PC-9801E ※1983/11発売

「ビジネスをはじめ、あらゆる分野で実力を発揮」

初代PC-9801が発売されて1年後にモデルチェンジされたのがPC-9801EとFで、このうちEモデルはFDDを内蔵していないモデルである。基本的には外付けFDDを利用することを前提としており、1MB FDD I/Fと2D FDD I/Fを内蔵している。漢字ROMもオプションのままである。

スポンサーリンク

PC-9801Eスペック

PC-9801Eカタログ
  1. CPU
    μPD8086(i8086互換) 5/8MHz
    ※切り替えて使用。
  2. コプロセッサ
    使用可
  3. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB
  4. メインRAM
    128KB。最大680KB。
    ※拡張スロット内増設可。
  5. VRAM
    192KB
  6. テキストRAM
    12KB
  7. テキスト表示
    80文字×25行、80文字×20行 40文字×25行、40文字×20行
    ※上記のいずれかを選択可
    文字及びグラフィック記号(248種)
    キャラクタ単位にアトリビュート設定可。リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)。
  8. カラーグラフィックス表示
    640×400ドット時2画面
    640×200ドット時4画面
    ※8色表示(専用高解像度ディスプレイ接続時)
  9. モノクログラフィックス表示
    640×400ドット時8画面
    640×200ドット時16画面
    (専用高解像度ディスプレイ接続時)
  10. 画面合成
    テキスト画面/グラフィックス画面合成時優先順位設定可
  11. バックグラウンドカラー
    8色指定可(専用高解像度ディスプレイ接続時)
  12. 日本語表示
    文字構成:16×16ドットゴシック体。
    テキスト画面/グラフィックス画面どちらにも表示可
    JIS第一水準2,965種、非漢字885種(オプション)
    JIS第2水準漢字3,384種(オプション)
    拡張漢字388種(オプション)
  13. ユーザー定義文字188種設定可。
    画面構成:40文字×20行
  14. ビデオ出力
    RGBセパレート信号出力(TTLインタフェース、カラー)
    コンポジットビデオ信号出力(輝度変調、モノクロ)※ライトペン接続可
    家庭用テレビ出力可(別売TVアダプタ経由)
  15. キーボード(スカルプチャータイプ)
    JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、10ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  16. FDD外付け可
    1MB FDD I/F標準装備(PC-9881/8881用)
    320KB FDD I/F標準装備(PC-80S31用)
  17. HDD
    接続可(I/Fボード別売)
  18. プリンタI/F
    8ビットパラレルインタフェース。セントロニクス社仕様準拠
  19. シリアルI/F
    RS-232C準拠
  20. マウスI/F
    オプション
  21. カセットI/F
    オプション、拡張スロットに内蔵(PC-9801-13)
  22. サウンド機能
    オプション
  23. 拡張スロット
    6個(16ビットのCバス仕様)
  24. カレンダ時計
    電池によるバックアップ
  25. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  26. サービスコンセント
    2個
  27. 温湿度条件
    10~35℃、20~80%(但し結露しないこと)
  28. 外形寸法
    本体:420(W)×345(D)×125(H)㎜
    キーボード:470(W)×195(D)×38(H)㎜
  29. 重量
    本体:7.5kg
    キーボード:1.6kg
  30. 消費電力
    100W(最大120W)
  31. 添付品
    ユーザーズマニュアル、N88-BASIC(86)リファレンスマニュアル、N88-BASIC(86)リファレンスブック、モノクロディスプレイケーブル、お客様登録カード、サービス網一覧、保証書
  32. 発売年
    1983/11
  33. 本体標準価格
    215,000円

基本的にはFDDを外付けすることが前提なので、当時普通に使われていた8インチFDDを接続して使うのが標準だった。拡張スロットにカセットI/Fを搭載することも出来るが、このような使い方をする人はまずいないだろう。

2DのFDDはPC-8801で普通に使われていたFDDの容量だが、16ビット機で使うには容量不足なのは明らかである。

日本語処理をするのには別途漢字ROMボードを拡張スロットに搭載する。

  1. PC-9801-10:JIS第一水準漢字と非漢字2,965種、非漢字885種のROM。拡張スロットに内蔵。
  2. PC-9801-12K:JIS第二水準漢字3,384種ROMチップ。PC-9801-10が必要。
  3. PC-9801-18:JIS第一、第二に含まれない388種のROMチップ。PC-9801-10が必要。

結論

すでに8インチFDDを持っている人はこれを選択し、漢字ROMを搭載しメインメモリを増設し256KBにしておけば当時のどんなアプリにも対応できただろう。

(Visited 3 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました