PC-9801DA ※1991/1発売~PC-H98に遠慮してCPUは足踏み状態

「ビジネスをさらに進化させる、価値ある32ビットデスクトップ98」※DA

DAはRAのモデルチェンジ機で、386DX搭載機では初めて3.5インチFDD内蔵モデルが設定された。3.5インチFDD内蔵モデルは/Uの型番がついて区別されている。V30の搭載は終了し、歴史的なV30にも終わりが来たことを伺わせるのがこのマシンで、386DXがV30をエミュレーションするモードが代わりに搭載された。

この他では、FM音源/SSG音源が標準装備されたこと、従来のディプスイッチに代わって、ソフトウェアディップスイッチ(現在のBIOS設定画面のようなもの)が搭載された。CPUスペックは386DX 20MHzのままで変更がなく足踏み状態だ。

スポンサーリンク

PC-9801DAスペック

  1. CPU
    i386DXを20/16MHzで稼働。
    ※V30エミュレーションモードあり。8MHz相当。
    ※切り換えて稼働。
    コプロセッサ使用可。
  2. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    1.6MB。
  4. メインRAM増設
    14.6MBまで拡張可能。本体メモリ専用スロット12MB。
  5. ビデオRAM
    256KB。
  6. テキストRAM
    12KB。
  7. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。キャラクタ単位に指定可)
  8. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  9. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  10. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  11. 画面合成
    テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  12. バックグラウンドカラー
    8色表示可(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  13. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。Uモデルは3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。
  14. 外付けFDD用I/F
    2HD接続可
  15. HDD
    内蔵可(SASI/SCSI)※内蔵済みモデルあり
  16. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  17. シリアルI/F
    RS232C準拠
  18. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  19. マウスI/F
    バスマウス仕様
  20. CRT接続
    アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ
  21. サウンド
    FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ。外部オーディオ端子付き
  22. 拡張スロット
    16ビットのCバス4個
  23. サービスコンセント
    2個
  24. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  25. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  26. 外寸
    本体 (W)380×(D)335×(H)150㎜。
    キーボード (W)435×(D)180×(H)34㎜
  27. 重量
    DA2:9.3kg。DA/U2:7.8kg。DA5:10.8kg。DA/U5:9.2kg。DA7:11.0kg。DA/U7:9.4kg。
    キーボード1.2kg。
  28. 主な添付品
    キーボード、電源ケーブル、アース線、保証書、グリーティングカード、お客様登録カード、ケーブルラベル、ケーブルカバー、サービス網一覧表
  29. 添付FD
    N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連(システムディスク、辞書ディスク(1)、辞書ディスク(2)、PCトレーニングディスク
  30. 添付マニュアル
    N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連3(ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、BASIC入門)、ガイドブック、日本語入力ガイド、
  31. 発売
    1991/1

EPSON互換機では386DX 33MHzのものがラインナップされており、本家NECもクロックアップして良さそうなものだが、据え置きの20MHzのままである。

DAモデルには、SCSI仕様の100MBHDD内蔵モデルが設定された。Dシリーズでは全てのモデルにSCSI仕様のHDDを内蔵することができる。従来のSASI仕様も取り付け可能。

なお、筐体はRシリーズのものが流用されているが、内蔵メモリボードの互換性がないので、流用不可。また、デジタルRGB端子とモノクロディスプレイ端子は共用となった。

PC-9801DAラインナップ

  1. PC-9801DA2
    5.25インチFDD×2台
    HDDなし(内蔵可)
    価格448,000円
  2. PC-9801DA/U2
    3.5インチFDD×2台
    HDDなし(内蔵可)
    価格448,000円
  3. PC-9801DA5
    5.25インチFDD×2台
    HDD40MB内蔵(SASI)
    価格598,000円
  4. PC-9801DA/U5
    3.5インチFDD×2台
    HDD40MB内蔵(SASI)
    価格598,000円
  5. PC-9801DA7
    5.25インチFDD×2台
    HDD100MB内蔵(SCSI)
    価格698,000円
  6. PC-9801DA/U7
    3.5インチFDD×2台
    HDD100MB内蔵(SCSI)
    価格698,000円

ソフトウェアディプスイッチ

従来ディプスイッチで行っていた設定を画面上に出したもの。3個あるうち、滅多に使われない1個を除いてソフトウェア化された。

FM音源/SSG音源

5インチFDD/3.5インチFDD内蔵モデルに関係なく標準装備。主にゲーム用なのでEMSメモリ使用時などは設定画面で切り離すことができる。

V30エミュレーション

V30を搭載するのをやめて、386/286がエミュレーションする。もっとも、V30に特化したソフトは実質なかったので、あまり利用されることはなかった。

EPSON互換機には386DX 33MHz機がラインナップされているし、本来ならDAも386DX 25MHzまでクロックを上げてもよいはずだが、据え置きのままとなった。そうしなかったのは、NECは当時PC-H98を次世代98として売り出しており、それよりCPUを向上させないためというのがもっぱらの噂だった。しかし当時386DX 25MHzを搭載したPC-H98 model60/U60は価格が835,000円(HDDオプションモデル)と高価で、これを買うならDAを2台買った方がずっと得だろう。そういうわけで、PC-H98シリーズが購入候補に挙がることは企業でもほとんどなかった。

1990年末に日本IBMがDOS/Vを発表したが、当時はまだ各社共日本IBMの本気度を見ている、という状況だった。当時まだ日本ではどのパソコンが主流になるかということは話題にもならなかった。ということで買って損はない。

寸評:386DXマシンの完成型。

PC-9801DAが登場したが、これまでCPUを順調に向上させてきたのにCPUは足踏み状態、FM音源の標準化、ディップスイッチのソフト化、という実質マイナーチェンジに終わっている。最先端技術を行く98、というイメージが崩れてしまったのはこのシリーズからだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました