PC-88VA2/VA3 自社製品であるPC-9801自体が競合製品に...

PC-88VAのモデルチェンジ機として、1988年3月にVA2、6月にVA3が発売されますが、今回の目玉はX68000に対抗してサウンド機能の強化です。PC-8801MAで採用されたリズム音源6音、ADPCM録音が標準搭載され、従来のPC-88VAでも同機能が使えるようにサウンドボードⅡが発売されました。

イメージキャラには引き続き斉藤由紀が起用されます。

PC-88VAハードスペック

  1. CPU:μPD9002 (V30/μPD70008AC(Z80H)命令コンパチブル、V50カスタム品)を8MHzで駆動
  2. 数値演算プロセッサ:オプション
  3. メインROM:480KB(VA)PC-Engine,N88-日本語BASIC V3 他
  4. 辞書ROM:288KB(約40000語)(VA)
  5. 漢字ROM:288KB(JIS第1,第2水準漢字・非漢字)
  6. メインRAM:512KB最大640KByteまで増設可能。
  7. システムRAM:8KB(VA)外字、変換学習用、バッテリバックアップ可
  8. テキストRAM:64KBスプライトパターン領域兼用
  9. グラフィックスRAM:256KB
  10. サウンドRAM:256KByte(デジタルサンプリング用)

テキスト表示

  1. 英数カナ(8x8,8x16ドット)、漢字(16x16ドット)
  2. 80文字×(25/20/12/10)行
  3. 40文字×(25/20/12/10)行
  4. 文字単位にカラー(4096色中16色)およびアトリビュート(リバース・ブリンク・シークレット・アンダーライン等)が指定可能
  5. 画面水平4分割、水平垂直スクロール(スムーズスクロール可能)

グラフィックス表示(19モードより選択)

  1. 640*400ドット4096色中1色表示8画面
  2. 640*400ドット4096色中16色表示2画面
  3. 640*400ドット4096色中32色表示1画面
  4. 640*400ドット256色表示1画面
  5. 640*200ドット4096色中1色表示16画面
  6. 640*200ドット4096色中16色表示4画面
  7. 640*200ドット4096色中32色表示4画面
  8. 640*200ドット256色表示2画面
  9. 640*200ドット65,536色表示1画面
  10. 340*400ドット4096色中1色表示16画面
  11. 340*400ドット4096色中16色表示4画面
  12. 340*400ドット4096色中32色表示2画面
  13. 340*400ドット256色表示2画面
  14. 340*400ドット65,536色表示1画面
  15. 340*200ドット4096色中1色表示32画面
  16. 340*200ドット4096色中16色表示8画面
  17. 340*200ドット4096色中32色表示4画面
  18. 340*200ドット256色表示4画面
  19. 340*200ドット65,536色表示2画面

グラフィックス性能

  1. 画面水平3分割、水平垂直スクロール(スムーズスクロール・ラップアラウンドスクロール可)
  2. 独立2画面合成表示可能
  3. グラフィック描画カスタムプロセッサ
  4. 任意図形の転送描画、直線描画、ペイント補助

スプライト

  1. カラースプライト:8x4~256x256ドットドットごとに4,096色中16色指定。モノクロスプライト 32x4~256x256ドットドットごとに4,096色中1色指定
  2. カラースプライト、モノクロスプライト混在可能
  3. 最大32個表示可能、スプライト間の衝突検出機能あり

etc

  1. 画面表示:テキスト画面・スプライト画面・グラフィック画面2画面を優先順位付きで合成可能。透明色指定、画面マスク機能あり。
  2. FDD:5.25インチ2HD・2ドライブ内蔵(2D/2DDの読み書き可)
  3. サウンド:FM音源6和音(ステレオ)・SSG音源3和音・リズム音源6種類(ステレオ)・サンプリングなしADPCM方式 4kHz/8kHz/16kHz。ライン出力、ヘッドホン出力
  4. イ ンタフェース:デジタルRGBディスプレイ、アナログRGBディスプレイ、ビデオコピー接続用、プリンタ8ビットパラレルインターフェース(プリンタ接続 用)マウス標準添付、シリアル(RS-232Cに準拠、モデム、スキャナの接続用)、スキャナ専用パラレルインターフェース(スキャナ接続用)、ビデオ出 力コンポジットビデオ(VTR等の接続用)
  5. 拡張スロット:汎用2スロット(VA2/3)、ビデオボード用1スロット

ラインナップ

  1. PC-88VA2:298,000円
  2. PC-88VA3:398,000円

主な附属品

  1. マニュアル一式(PC-Engine,n88-日本語BASIC,他)
  2. PC-Engine システムディスク
  3. アニメフレーマー、ポップアップ電卓、NET-ACCESS(VA3)体験版(VA2/3)

VA3では2TDという規格の3.5インチFDDが1台搭載されましたが、VA/VA2でもインタフェースボードと外付けFDDを取り付ければ使用できます。おそらく画像データを保存するためのものもので、当時まだMO等がなかったため出てきたのでしょう。

■PC-88VA-22 30,000円
 2TD(9.3MB)マイクロフロッピィディスクインタフェースボード

■PC-88T31 138,000円
 2TDマイクロフロッピィディスクユニット。従来の3.5インチ2HD/2DDの読み込みが可能。PC-88VA-22経由で接続。 システムで最大2ドライブまで使用可能。ドライブ数は1基(1基増設可能)。

■PC-88T31-01 78,000円
 増設用2TDマイクロフロッピィディスクドライブ。PC-88T31に実装。VA3には増設不可能。

但し、2TDという規格のFDの不透明さとメディアの価格から普及せずに終わりました。

ビデオデジタイズのためのボードは、拡張スロットに挿すだけでよくなり、内部結線は不要になりました。

■PC-88VA-11K ビデオボード 39,800円
PC-88VA2/3でビデオデジタイズを可能にするボード。専用スロット(Vスロット)に実装。PC-88VAでは使用不可能。 

PC-88VAにはシャープのX68000という強力なライバルがあり、ゲームユーザーは、68000系CPUを求めたという見方もありますが、筆者はNECの自社製品であるPC-9801自体が競合製品となってしまったことが大きかったと考えています。自社製品である8ビット機のPC-8801MAより10万円ほど高いという価格の問題もあり、思ったほど販売台数は伸びず、専用のソフトが出揃うこともなく、結局PC-88VAシリーズはこのVA2/VA3で終了となりました。そのため、NECは路線変更し、PC-98DO等という笑えるマシン(?)を翌年発売します。

結果的に、メーカーとしては、ホビーは88、ビジネスは98という目論見が外れたこととなります。

このことから、NECはPC-9801にも低価格機を出してニーズに応えなければならなくなります。すでにメーカーとしてもそれについても認識していたようで、PC-9801UV11という低価格機を出して8801に引導を渡す決意をしていたようにも思えます。

PC-9801ソフトを動かす試み

PC-88VAシリーズは名前は88とはいえ機能的には98に近く、98用のハードウェアやソフトウェアを88VA上で動かそうという試みが行われ、実際にソフトウェアでは一太郎やLotus1-2-3、ハードウェアではBMS、EMS、SCSIなどを動作させた強者ユーザーもいます。

スポンサーリンク

あとがき
PC-88VAシリーズは自社製品であるPC-9801自体が競争相手という側面も大きかった。個人向けPCもPC-9801の圧勝という結果となり、PC-88VAシリーズは僅か2年で幕を引くこととなった。このことから、PC-8800シリーズ全体が斜陽の時代を迎えた。PC-8801だけでなく、8ビット機全体が終焉の時を迎えつつあったのである。
コメント
関連記事

コメントする