PC-9801FA/FS/FX 実売価格の下がった主力機

「i486SX、ファイルスロット採用、これが次の主流を行くハイスタンダードマシン」※FA

「ビジネスの発展にフレキシブルに対応する、中核モデル」※FS

「拡張性と経済性を追求した、32ビットデスクトップマシン」※FX

前年にDA/DS/DXが発売されて1年後には早くもモデルチェンジされてFA/FS/FXが登場します。これまでの例から、「DA21」というふうになるのではないかと予想されていましたが、型番がFに変わりました。Fの意味はファイルスロットの意味か、若しくはファースト(早い)の意味と思います。NECは「速さは力」とPRしていたので、案外ファーストの意味だったのかもしれません。F型番は以前にも使われていたのが再使用されました。

筐体は作り直され、前面パネルのデザインが少し変わりました。FAで採用された486SXというのは486DXからコプロセッサ機能を省略したものです。487SXをコプロセッサソケットに挿入すると486SXは動作を停止し、すべて487SXが動作します。487SXは中身は486DXそのもので、変種の486DXと考えれば良いです。

なお、FAは1992/1(FA2は1992/2)発売、FS/FXは1992/5発売です。

PC-9801FA/FS/FXスペック

  1. CPU
    FA:i486SX 16MHz
    FS:i386SX 20MHz
    FX:i386SX 12MHz
    ※V30エミュレーションモードあり。8MHz相当
    ※切り換えて稼働。
  2. コプロセッサ:使用可。FAは487SX、FS/FXは387SXを使用。
  3. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  4. メインRAM:1.6MB。
  5. メインRAM増設:全機種とも14.6MBまで拡張可能。本体メモリ専用スロット12MB。
  6. ビデオRAM:256KB。
  7. テキストRAM:12KB。
  8. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)
    8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。キャラクタ単位に指定可)
  9. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  10. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  11. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  12. 画面合成:テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  13. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。Uモデルは3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。
  14. HDD:内蔵可、SCSI I/Fが必要。※内蔵済みモデルあり
  15. 外付けFDD用I/F:2HD
  16. ファイルスロット:1個。SCSI仕様の機器を内蔵可。
  17. SCSI I/F:オプション、内蔵HDD実装時及び、ファイルスロット対応機器実装時に必要(増設コネクタあり)※専用スロットに実装。HDD搭載済みモデルは標準搭載
  18. シリアルI/F:RS232C準拠
  19. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  20. マウスI/F:バスマウス対応
  21. CRT接続アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ
  22. サウンド:FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ標準装備/BEEP音
  23. 拡張スロット:16ビットのCバス4個
  24. サービスコンセント:2個
  25. 電源:AC100V±10%、50/60Hz
  26. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  27. 外寸:(W)380×(D)335×(H)150㎜。キーボード 439(W)×183(D)×31(H)㎜
  28. 重量
    FA2:9.7kg、FA/U2:9.7kg、FA5:10.7kg、FA/U5:10kg、FA7:10.7kg、FA/U7:10.0kg
    FS2:9.4kg、FS/U2:8.6kg、FS5:10.4kg、FS/U5:9.6kg、FS7:10.4kg、FS/U7:9.6kg
    FX2:9.4kg、FX/U2:8.6kg、FX5:10.4kg、FX/U5:9.6kg
    キーボード:約1.2kg
  29. 主な添付品:キーボード、電源ケーブル、アース線、ケーブルラベル、保証書、グリーティングカード、お客様登録カ-ド、サービス網一覧表
  30. マニュアル:ガイドブック、N88ーBASICガイド
  31. FD:98トレーニングディスク

PC-9801FA/FS/FXラインナップ

PC-9801FA ※1992年1月発売。FA2は1992年2月発売

  1. PC-9801FA2:5.25インチ×FDD2台。HDDなし(内蔵可/SCSI)。価格458,000円
  2. PC-9801FA/U2:3.5インチ×FDD2台。HDDなし(内蔵可/SCSI)。価格458,000円
  3. PC-9801FA5:5.25インチ×FDD2台。40MBHDD内蔵(SCSI)。価格578,000円。
  4. PC-9801FA/U5:3.5インチ×2台。40MBHDD内蔵(SCSI)。価格578,000円。
  5. PC-9801FA7:5.25インチ×2台。100MBHDD内蔵(SCSI)。価格648,000円。
  6. PC-9801FA/U7:3.5インチ×2台。100MBHDD内蔵(SCSI)。価格648,000円。

PC-9801FS ※1992年5月発売

  1. PC-9801FS2:5.25インチFDD×2台。 HDDなし(内蔵可/SCSI)。価格348,000円
  2. PC-9801FS/U2:3.5インチ×FDD2台。HDDなし(内蔵可/SCSI)。価格348,000円
  3. PC-9801FS5:5.25インチ×FDD2台。40MBHDD内蔵(SCSI)。価格468,000円
  4. PC-9801FS/U5:3.5インチ×FDD2台。40MBHDD内蔵(SCSI)。価格468,000円
  5. PC-9801FS7:5.25インチ×FDD2台。100MBHDD内蔵(SCSI)。価格538,000円
  6. PC-9801FS/U7:3.5インチ×FDD2台。100MBHDD内蔵(SCSI)。価格538,000円

