PC-9801BA3/BX3 CPUの変更が続いたFellow

「低価格宣言。98FELLOW。」

PC-9801の正統派の流れを汲むのはこの時点では「B」の型番がつくもので、MS-DOS主体に考えられたモデルです。但し、Windows3.1の利用が増えているためか、ビデオアクセラレータが実装済みのモデルも用意されています。

なお、「BS」の型番がついたモデルは型落ちしています。

スポンサーリンク

PC-9801BA3/BX3スペック

  1. CPU
    BA3 i486DX2 66MHz
    BX3 i486SX 25MHz
  2. ODP
    BA3はDX4(100MHz)相当使用可
    BX3はDX4(100MHz)相当 or i486DX2(66MHz)相当いずれか使用可
  3. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。システムセットアップメニュー32KB。 計128KB。
  4. メインRAM
    BA3/U2:3.6MB、BA3/U2/W:7.6MB
    BX3/U2:1.6MB、BX3/U2/W:5.6MB
  5. メインRAM増設
    全機種最大63.6MB。
    ※本体標準内蔵の増設RAMサブボード(2MBまたは4MB)を取り外し、増設RAMサブボード(32MB)を2枚実装した場合。増設RAMサブボードは異なる容量の混在可。
  6. ビデオRAM
    256KB。
  7. テキストRAM
    12KB。
  8. テキスト表示※MS-DOS時のみ可
    英数カナ80文字×25行/80文字×20行、漢字40文字×25行/40文字×20行。キャラクタ単位にアトリビュート設定可(リバース、ブレイク、シークレット、カラー8色)。
    グラフィック画面とは独立したコードリフレッシュ方式のテキスト画面表示サポート。
  9. グラフィックス表示※MS-DOS利用時のみ。
    640×400ドット2画面4096色中16色表示
    640×400/480ドット(1,677万色中256色)をMS-DOS6.2以降で表示可。
  10. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字、拡張漢字標準搭載
    ※MS-DOS利用時のみ
  11. 画面合成(MS-DOS利用時のみ)
    テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  12. バックグラウンドカラー(MS-DOS利用時のみ)
    8色表示可(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  13. ビデオアクセラレータ
    BA3/U2/WとBX3/U2/WにはCIRRUS LOGIC(R)社GD5428チップ搭載ウィンドウアクセラレータボードを汎用拡張スロットに実装済み。
    640×400ドット(1,677万色中256色または1,677万色)。
    640×480ドット(1,677万色中256色または1,677万色)。
    1,024×768ドット(1,677万色中256色)
    ※本体グラフィックス画面とテキスト画面との合成は不可
  14. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  15. シリアルI/F
    RS232C準拠
  16. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  17. マウスI/F
    バスマウス仕様。
    ※BA3/U2/W及びBX3/U2/WⅡは標準添付。
  18. 内蔵FDD
    3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵(3モード対応)。
  19. HDD:内蔵可(IDE)
    ※BA3/U2/WとBX3/U2/WにはMS-DOS6.2とWindows3.1インストール済み。
  20. ファイルベイ
    1個。2台目HDD、CD-ROMドライブ、5インチFDD、ミニカートリッジテープドライブのいずれか1台内蔵可能可(IDE、内部結線が必要)
    ※2台目HDD利用は1台目HDDが内蔵されていることが必要。5.25インチFDD利用には別途ケーブルセットが必要。
  21. CRT接続
    アナログRGB
  22. サウンド
    オプション(拡張スロット内に実装)
  23. 拡張スロット
    16ビットのCバス3個
    ※BA3/U2/WとBX3/U2/Wはビデオアクセラレータ実装済みのため空きは2個(取り外し可)
  24. パワーマネージメント機能
    あり(内蔵FDD/HDDモータ、省エネ対応モニタの制御)
  25. サービスコンセント
    1個
  26. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  27. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  28. 外寸法
    380(W)×380(D)×130(H)㎜ (ゴム足含む)
    キーボード 439(W)×183(D)×31(H)㎜ / 1.2kg
  29. 重量
    BA3/U2:約6.8Kg
    BA3/U2/W:約7.6Kg
    BX3/U2:約6.8Kg
    BX3/U2/W:約7.6Kg
    キーボード:439(W)×183(D)×31(H)㎜ / 1.2kg
  30. 主な添付品:キーボード、ガイドブック、アップグレードディスク、デモンストレーションプログラム、電源ケーブル、アース線、保証書
  31. 発売
    1995年1月

Windows3.1インストール済みモデルにはビデオアクセラレータ(NECはウィンドウアクセラレータと称した)が実装されていますが、16ビットのCバス仕様なので、ローカルバスやPCIバスには及びません。また、ようやくMS-DOS6.3が採用されたりしています。

ラインナップ

  1. PC-9801BA3/U2
    3.5インチFDD×2台。
    HDD内蔵可(IDE)。
    価格138,000円
  2. PC-9801BA3/U2/W
    3.5インチFDD×2台。
    HDD210MB内蔵(IDE)。
    価格198,000円
  3. PC-9801BX3/U2
    3.5インチFDD×2台。
    HDD内蔵可(IDE)。
    価格98,000円
  4. PC-9801BX3/U2/W
    3.5インチFDD×2台。
    HDD210MB内蔵(IDE)。
    価格163,000円

1年2ヶ月ぶりにモデルチェンジされていますが、CPUが早くなったことと、メモリが増えたくらいしか目に付くところはありません。技術的にはすでに飽和してきたといえます。

スポンサーリンク

あとがき
PC-9801はMS-DOS6.*採用が遅く、4.*に至っては採用さえしていない。Windows3.1インストール済みとはいえ、アクセラレータは16ビットのCバスに実装、なので、やはりMS-DOSベースでの利用が想定されていた、といえる。
コメント
関連記事

コメントする