PC-9801FA ※1992/1発売~実売価格の下がったフラグシップ機

「i486SX、ファイルスロット採用、これが次の主流を行くハイスタンダードマシン」※FA

前年にDAが発売されて1年経たずで早くもモデルチェンジされてFAが登場した。これまでの例から、「DA21」というふうになるのではないかと予想されていたが、型番がFに変わった。Fの意味はファイルスロットの意味と考えている人が多いが、NECは「速さは力」とPRしていたので、案外ファースト(速い)の意味だったのかもしれない。F型番は以前にも使われていたのが再使用された。

前面パネルのデザインが少し変わった。FAで採用された486SXというのはなじみがないかもしれないが、486DXからコプロセッサ機能を省略したものだ。コプロセッサソケットにコプロセッサ487SXを挿入すると486SXは動作を停止し、487SXが動作する様になっている。487SXは中身は486DXそのもので、変種の486DXと考えると良い。

なお、FAは1992/1発売だが、FA2は1ヶ月遅れて1992/2発売。

スポンサーリンク

PC-9801FA/FS/FXスペック

  1. CPU
    FA:i486SX 16MHz
    ※V30エミュレーションモードあり。8MHz相当
    ※切り換えて稼働。
  2. コプロセッサ
    使用可。FAは487SX、FS/FXは387SXを使用。
  3. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  4. メインRAM
    1.6MB。
  5. メインRAM増設
    全機種とも14.6MBまで拡張可能。本体メモリ専用スロット12MB。
  6. ビデオRAM
    256KB。
  7. テキストRAM
    12KB。
  8. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)。キャラクタ単位に指定可
  9. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  10. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  11. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  12. 画面合成
    テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  13. バックグラウンドカラー
    8色表示可(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  14. 内蔵FDD
    5.25インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。Uモデルは3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。
  15. HDD
    内蔵可、SCSI I/Fが必要。※内蔵済みモデルあり
  16. 外付けFDD用I/F
    2HD
  17. ファイルスロット
    1個。SCSI仕様の機器を内蔵可。
  18. SCSI I/F
    専用スロットに実装。内蔵HDD実装時及び、ファイルスロット対応機器実装時に必要(増設コネクタあり)
    ※HDD搭載済みモデルは標準搭載
  19. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  20. シリアルI/F
    RS232C準拠
  21. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  22. マウスI/F
    バスマウス対応
  23. CRT接続
    アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ
  24. サウンド
    FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ標準装備。外部オーディオ接続端子付き
  25. 拡張スロット
    16ビットのCバス4個
  26. サービスコンセント
    2個
  27. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  28. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  29. 外寸
    本体:(W)380×(D)335×(H)150㎜。
    キーボード:439(W)×183(D)×31(H)㎜
  30. 重量
    FA2:9.7kg、FA/U2:9.7kg、FA5:10.7kg、FA/U5:10kg、FA7:10.7kg、FA/U7:10.0kg
    キーボード:約1.2kg
  31. 主な添付品
    キーボード、電源ケーブル、アース線、ケーブルラベル、保証書、グリーティングカード、お客様登録カ-ド、サービス網一覧表
  32. マニュアル
    ガイドブック、N88ーBASICガイド
  33. FD
    98トレーニングディスク
  34. 発売
    1992年1月発売。FA2は1992年2月発売

デジタルRGB端子とモノクロディスプレイ端子は共用。486の速度は386と比べると約倍といわれているが、FAの処理速度は、DAと比べると体感は1.6倍程度だろうか。

ラインナップ

  1. PC-9801FA2
    5.25インチ×FDD2台。
    HDDなし(内蔵可/SCSI)。
    価格458,000円
  2. PC-9801FA/U2
    3.5インチ×FDD2台。
    HDDなし(内蔵可/SCSI)。
    価格458,000円
  3. PC-9801FA5
    5.25インチ×FDD2台。
    40MBHDD内蔵(SCSI)。
    価格578,000円。
  4. PC-9801FA/U5
    3.5インチ×2台。
    40MBHDD内蔵(SCSI)。
    価格578,000円。
  5. PC-9801FA7
    5.25インチ×2台。
    100MBHDD内蔵(SCSI)。
    価格648,000円。
  6. PC-9801FA/U7
    3.5インチ×2台。
    100MBHDD内蔵(SCSI)。
    価格648,000円。

PC- 9801FAはi486SXの16MHzを採用したが、互換機メーカーのエプソンではこれより安い値段で出していたし、同価格でi486SX 20MHzのものもあり、ハードスペックの割に高額な印象が否めなかった。当時Oh!PCの「PC- 9801FAは買いだ!」という記事の影響もあったのか、その割にはよく売れていた。

オプション

  1. PC-9801FA-02:SCSIインタフェースボード。内蔵HDDやファイルスロット機器増設に必要。専用スロットに実装。PC-9821Aシリーズでも使用可。

ファイルスロットはFDDの下に設けてあり、SCSI仕様の機器が押し込むだけで簡単に取り付けられる。インタフェースはバックにSCSIカード専用スロットがあるので、そこに取り付ける。これは、内蔵HDDと共用で、SCSI I/Fには増設コネクタがあり、外付け機器を増設することができる。.ファイルスロットは、PC-9821Aシリーズにそのまま引き継がれた。ファイルスロット対応機器は、NEC純正品の他、サードパーティからもMOやCD-ROMドライブなどが発売された。

機器の内部増設が簡単になった

増設メモリやHDDの取り付けは、本体カバーを開けずに、前面パネルを外せばすぐできるように作り直されており、ユーザーに優しい設計と言える。コプロセッサも前面パネルを外せばマザーボードが現れ、ソケットが見えるので、すぐに取り付けられる。

拡張スロットは、ドライバー式をやめ、手で回してねじ込む方式のドライバーレスビスに改められた。

割高感が否めないシリーズ

当時、DOS/Vマシンという名で、PC/AT互換機が参入しつつある時期であった。PC/AT互換機は486DX 33MHzマシンが30万円台で出ていたことを考えると、PC-9801のフラグシップ機であるFAは458,000円、しかも16MHzの486SXだから、割高感が否めない。

1992年12月になると秋葉原などで営業していたステップでは、FAの希望小売価格458,000円に対し、NECも対策を講じたのか、実売価格は268,000円にまで下がっていた。そのためFA/FS/FXのラインナップは短く、最後まで残ったのはFAだけだった。

Windows3.1時代とPC-9801FA

PC-9801FAは、まがりなりにも486マシンなので、快適性は別としてWindows3.1を稼働させることは可能だ。CPUにはODPを取り付けたり(サードパーティから487SXソケットに取り付けるためのODPが販売された)、PC-9801-86ボードを拡張スロットに入れてPC-9821Aと同じサウンド環境を実現したり、ウィンドウアクセラレータを入れて高解像度を実現したりすることもできる。勿論CD-ROMドライブをファイルスロットに取り付け、Windows3.1のインストールに使ったり、音楽再生に使うこともできる。CD-ROMドライブは、スピーカーやMS-DOSアプリのセットも販売されており、MS-DOS環境でも音楽CDを再生して楽しめた。

PC-H98シリーズに遠慮してか、CPUは486SXの16MHzを採用していたが、いくら386DXの20MHzよりも1.6倍速いといっても目に見えるCPUクロックが16MHzに下がってしまっては「最先端技術をいく98」のイメージが損なわれ、「98は驕り高ぶっている」というネガティブイメージを持たれてしまう。最低でも20MHzのCPUクロックは維持してほしかった。前年出したPC-H98smodel8/U8を見れば、それは可能だったと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました