PC-88VA2/VA3 自社製品のPC-9801と競合関係になり幕引きを余儀なくされた

PC-88VAのモデルチェンジ機として、1988年3月にVA2、6月にVA3が発売された。

今回の目玉はX68000に対抗してサウンド機能の強化が図られている。PC-8801MAで採用されたリズム音源6音、ADPCM録音が標準搭載され、従来のPC-88VAでも同機能が使えるようにサウンドボードIIが発売された。

今回のモデルチェンジでは、2TDという大容量規格の3.5インチFDDが用意されたが、おそらくまだMOがなかったため採用されたのだろう。これを見て、「また始まったフロッピーいじり」と揶揄した人までいた。

イメージキャラには引き続き斉藤由紀が起用された。

スポンサーリンク

PC-88VA2/VA3ハードスペック

  1. CPU
    μPD9002 (V30/μPD70008AC(Z80H)命令コンパチブル、V50カスタム品)を8MHzで駆動
  2. 数値演算プロセッサ
    オプション
  3. メインROM
    480KB(VA)PC-Engine,N88-日本語BASIC V3 他
  4. 辞書ROM
    288KB(約40,000語)(VA)
  5. 漢字ROM
    288KB(JIS第1,第2水準漢字・非漢字)
  6. メインRAM
    512KB。最大640KBまで増設可能。
  7. システムRAM
    8KB:外字、変換学習用、バッテリバックアップ可
  8. テキストRAM
    64KBスプライトパターン領域兼用
  9. グラフィックスRAM
    256KB
  10. サウンドRAM
    256KB(デジタルサンプリング用)
  11. 画面表示
    テキスト画面・スプライト画面・グラフィック画面2画面を優先順位付きで合成可能。透明色指定、画面マスク機能あり。
  12. FDD
    5.25インチ2HD・2ドライブ内蔵(2D/2DDの読み書き可)
    ※VA3のみ3.5インチ2TDのFDD1台内蔵。VA2では外付けオプション(I/F別売)
  13. サウンド
    FM音源6和音(ステレオ)・SSG音源3和音・リズム音源6種類(ステレオ)・サンプリングなしADPCM方式 4kHz/8kHz/16kHz。ライン出力、ヘッドホン出力
  14. CRT出力
    アナログRGBディスプレイ
    ビデオコピー接続用
  15. プリンタ8ビットパラレルI/F
    プリンタ接続用
  16. マウス
    標準添付
  17. シリアルI/F
    RS-232Cに準拠、モデム、スキャナの接続用
  18. スキャナ専用パラレルI/F
    スキャナ接続用
  19. ビデオ出力コンポジットビデオ
    VTR等の接続用
  20. 拡張スロット
    汎用2スロット、ビデオボード用1スロット
  21. 電源
    AC100V,50/60Hz
  22. 消費電力
    平均50W,最大80W(VA2)平均58W,最大90W(VA3)
  23. 使用条件
    10~35°C,20~80%(但し結露しないこと)
  24. 外寸
    本体:W440×D345×H150㎜
    キーボード:W462×D194.5×H33㎜
  25. 重量
    本体:10.2kg
    キーボード:1.5kg
  26. 主な附属品
    マニュアル一式(PC-Engine,n88-日本語BASIC,他)、PC-Engine システムディスク、アニメフレーマー、ポップアップ電卓、NET-ACCESS(VA3)体験版(VA2/3)

テキスト表示

  1. 英数カナ(8×8,8×16ドット)、漢字(16×16ドット)
  2. 80文字×(25/20/12/10)行
  3. 40文字×(25/20/12/10)行
  4. 文字単位にカラー(4096色中16色)およびアトリビュート(リバース・ブリンク・シークレット・アンダーライン等)が指定可能
  5. 画面水平4分割、水平垂直スクロール(スムーズスクロール可能)

グラフィックス表示(19モードより選択)

  1. 640×400ドット4096色中1色表示8画面
  2. 640×400ドット4096色中16色表示2画面
  3. 640×400ドット4096色中32色表示1画面
  4. 640×400ドット256色表示1画面
  5. 640×200ドット4096色中1色表示16画面
  6. 640×200ドット4096色中16色表示4画面
  7. 640×200ドット4096色中32色表示4画面
  8. 640×200ドット256色表示2画面
  9. 640×200ドット65,536色表示1画面
  10. 340×400ドット4096色中1色表示16画面
  11. 340×400ドット4096色中16色表示4画面
  12. 340×400ドット4096色中32色表示2画面
  13. 340×400ドット256色表示2画面
  14. 340×400ドット65,536色表示1画面
  15. 340×200ドット4096色中1色表示32画面
  16. 340×200ドット4096色中16色表示8画面
  17. 340×200ドット4096色中32色表示4画面
  18. 340×200ドット256色表示4画面
  19. 340×200ドット65,536色表示2画面

