PC-9801F 2DDのFDでは性能がアンバランス

「パワフルに、より身近に - PC-9801F」PC-9801F1/F2

「高度なアプリケーションをつつみ込んで、さらに可能性はひろがる。」PC-9801F3

PC-9801が登場して1年後の1983年11月にはモデルチェンジが行われ、EモデルとFモデルが登場した。F型番機は2DDのFDDを搭載したもので、F1/F2/F3がラインされた。

ビデオRAM(VRAM)が2倍に増えて192KBに増設された。これにより、グラフィックスの画面数が倍に増えたが、以降対応ソフトウェアは初代機非対応のものが多くなった。PC-9801用ソフトがよく無印/U2を除くと書かれているのはこのためだ。

PC-9801Fのスペック

  1. CPU
    8086-2を5MHz/8MHz切り換えて稼働。
    ※コプロセッサPC-9801-62(8087)使用可
  2. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    128KB。最大640KBまで拡張可。
  4. ビデオRAM
    192KB。
  5. テキストRAM
    12KB。
  6. テキスト表示
    80文字×25行、80文字×20行、40文字×25行、40文字×20行※いずれかを選択可。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)。※キャラクタ単位に指定可。
  7. カラーグラフィックス表示(専用高解像度ディスプレイ使用時)
    640×400ドット2画面8色表示
    640×200ドット4画面8色表示
    ※いずれか選択。デジタルRGBディスプレイ接続時
  8. モノクログラフィックス表示
    640×400ドット16画面
    640×200ドット8画面
    ※いずれか選択
  9. 画面合成
    可(グラフィック、テキスト優先順位設定可)
  10. 漢字表示文字構成
    文字構成:16×16ドット
    文字種類:JIS第一水準漢字2965種、JIS第二水準漢字3384種、非漢字885種、拡張漢字388字、ユーザー定義文字188種
    画面構成40文字×20行
    ※JIS第一水準漢字標準装備。
    ※JIS第二水準漢字(PC-9801-12)、拡張漢字(PC-9801-18)はオプション
  11. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、10ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  12. シリアルI/F
    RS232C仕様準拠
  13. プリンタI/F
    パラレルI/F。セントロニクス社仕様準拠
  14. マウスI/F
    バスマウス仕様。オプション(拡張スロット内に実装)
  15. 内蔵FDD
    2DD仕様を内蔵。
    F1:1台内蔵。最大2台内蔵可
    F2:2台内蔵
    F3:1台内蔵。増設不可
  16. 外付けFDD外付け用I/F
    2DD FD対応。
  17. 8インチFD I/F
    オプション
  18. HDD
    オプション(外付け、I/Fボード別売)。
    F3には10MB内蔵済み(SASI。外付け用増設コネクタ付き)
  19. カセット(CMT)
    拡張スロット内実装オプション(300ボー/1200ボー)
  20. CRT接続
    デジタルCRT/モノクロディスプレイ
  21. ライトペン
    PC-8045K相当品使用可
  22. サウンド
    オプション
  23. 拡張スロット
    16ビットのCバス6個。
  24. カレンダ時計
    月、日、時、分、秒。NiCd電池でバックアップ
  25. サービスコンセント
    2個
  26. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  27. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  28. 外寸法
    本体:(W)420×(D)345×(H)150㎜
    キーボード(W)470×(D)195×(H)38㎜ 1.6kg
  29. 重量
    PC-9801F1:9.4kg。
    PC-9801F2:9.4kg。
    PC-9801F3:10.9kg。
    キーボード:1.6kg
  30. 主な添付品:キーボード、電源ケーブル、マニュアル、保証書、お客様登録カード他

※当時のNECでは、ハードディスク(HDD)を固定ディスク装置と呼んでいた。

F型番機は2DDのフロッピードライブを内蔵するモデルで、1台組み込みのF1、2台組み込みのF2 で、F1には追加できるように組み込み用ドライブが用意されている。また、Fは第一水準漢字ROM標準搭載となり、拡張スロットは4個搭載されている。F型番機にはハードディスク内蔵モデルのF3もあり、ハードディスク1台とFDD1台が搭載されている(FDDの増設は不可)。

拡張スロットは、F1/F2モデルは4個、F3モデルは3個となっていた。

ラインナップ

  1. PC-9801F1:5.25インチFDD×1台内蔵、もう1台増設可能。1983/10発売。価格328,000円。
  2. PC-9801F2:5.25インチFDD×2台内蔵。1983/10発売。価格398,000円。
  3. PC-9801F3:5.25インチFDD×FDD1台と10MBのHDD1台内蔵。1984/10発売。価格758,000円

F1/F2は1983年、F3は1984年に発売された。ビジネスからホビーまで使いたい人にお勧めといえる。当時としては珍しいFDD搭載モデルであり、価格も当時としては手軽だったこともあって、爆発的に売れ、買って損しないパソコン、とまで評価されたことがある。

寸評:平均点主義で成功。

スポンサーリンク

あとがき
発売1年経過すると、FDDの容量が2DDのため市販ソフトの辞書が収まりきれなくなったこと、またメモリも128KBでは使い物にならず、購入後すぐに増設しなければならなくなった。また、F3は2DDのFDDと10MBのHDDの組み合わせでアンバランスだった。もう一つ上のMシリーズを考えた方が良い時期になったともいえる。
コメント
関連記事

コメントする