PC-88VA PC-8801の16ビット化試作機

1987年3月に発売されたPC-88VAは、PC-8801のソフト互換を保ちつつ、16ビットマシンへ進化させたマシンで、VAは「ビジュアル・オーディオ」の意味がある。普通は「AV」とつけるだろうが、NECは敢えて逆の「VA」とつけたらしい。

互換性は基本的にBASICレベルのソフトのみであり、機械語プログラムは動作しないものもあること、拡張スロットがPC-9801と同じ形状のため、ここへ取り付けるボードは利用できない。

16ビット機とはいえ、かなりアミューズメント色の強いマシンだ。

スポンサーリンク

PC-88VAハードスペック

  1. CPU
    μPD9002 (V30/μPD70008AC(Z80H)命令コンパチブル、V50カスタム品)を8MHzで駆動
  2. メインROM
    480KB(VA)PC-Engine,N88-日本語BASIC V3 他
  3. 辞書ROM
    288KB(約40,000語)
  4. 漢字ROM
    288KB(JIS第1,第2水準漢字、非漢字)
  5. メインRAM
    512KB.最大640Kまで増設可能。
  6. システムRAM
    8KB(VA)外字、変換学習用、バッテリバックアップ可
  7. テキストRAM
    64KBスプライトパターン領域兼用
  8. グラフィックスRAM
    256KB
  9. サウンドRAM
    オプション(デジタルサンプリング用)
    ※サウンドボードIIにより256KBに増設可
  10. テキスト表示
    英数カナ(8×8,8×16ドット)、漢字(16×16ドット)、80文字×25行、80文字×20行、80文字×25行、80文字×12行、80文字×25行、80文字×10行、40文字×25行、40文字×20行、40文字×25行、40文字×12行、40文字×10行。
    文字単位にカラー(4096色中16色)およびアトリビュート(リバース、ブリンク、シークレット、アンダーライン等)が指定可能。画面水平4分割、水平垂直スクロール(スムーズスクロール可能)
  11. グラフィックス性能
    画面水平3分割、水平垂直スクロール(スムーズスクロール・ラップアラウンドスクロール可)、独立2画面合成表示可能、グラフィック描画カスタムプロセッサ(任意図形の転送描画、直線描画、ペイント補助)
  12. スプライト
    カラースプライト:8×4~256×256ドットドットごとに4,096色中16色指定。モノクロスプライト 32×4~256×256ドットドットごとに4,096色中1色指定
    カラースプライト、モノクロスプライト混在可能。最大32個表示可能、スプライト間の衝突検出機能あり
  13. 画面表示
    テキスト画面・スプライト画面・グラフィック画面2画面を優先順位付きで合成可能。透明色指定、画面マスク機能あり。
  14. FDD
    5.25インチ2HD・2ドライブ内蔵(2D/2DDの読み書き可)
  15. サウンド
    FM音源6和音(ステレオ)・SSG音源3和音。ライン出力、ヘッドホン出力
  16. CRT出力
    アナログRGB
    デジタルRGB
    ビデオコピー接続用
  17. 8ビットパラレルI/F
    プリンタ接続用
  18. マウス
    標準添付
  19. シリアルI/F
    RS-232Cに準拠、モデム、スキャナの接続用)
  20. スキャナ専用パラレルI/F
    搭載済み
  21. ビデオ出力
    コンポジットビデオ(VTR等の接続用)
  22. 拡張スロット
    汎用3スロット(うち1スロットはメモリボードが使用)、ビデオボード用1スロット
  23. 電源
    AC100V,50/60Hz
  24. 消費電力
    平均50W,最大80W
  25. 使用条件
    10~35°C,20~80%(但し結露しないこと)
  26. 外寸
    本体:W440×D345×H150㎜
    キーボード:W462×D194.5×H33㎜
  27. 重量
    本体:10.2kg
    キーボード:1.5kg
  28. 主な附属品
    マニュアル一式(PC-Engine,N88-日本語BASIC,他)、保証書、お客様登録カード
  29. 添付アプリ
    PC-Engine システムディスク、デモディスク(VA)、アニメフレーマー、ポップアップ電卓
  30. 標準価格
    298,000円