グラフィックス性能

  1. 画面水平3分割、水平垂直スクロール(スムーズスクロール・ラップアラウンドスクロール可)
  2. 独立2画面合成表示可能
  3. グラフィック描画カスタムプロセッサ
  4. 任意図形の転送描画、直線描画、ペイント補助

スプライト

  1. カラースプライト:8×4~256×256ドットドットごとに4,096色中16色指定。モノクロスプライト 32×4~256×256ドットドットごとに4,096色中1色指定
  2. カラースプライト、モノクロスプライト混在可能
  3. 最大32個表示可能、スプライト間の衝突検出機能あり

ラインナップ

  1. PC-88VA2:298,000円
  2. PC-88VA3:398,000円

VA3では2TDという規格の3.5インチFDDが1台搭載されたが、VA/VA2でもインタフェースボードと外付けFDDを取り付けて使用できる。おそらく画像データを保存するためのものもので、当時まだMO等がなかったため出てきたのだろう。

  1. PC-88VA-22:30,000円
    2TD(9.3MB)マイクロフロッピィディスクインタフェースボード
  2. PC-88T31:138,000円
    2TDマイクロフロッピィディスクユニット。従来の3.5インチ2HD/2DDの読み込みが可能。PC-88VA-22経由で接続。 システムで最大2ドライブまで使用可能。ドライブ数は1基(1基増設可能)。
  3. PC-88T31-01:78,000円
    増設用2TDマイクロフロッピィディスクドライブ。PC-88T31に実装。VA3には増設不可能。

但し、2TDという規格のFDの不透明さとメディアの価格から普及せずに終わった。

テレビ画面やビデオ画面とのスーパーインポーズ、ビデオデジタイズのためのボードは、拡張スロットに挿すだけでよくなり、内部結線は不要になりました。

  • PC-88VA-11K ビデオボード 39,800円
    PC-88VA2/3でテレビ画面やビデオ画面とのスーパーインポーズ、ビデオデジタイズを可能にするボード。専用スロット(Vスロット)に実装。PC-88VAでは使用不可能。

PC-88VAシリーズはこれで幕引き

PC-88VAにはシャープのX68000という強力なライバルがあり、ゲームユーザーは、68000系CPUを求めたという見方もある。実際にゲームやグラフィックスに使うのならX68000の方が強力である。

筆者はNECの自社製品であるPC-9801自体が競合製品となってしまったことが大きかったと考えている。PC-9800シリーズもゲームソフトが相当充実しているし、ゲームだけでなくビジネス(一太郎というキラーソフトもある)にも使えるのなら筆者はPC-9801の方を選ぶ。

PC-88VAシリーズはV2モード時における互換性が不十分なこと(英数テキスト文字がPC-9801に近い8×16ドット表示となり、CRTCはPC-8801mkIISR以降とは異なるため、この機能を利用するゲーム関係ソフトが動作しないという憂き目に遭った)、自社製品である8ビット機のPC-8801MAより10万円ほど高いという価格の問題もあり、思ったほど販売台数は伸びなかった。そのため専用のソフトが出揃うこともなく、結局PC-88VAシリーズはこのVA2/VA3で終了となった。それ以降PC-8800アーキテクチャはPC-98DOへと引き継がれていった。

PC-88VAシリーズの失敗から、NECはPC-9801にも低価格機を出してニーズに応えなければならなくなった。すでにNECとしてもそれについても認識していたようで、PC-9801UV11(PC-88VA2よりも3万円安い)という低価格機を出して8ビット機には引導を渡す決意をしていたようにも思える。

PC-9801ソフトを動かす試み

PC-88VAシリーズは名前は88とはいえ機能的には98に近く、98用のハードウェアやソフトウェアを88VA上で動かそうという試みが行われた。実際にソフトウェアでは一太郎やLotus1-2-3、ハードウェアではBMS、EMS、SCSIなどを動作させた強者ユーザーもいた。パソコン通信のPC-VANでは、そのためのパッチが有志により開発、配布され、一定の互換環境も有していた。

寸評:自社製品であるPC-9801と競合関係となり2年で幕引きに…

PC-88VAシリーズは自社製品であるPC-9801自体が競争相手という側面も大きかった。個人向けPCもPC-9801の圧勝という結果となり、PC-88VAシリーズは僅か2年で幕を引くこととなった。このことから、PC-8800シリーズ全体が斜陽の時代を迎えた。PC-8801だけでなく、8ビット機全体が終焉の時を迎えつつあったのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました