)、スピーカー内蔵、外部出力端子あり
  21. 電源
    AC100V,50/60Hz
  22. 消費電力
    平均54W,最大90W(SRmodel30)
  23. 使用条件
    10~35°C,20~80%(但し結露しないこと)
  24. 本体外寸
    W406.5×D345×H127㎜(突起部分は含まない)
    キーボードW412×D195×H32㎜
  25. 本体重量
    MKIITR:9.6kg
    キーボード:1.4kg
  26. 主な添付品
    キーボード、ユーザーズマニュアル、N88-BASIC関連マニュアル(リファレンスマニュアル、リファレンスブック)、N88-BASIC FD、電源ケーブル、サービス網一覧、お客様登録カード、保証書他
  27. 発売年
    PC-8801MKIITR:1985/9

PC-8801MKIITRは実験機の側面が強い

当時はパソコン通信もニフティサーブやBIGLOBEの前身にあたるPC-VAN等が登場しており、個人でもパソコン通信のホスト局(つまり受信するだけ)を開設している方がいた。パソコン通信をやるのなら高価な(?)16ビット機を使う必要はないので、8ビット機でも十分な機能があった。

Oh!PCではこのマシンをお勧めパソコンとして紹介していたが、搭載していたモデムは全二重300bpsで、当時すでに全二重1200bpsが普及しつつある時期で、1200bpsと300bpsを切り替えられるようにする位の配慮があっても良かったのではないか、という人もいた。

それ以外は、PC-8801MKIISRと性能は全く同じなので、そちらを参照していただきたい。

短期間しか発売されていないマシン?

2ヶ月後に発売されるFRとMRとは異なり、内部基板はSRのままであり、とりあえず出してみました、的な的色彩の強いマシンであった。FR/MR/TRという88三兄弟、とよいパソコン悪いパソコンの本では書かれていたが、FR/MRの登場後は生産も終了していた(つまり短期間しか生産されていない)のではないか、と思う。

寸評:MKIISRに1200Bpsまでできるモデム電話を別途取り付けて使いたい。

初版2008年3月20日

価格からいえば、まもなく発売されるFRに1200bpsと300bpsを切り替えて使えるモデム電話を接続した方がずっと安くなる。なお、TRが発売された時は6000/6600/8000のシリーズは生産が終了となっていたらしく、広告などでも載ることはなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました