PC-9801BA2/BS2/BX2 Fellow3兄弟

「コストパフォーマンスが冴える98FELLOW。」

PC-9801BA/BXが発売されて1年も経たない内にまたモデルチェンジされ、BA2/BS2/BX2が発売されます。以前あったR/D/Fのシリーズと同じようにCPUの違いによりA/S/Xの型番がつけられています。

1993年11月発売。なお全機種キーボード/マウスコネクタとも後ろに移動しています。

PC-9801BA2/BS2/BX2スペック

  1. CPU
    BA2はi486DX2 66MHz(セカンドキャッシュ128KB内蔵可)。
    BS2はi486SX 33MHz。コプロセッサ使用可。
    BX2はi486SX 25MHz。コプロセッサ使用可。
    ※BS2/BX2はODP使用可。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB/システムセットアップメニュー32KB。計128KB
  3. メインRAM
    BA2/BS2/BX2/U7は3.6MB。
    BX2/U2、BX/M2は1.8MB。
    ※全機種とも19.6MBまで拡張可能。本体メモリ専用スロットに増設。
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)。キャラクタ単位に指定可
  7. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  8. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  9. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  10. 画面合成:テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  11. ファイルベイ:1個。2台目HDD、CD-ROMドライブ、5インチFDD、ミニカートリッジテープドライブのいずれか1台内蔵可能可(IDE、内部結線が必要) ※2台目HDD利用は1台目HDDが内蔵されていることが必要。5.25インチFDD利用には別途ケーブルセットが必要。
  12. 内蔵FDD:Mモデルは5.25インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。Uモデルは3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵(3モード対応)。HDD内蔵モデルは1台のみ(増設可)
  13. HDD:内蔵可(IDE) ※内蔵モデルはMS-DOS5.0Aインストール済み
  14. シリアルI/F:RS232C準拠
  15. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  16. マウスI/F:バスマウス対応
  17. CRT接続:アナログRGB
  18. サウンド:BEEP音のみ。FM音源等はオプション(拡張スロット内に実装)
  19. 拡張スロット:16ビットのCバス3個
  20. パワーマネージメント機能:あり(内蔵FDD/HDDモータ、省エネ対応モニタの制御)
  21. サービスコンセント:1個
  22. 電源:AC100V±10%、50/60Hz
  23. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  24. 外寸法:本体(W)380×(D)335×(H)150㎜。
    キーボード(W)439×(D)183×(H)31㎜
  25. 重量
    BA2/U2:7kg。BA2/U7:7.5kg。BA2/M2:7.8kg
    BS2/U2:7kg。BS2/U7:7.5kg。BS2/M2:7.8kg
    BX2/U2:7kg。BX2/U7:価7.5kg。BX2/M2:7.8kg
    キーボード約1.2Kg
  26. 主な添付品:キーボード、電源ケーブル、アース線、プリンタインタフェース変換アダプタ、サービス網一覧、保証書、お客様登録カード
  27. マニュアル:ガイドブック、ソフトウェアセットアップガイド
  28. 添付FD:デモンストレーションプログラム、MS-DOS5.0A-H他アップグレードディスク1及び2

※/U7モデルにはMS-DOS5.0A-Hユーザーズガイドを添付追加。またMS-DOS5.0A-H他アップグレードディスク1及び2のFDは付属しない。

BA2ではi486DX2の66MHzが採用されており、これは当時の486CPUでは最上位のCPUでした。BS2ではi486SX/33MHzが採用されており、ODP(オーバー・ドライブ・プロセッサ)を内蔵することでBA2と同等になります。BX2ではi486SX/25MHzが採用されています。メモリは14.6MBの壁が取り払われ、19.6MBまで内蔵可能としています。

PC-9801BA2

  1. PC-9801BA2/U2:3.5インチFDD×2台内蔵 HDDなし(内蔵可/IDE)。価格338,000円
  2. PC-9801BA2/U7:3.5インチFDD×1台内蔵 120MBHDD内蔵(IDE)。価格378,000円
  3. PC-9801BA2/M2:5.25インチFDD×2台内蔵 HDDなし(内蔵可/IDE)。価格352,000円

PC-9801BS2

  1. PC-9801BS2/U2:3.5インチFDD×2台内蔵 HDDなし(内蔵可/IDE)。価格238,000円
  2. PC-9801BS2/U7:3.5インチFDD×1台内蔵 120MBHDD内蔵(IDE)。価格278,000円
  3. PC-9801BS2/M2:5.25インチFDD×2台内蔵 HDDなし(内蔵可/IDE)。価格252,000円

PC-9801BX2

  1. PC-9801BX2/U2:3.5インチFDD×2台内蔵 HDDなし(内蔵可/IDE)。価格178,000円
  2. PC-9801BX2/U7:3.5インチFDD×1台内蔵 120MBHDD内蔵(IDE)。価格238,000円
  3. PC-9801BX2/M2:5.25インチFDD×2台内蔵 HDDなし(内蔵可/IDE)。価格192,000円

価格を見てみると、やはりMモデルの方が高く設定されており、ようやく3.5インチFDDへの移行が進み始めた、という感があります。なお、HDD搭載モデルはUモデルだけに設定され、3.5インチFDDが1台内蔵されていますが、要望があったのか、あとからもう一台内蔵できるように設計されています。HDD内蔵モデルはMS-DOS5.0Aインストール済みです。

仕様を見ると、3.5インチFDDモデルの方が価格が低くなっており、HDD内蔵モデルも3.5インチFDDモデルだけですから、5インチFDDの扱いが軽くなってきている感があります。ビデオアクセラレータやサウンドボードを拡張スロットに内蔵してWindows3.1を使えるとはいえ、基本的にはMS-DOSマシンです。なお、これをベースにしたPC-9821Bモデルが同時に発売され、迷う人もいたかと思います。

なお、BA2/BS2/BX2の三兄弟は長く続かず、翌年にはBA3/BX2が発売されます。

スポンサーリンク

あとがき
14.6MBの壁がなくなったとはいっても、最大19.6MBであり、Windowsアクセラレータのバスが16ビットのCバスなので、やはりMS-DOSベースが前提のマシンといえる。まだWindows3.1への移行はゆっくりしており進んでいなかった。
コメント
関連記事

コメントする