PC-9801FX ※1992年5月発売

  1. PC-9801FX2:5.25インチ×FDD2台。HDDなし(内蔵可/SCSI)。価格278,000円
  2. PC-9801FX/U2:3.5インチ×FDD2台。HDDなし(内蔵可/SCSI)。価格278,000円
  3. PC-9801FX5:5.25インチ×FDD2台。40MBHDD内蔵(SCSI)。価格398,000円
  4. PC-9801FX/U5:3.5インチ×FDD2台。40MBHDD内蔵(SCSI)。価格398,000円

PC- 9801FAはi486SXの16MHzを採用しましたが、互換機メーカーのエプソンではこれより安い値段で出していたし、同価格帯でi486SX 20MHzのものもありましたので、ハードスペックの割に高額な印象が否めませんでした。その割にはよく売れていました。当時Oh!PCの「PC- 9801FAは買いだ!」という記事の影響もあったのでしょうか。

FAの処理速度は、DAと比べると体感は1.6倍程度でしょうか。

デジタルRGB端子とモノクロディスプレイ端子は共用。

FS/FXはi386SXで、FSは20MHz、FXは12MHzです。これで、全機種32ビット化されたとはいえ、生まれるのが1年遅かった印象があります。

オプション

  1. PC-9801FA-02:SCSIインタフェースボード。内蔵HDDやファイルスロット機器増設に必要。専用スロットに実装。PC-9821Aシリーズでも使用可。

機器の内部増設が簡単になった

増設メモリやHDDの取り付けは、本体カバーを開けずに、前面パネルを外せばすぐできるように作り直されています。コプロセッサも前面パネルを外せばマザーボードが現れ、ソケットが見えるので、すぐに取り付けられます。

目に付くのはファイルスロットというもので、FDDの下にSCSI仕様の機器が押し込むだけで簡単に取り付けられるようになっています。インタフェースはバックにSCSIカード専用スロットがあるので、そこに取り付けます。これは、内蔵HDDと共用です。SCSI I/Fには増設コネクタがあり、外付け機器を増設することができます。.ファイルスロットは、PC-9821Aシリーズにそのまま引き継がれました。ファイルスロット対応機器は、NEC純正品の他、サードパーティからもMOやCD-ROMドライブなどが発売されました。

拡張スロットは、ドライバー式をやめ、手で回してねじ込む方式のドライバーレスビスに改められました。

割高感が否めないシリーズ

当時、DOS/Vマシンという名で、PC/AT互換機が参入しつつある時期であり、486DX 33MHzマシンが20万円台で出ていたことを考えると、主力機であるFAは458,000円、しかも16MHzの486SXですから、割高感が否めません。互換機メーカーのEPSONは全機種486に移行していたのが1992年です。

1992年12月になると秋葉原などで営業していたステップでは、FAの希望小売価格458,000円に対し、実売価格は268,000円にまで下がっており、NECも対策を講じたのでしょうか。そのためFA/FS/FXのラインナップは短く、最後まで残ったのはFAだけでした。

FA/FS/FXから98MATEへ

本シリーズで採用されたファイルスロットやドライバーレス方式は、後継機種であるPC-9821Aシリーズに引き継がれることとなります。同時に出るPC-9801BA/BXは本シリーズから機能を省いて、低価格化したもの、と考えるのが妥当でしょう。

Windows3.1時代とPC-9801FA

PC-9801FAは、まがりなりにも486マシンですから、快適性は別としてWindows3.1を稼働させることは可能です。CPUにはODPを取り付けたり(サードパーティから487SXソケットに取り付けるためのODPが販売された)、PC-9801-86ボードを拡張スロットに入れてPC-9821Aと同じサウンド環境を実現したり、ウィンドウアクセラレータを入れて高解像度を実現したりすることもできます。勿論CD-ROMドライブをファイルベイに取り付け、Windows3.1のインストールに使ったり、音楽再生に使うことも十分にできます。CD-ROMドライブは、スピーカーやMS-DOSアプリのセットも販売されており、MS-DOS環境でも音楽CDを再生して楽しめました。

スポンサーリンク

あとがき
FA/FS/FXの価格設定は、「98は驕り高ぶっている」というイメージを持たれることとなった。FS/FXにしてもi386SX等やめて、486に移行するべきであり、価格ももっと下げるべきだったし、前年のPC-H98s(ノーマルモードNESAバスマシン。i486SX 20MHz搭載)を見ると、それは十分可能だったと思う。互換機メーカーのEPSONは1992年のラインナップは全機種486に移行しており、386SXのラインナップは終了していた。
コメント
関連記事

コメントする