PC-9801CV21

「カラーCRTディスプレイ内蔵のワンボックス16ビット」

1988/03発売発売のCV21というマシンは、CRTと一体型のトランス・ポータブルも狙ったマシンでデザインは当時のマッキントッシュを彷彿させます。

一般の人には関係のないことかもしれないですが、CV21の数値演算プロセッサは専用のものを組み込む必要があるので、購入時に注意が必要です。

PC-9801CV21スペック

  1. CPU:V30を8MHz/10MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:640KB。最大6.6MB
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  7. アナログRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載(テキスト/グラフィックス画面に表示)
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. 8インチFDD外付け用I/F:オプション
  12. 外付けFDD用I/F:2HD
  13. マウスI/F:あり
  14. カセット(CMT):オプション、拡張スロット内に実装(300ボー/1200ボー)
  15. CRT接続:10インチCRT内蔵(外付け不可)。
  16. サウンド:FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ/BEEP音
  17. 拡張スロット:16ビットのCバス2個
  18. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD自動両用FDDを2台内蔵。
  19. HDD:外付け可(I/Fボード別売、拡張スロット内に実装)
  20. 外寸法:本体(W)280×(D)430×(H)335㎜ 13.8kg キーボード(W)435×(D)180×(H)34㎜ 1.2kg
  21. 主な添付品:ガイドブック、ハードウェアマニュアル、N88-日本語BASIC(86)ユーザーズマニュアル、N88-日本語BASIC(86)リファレンスマニュアル・N88-日本語BASIC(86)プログラミング入門、N88-日本語BASIC(86)リファレンスブック、キーボード、アース線、電源 ケーブル、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、グリーティングカード、N88-日本語BASIC(86)システムディスク、 ユーティリティプログラムディスク、PCトレーニングディスク、未使用フロッピー1枚

ラインナップ

  1. PC-9801CV21:355,000円

CV21 は本体とディスプレイが一体型のため外部RGB出力はありません。ディスプレイは10インチCRTが組み込まれています。こういう毛色の変わったマシンが 発売されるのはPC-9801の設計が行き詰まってきていることを示しているかのようでした。

スポンサーリンク

あとがき
このマシンを買うよりは、UV11を選んだ方がCRTをサードパーティ製のものから選ぶこともできるし、CRTが故障しても代替ディスプレイを使えるので仕事に差し支えなく済む。単に形のおもしろさを狙った(?)このマシンよりUV11の方をおすすめしておきたい。
関連記事