PC-9801DA/DS/DX 内蔵FDDでのシリーズ分けがなくなる

「ビジネスをさらに進化させる、価値ある32ビットデスクトップ98」※DA

「知的オフィスにエントリー、経済性に応える32ビットデスクトップ98」※DS

「幅広い業務のニーズに応えるデスクトップ98のスタンダードモデル」※DX

歴史的なV30にも終わりが来たことを伺わせるのがこのマシンですが、同時に内蔵FDDの違いだけで型番が変わったりリリースが遅れるといったことがなくなったのがこのシリーズです。DAはRA、DSはRS/ES、DXはRX/EXのモデルチェンジ機で、3.5インチFDD内蔵モデルには/Uの型番がついて区別されることとなりました。

この他では、FM音源/SSG音源が標準装備されたこと、ソフトウェアディプスイッチの装備があります。CPUスペックはどれも変更がなく足踏み状態です。先にDXが発売され、追ってDA/DSが発売されました。

PC-9801DA/DS/DXスペック

  1. CPU
    DA:i386DXを20/16MHzで稼働。
    DS:i386SXを16MHzで稼働。
    DX:i286を10/12MHzで稼働。
    ※V30エミュレーションモードあり。8MHz相当。
    ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    DA:1.6MB。
    DS/DX:640KB。
  4. メインRAM増設:全機種とも14.6MBまで拡張可能。本体メモリ専用スロット12MB。
  5. ビデオRAM:256KB。
  6. テキストRAM:12KB。
  7. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。キャラクタ単位に指定可)
  8. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  9. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  10. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  11. 画面合成:テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  12. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。Uモデルは3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。
  13. 外付けFDD用I/F:2HD
  14. HDD:内蔵可(SASI/SCSI)※内蔵済みモデルあり
  15. シリアルI/F:RS232C準拠
  16. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  17. マウスI/F:バスマウス仕様
  18. CRT接続アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ
  19. サウンド:FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ標準装備/BEEP音
  20. 拡張スロット:16ビットのCバス4個
  21. サービスコンセント:2個
  22. 電源:AC100V±10%、50/60Hz
  23. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  24. 外寸
    本体 (W)380×(D)335×(H)150㎜。
    キーボード (W)435×(D)180×(H)34㎜
  25. 重量
    DA2:9.3kg。DA/U2:7.8kg。DA5:10.8kg。DA/U5:9.2kg。DA7:11.0kg。DA/U7:9.4kg。
    DS2:9.4kg。DS/U2:7.8kg。DS5:10.8kg。DS/U5:9.2kg。
    DX2:9.3kg。DX/U2:8.3kg。DX5:10.7kg。DX/U5:9.7kg。
    キーボード1.2kg。
  26. 主な添付品:キーボード、電源ケーブル、アース線、保証書、グリーティングカード、お客様登録カード、ケーブルラベル、ケーブルカバー、サービス網一覧表
  27. 添付FD:N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連(システムディスク、辞書ディスク(1)、辞書ディスク(2)、PCトレーニングディスク
  28. 添付マニュアル:N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連3(ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、BASIC入門)、ガイドブック、日本語入力ガイド、
  29. 1989/10発売
  30. 主な添付品:キーボード、保証書、サービス網一覧表、お客様登録カード、グリーティングカード、ケーブルラベル、電源ケーブル、アース線
  31. 添付FD4枚:N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連(システムディスク、辞書ディスク1、辞書ディスク2、PCトレーニングディスク
  32. 添付マニュアル:N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連3(ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、BASIC入門)、ガイドブック、日本語入力ガイド、ハードウェアマニュアル
  33. 1989/5発売

ちょうどMS-Windows3.0日本語版がリリースされたばかりということもあり、DA/DSがよく出ていたようです。

DAモデルには、SCSI仕様の100MBHDD内蔵モデルが登場しましたが、Dシリーズでは全てのモデルにSCSI仕様のHDDを内蔵することができます。従来のSASI仕様も取り付け可能です。

なお、筐体はRシリーズのものが流用されていますが、内蔵メモリボードの互換性がないので、流用はできません。また、デジタルRGB端子とモノクロディスプレイ端子は共用となりました。

PC-9801DA 1991年1月発売

  1. PC-9801DA2:5.25インチFDD×2台 HDDなし(内蔵可)価格448,000円
  2. PC-9801DA/U2:3.5インチFDD×2台 HDDなし(内蔵可)価格448,000円
  3. PC-9801DA5:5.25インチFDD×2台 HDD40MB内蔵(SASI)価格598,000円
  4. PC-9801DA/U5:3.5インチFDD×2台 HDD40MB内蔵(SASI)価格598,000円
  5. PC-9801DA7:5.25インチFDD×2台 HDD100MB内蔵(SCSI)価格698,000円
  6. PC-9801DA/U7:3.5インチFDD×2台 HDD100MB内蔵(SCSI)価格698,000円

PC-9801DS 1991年1月発売

  1. PC-9801DS2:5.25インチFDD×2台 HDDなし(内蔵可)価格358,000円
  2. PC-9801DS/U2:3.5インチFDD×2台 HDDなし(内蔵可)価格358,000円
  3. PC-9801DS5:5.25インチFDD×2台 HDD40MB内蔵(SASI)価格508,000円
  4. PC-9801DS/U5:3.5インチFDD×2台 HDD40MB内蔵(SASI)価格508,000円

PC-9801DX 1990年11月発売

  1. PC-9801DX2:5.25インチFDD×2台 HDDなし(内蔵可)価格318,000円
  2. PC-9801DX/U2:3.5インチFDD×2台 HDDなし(内蔵可)価格318,000円
  3. PC-9801DX5:5.25インチFDD×2台 HDD40MB内蔵(SASI)価格468,000円
  4. PC-9801DX/U5:3.5インチFDD×2台 HDD40MB内蔵(SASI)価格468,000円

ソフトウェアディプスイッチ

従来ディプスイッチで行っていた設定を画面上に出したもの。3個あるうち、滅多に使われない1個を除いてソフトウェア化された。

FM音源/SSG音源

5インチFDD/3.5インチFDD内蔵モデルに関係なく標準装備。主にゲーム用なのでEMSメモリ使用時などは設定画面で切り離すことができる。

V30エミュレーション

V30を搭載するのをやめて、386/286がエミュレーションする。もっとも、V30に特化したソフトは実質なかったので、あまり利用されることはなかった。

当時話題になっていたMS-Windows3.0は結構面白いOSですが、まだ専用ソフトがあまりなかったので、MS-DOSとEMSの組み合わせ利用がまだ多かったせいもあるのでしょうか。DSモデルはまがりなりにも32ビット機であり、このマシンを選択するユーザーはWindows3.0を意識しているはずですから、本来DAと同じ1.6MBのメモリを標準搭載とするべきでした。

スポンサーリンク

あとがき
1990年は日本IBMがDOS/V規格を発表した時期であるが、NECは別段危機感もないまま、新製品として発売したような感がある。どれもCPUが足踏み状態なのはその表れである。本来DAは386DX 25MHz、DSは386SX 20MHz(メモリはDAと同じ1.6MB標準装備)として出すべきだったかと思う。
コメント
関連記事

コメントする