グラフィックス表示(19モードより選択)

  1. 640×400ドット4096色中1色表示8画面
  2. 640×400ドット4096色中16色表示2画面
  3. 640×400ドット4096色中32色表示1画面
  4. 640×400ドット256色表示1画面
  5. 640×200ドット4096色中1色表示16画面
  6. 640×200ドット4096色中16色表示4画面
  7. 640×200ドット4096色中32色表示4画面
  8. 640×200ドット256色表示2画面
  9. 640×200ドット65,536色表示1画面
  10. 340×400ドット4096色中1色表示16画面
  11. 340×400ドット4096色中16色表示4画面
  12. 340×400ドット4096色中32色表示2画面
  13. 340×400ドット256色表示2画面
  14. 340×400ドット65,536色表示1画面
  15. 340×200ドット4096色中1色表示32画面
  16. 340×200ドット4096色中16色表示8画面
  17. 340×200ドット4096色中32色表示4画面
  18. 340×200ドット256色表示4画面
  19. 340×200ドット65,536色表示2画面

デザインは、電源スイッチやリセットスイッチはパステルカラーとしたり、本体カラーはアイボリー1色としたのは同じだが、FDDを縦にしたので、PC-8801FH/FMと異なり縦がその分高くなっている。

初期設定はディプスイッチで設定するのではなく、PCキーを押しながら電源スイッチを入れ、画面上で設定を行うのも同じである。

機能を満たすために、従来のV2モードに加えて、新たにPC-88VA専用に開発されたV3モードが搭載された。一方で、V1モードとN-BASICについては削除されている。

グラフィックスの機能はPC-9801よりも強力で、これを生かしたソフトとして、簡単な図形を組み合わせてアニメを作るアプリ「アニメフレーマー」がバンドルされた。

オプション

  • PC-88VA-11 ビデオボード 39,800
    テレビ画面やビデオ画面とのスーパーインポーズ、ビデオデジタイズを可能にするボード。専用スロット(Vスロット)に実装。拡張スロットに差し込むだけでなく、内部結線も必要。

サウンド機能はFH/MHと同じFM音源3音SSG音源3音6重和音8オクターブなのは同じ。後継機種のPC-88VA2/VA3の発売に合わせて、同等のサウンド機能にするためのオプションが発売された。

  1. PC-88VA-12 サウンドボードII 39,800円
    PC-88VA2と同じサウンド機能を提供するボード。FM音源6和音(ステレオ)・SSG音源3和音・リズム音源6種類(ステレオ)サンプリングなしADPCM方式 4kHz/8kHz/16kHzオーディオ入出力。専用スロットに実装。
  2. PC-88VA-91 PC-88VAソフトウェアバージョンアップボード 49,800円
    PC-88VA専用。OSを含むROM内蔵ソフトウェア群のアップグレード用ボード。拡張スロットに実装。

このマシンの発売は、ホビーは88、ビジネスは98と考えていたNECの方針が反映されていたともいえる。

他方、同じ頃シャープからライバルとなるX68000がアナウンスされていた時期でもあり、購入者を大いに迷わせることとなった。実際にゲームやグラフィックスに利用するならX68000の方が機能は強力で、発売前からシャープにまだかまだかと問い合わせが殺到したともいわれている。

PC-88VAはV2モード時における互換性が不十分なこと(英数テキスト文字がPC-9801に近い8×16ドット表示となり、CRTCはPC-8801mkIISR以降とは異なるため、この機能を利用するゲーム関係ソフトが動作しないという憂き目に遭った)、価格面でもPC-8801MH(208,000円)よりも10万円ほど高いということと、PC-9801UVシリーズとは2万円程度しか違わない。そういう事情もありPC-88VAはさほど売れなかった。そのためか、NECは再び8ビット機を出してくることとなる。

寸評:自社製品であるPC-9801と競合するマシン

NECとしては、個人はPC-8801、企業はPC-9801、と考えていたらしく、カタログでもそういう雰囲気があったが、メーカーの考えているようにはユーザーは動かず、PC-88VAは思ったほど売れていなかった。逆に言えば、ゲームソフトもそれなりに充実していたPC-9800シリーズがPC-88VAと競合関係になってしまったわけである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました