PC-9801EX/ES 3.5インチエントリーモデル

「高速32ビットCPUでパワー増強。実力の3.5インチデスクトップ98。」※ES

「多彩に使いこなせる3.5インチデスクトップ98。」※EX

PC-9801EXはPC-9801USの後継機、PC-9801ESはi386SX搭載マシンです。

内蔵FDDの違いだけで半年以上もリリースが遅れるという不思議なことが続いていました。

PC-9801ES/EXスペック

  1. CPU:ESはi386SXを16MHzで稼働。EXはi286 10/12MHzで稼働。ES/EX共V30 8MHzを搭載。 ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:ESは1.6MB。EXは640KB。ESは最大10.6MB、EXは最大9.6MBまで増設可能(本体内専用スロット3MBまで)
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  7. アナログRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. デジタルRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット4画面8色表示/640×200ドット8画面8色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  9. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  10. シリアルI/F:RS232C
  11. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  12. 外付けFDD用I/F:2HD
  13. マウスI/F
  14. カセット(CMT):オプション、拡張スロット内に実装(300ボー/1200ボー)
  15. CRT接続アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  16. サウンド:FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ(EXは標準装備。ESはオプション、拡張スロット内に実装)/BEEP音
  17. 拡張スロット16ビットのCバス3個
  18. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  19. HDD:内蔵可能 ※ES5/EX4はHDDを内蔵済み(SASI)

ラインナップ 1989/5発売

  1. PC-9801EX2:348,000円 HDDなし(内蔵可)
  2. PC-9801EX4:488,000円 内蔵HDD20MB(SASI)
  3. PC-9801ES2:448,000円 HDDなし(内蔵可)
  4. PC-9801ES5:638,000円 内蔵HDD40MB(SASI)

EXでは、RXと同様にCPUのクロック周波数が向上しています。

ESで採用されたi386SXは、内部処理は32ビットながらデータパスは16ビットのまま、またアドレスパスは24ビットとなっており、i386が完全32ビットなのに比べると大幅に劣っています(命令セットは同じ)。コストダウンのために採用されたのでしょうが、RAとの価格差は5万円ほどです。

EXではFM音源が引き続き標準搭載されていますが、ESでは何故かオプションになっています。

5インチFDD搭載モデルに比べ、3.5インチFDDモデルは安い、というのが特徴でしたが、半年後に登場するRA/RS/RXでこの原則が壊れています。RX21とEX2では1万円RX21の方が安く、またRS21とES2では5万円もRS21の方が安く設定されています。

この矛盾は、1990年10月に登場するDシリーズで解消されることになります。

あとがき
価格は初代RA/RXに対して設定されていたので、RA/RS/RX三兄弟よりも高くなっていた(実売価格は不明)。3.5インチFDDモデルはE型番になったが、その後再度U型番に戻るのも早かった。
関連記事