PC-9801CS 98では何故か人気がなかったCRT一体型

「人に、オフィスに優しいディスプレイ一体型モデル」

以前にも一体型マシンとして、PC-9801CV21がありましたが、このマシンはその流れを汲むマシンです。設計が楽なのか、外部バス16ビットの386SXがここでも使われています。

初めてWindows3.0インストール済みモデルも設定され、標準搭載メモリも3.6Mに増量されています。

PC-9801デスクトップ機では唯一、アローラインが入っていないマシンでもありました。

PC-9801CSスペック

  1. CPU:i386SX(16MHz)
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:640KB。CS5/Wは3.6MB。
  4. メインメモリ増設:最大14.6MB(メモリ専用スロット12MB)
  5. ビデオRAM:256KB。
  6. テキストRAM:12KB。
  7. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)
    8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。キャラクタ単位に指定可)
  8. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  9. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  10. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  11. 画面合成:テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  12. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。
  13. 外付けFDD用I/F:2HD対応
  14. HDD:内蔵可能/内蔵モデルあり(SASI)
  15. シリアルI/F:RS232C準拠
  16. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  17. マウスI/F:バスマウス対応
  18. CRT接続:12インチアナログCRTを本体内蔵。
  19. サウンド:FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ/BEEP音
  20. 拡張スロット:16ビットのCバス2個/拡張カードスロット1個(98NOTE互換)
  21. サービスコンセント:2個
  22. 電源:AC100V±10%、50/60Hz
  23. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  24. 外寸
    本体 (W)380×(D)335×(H)128㎜。
    キーボード (W)435×(D)180×(H)34㎜
  25. 重量
    CS2:17.4kg。
    CS5:18.2kg。
    CS5/W:18.4kg。
    キーボード1.2kg。
  26. 主な添付品:キーボード、保証書、サービス網一覧表、お客様登録カード、グリーティングカード、輸出する際の注意事項、ケーブルラベル、電源ケーブル、アース線
  27. 添付FD4枚:N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連(システムディスク×3、PCトレーニングディスク1枚)
  28. 添付マニュアル:ガイドブック、N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連×3
  29. CS5/Wのみ追加添付品:インストールガイド、MS-DOS関連マニュアル×2冊、MS-WINDOWS関連マニュアル×4冊、ソフトウェアディスクセット(MS-DOSVer5.0×3枚、MS-WINDOWSVer3.0A×5枚

ラインナップ 1991年10月発売。※PC-9801CS5/Wは1991年11月発売

  1. PC-9801CS2:メモリ640KB 3.5インチFDD×2。HDDなし(内蔵可)価格398,000円
  2. PC-9801CS5:メモリ640KB 3.5インチFDD×2。40MBHDD内蔵(SASI)価格548,000円
  3. PC-9801CS5/W:メモリ3.6MB 3.5インチFDD×2。80MBHDD内蔵(SASI) 価格675,000円。※Windows3.0Aインストール済み

386SXは、本家PC-9801だけでなく、EPSON互換機にも多く採用されていました。

PC-9801では一体型マシンはあまり人気がなかったようで、このマシンもそれほどは売れていなかったようです。CRTが故障すると仕事に支障が出るせいもあるのでしょうか。

このマシンで特徴的だったのは、CS5/WモデルではWindows3.0をインストール済みとしていたことで、どんなOSか、体感できると思います。

スポンサーリンク

あとがき
すでにアメリカでは386SX搭載機は見かけなくなり、486が普通に使われていた。日本では設計が楽なのか、インテルべったりな体質があるのか(その両方ということもありうる、とよいパソコン悪いパソコンで書かれていた)多くのマシンで採用されていたのが実情だったが、CPUパワーを必要とするソフトが徐々に増えてきていた以上、486に移行するべきだったといえる。
コメント
関連記事

コメントする