PC-9801CS 98では何故か人気がなかったCRT一体型

「人に、オフィスに優しいディスプレイ一体型モデル」

以前にも一体型マシンとして、PC-9801CV21がありましたが、このマシンはその流れを汲むマシンです。設計が楽なのか、外部バス16ビットの386SXがここでも使われています。

初めてWindows3.0インストール済みモデルも設定され、標準搭載メモリも3.6Mに増量されています。

PC-9801デスクトップ機では唯一、アローラインが入っていないマシンでもありました。

PC-9801CSスペック

  1. CPU:i386SX(16MHz)
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:640KB。最大14.6MB(メモリ専用スロット12MB)
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. 外付けFDD用I/F:2HD
  12. マウスI/F
  13. CRT接続:アナログRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)。
  14. サウンド:FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ/BEEP音
  15. 拡張スロット:16ビットのCバス2個/拡張カードスロット1個(98NOTE互換)
  16. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。URはFDD1台とRAMドライブ1台装備。
  17. HDD:内蔵可能/内蔵モデルあり(SASI)

ラインナップ:

  1. PC-9801CS2:398,000円 1991年10月発売 メモリ640KB HDDなし(内蔵可)
  2. PC-9801CS5:548,000円 1991年10月発売 メモリ640KB 40MBHDD内蔵(SASI)
  3. PC-9801CS5/W:675,000円 1991年11月発売 メモリ3.6MB 80MBHDD内蔵(SASI) ※Windows3.0Aインストール済み

386SXは、本家PC-9801だけでなく、EPSON互換機にも多く採用されていました。

PC-9801では一体型マシンはあまり人気がなかったようで、このマシンもそれほどは売れていなかったようです。CRTが故障すると仕事に支障が出るせいもあるのでしょうか。

このマシンで特徴的だったのは、CS5/WモデルではWindows3.0をインストール済みとしていたことで、どんなOSか、体感できると思います。

あとがき
すでにアメリカでは386SX搭載機は見かけなくなり、486が普通に使われていた。日本では設計が楽なのか、インテルべったりな体質があるのか(その両方ということもありうる、とよいパソコン悪いパソコンで書かれていた)多くのマシンで採用されていたのが実情だったが、CPUパワーを必要とするソフトが徐々に増えてきていた以上、486に移行するべきだったといえる。
関連記事