PC-9801LX5C ※1989/8発売~カラー液晶搭載286ラップトップ

「カラーラップトップ98、待望の新登場。」LX5C

PC-9801LXは、LSとLVの間を埋めるシリーズです。この中では、カラー液晶搭載モデルもラインされましたが、試作的要素が強いマシンです。

スポンサーリンク

PC-9801LX5Cスペック

  1. CPU
    i286の12/10MHzを搭載。
    V30 8MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    640KB
    ※本体内専用スロットを利用することで3.6MBまで内蔵可能
  4. ビデオRAM
    256KB。
  5. テキストRAM
    12KB。
  6. テキスト表示
    80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。)。※キャラクタ単位に指定可。
  7. グラフィックス表示
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    16階調表示
    ※8色表示。外付けアナログディスプレイ接続時は4096色中16色表示可
  8. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  9. 画面合成
    テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  10. バックグラウンドカラー
    8色表示可。
  11. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、拡張漢字、388文字ユーザー定義文字機能188種
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  12. 液晶モニタ
    STNカラー液晶搭載。
  13. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、コントロールキー、10ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    本体+キーボード一体型。
  14. 内蔵FDD
    3.5インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  15. HDD
    40MBHDDを内蔵(SASI)
  16. シリアルI/F
    RS232C準拠
  17. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  18. マウスI/F
    バスマウス仕様
  19. CRT接続
    アナログRGB接続可
  20. サウンド
    オプション、使用にはI/O拡張ユニットが必要
  21. 拡張バス
    専用拡張アダプタ(モデムボード、PC-98LT互換ボード等用)
    I/O拡張ユニット(各種拡張ボード3枚まで利用可)接続用
  22. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  23. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  24. 外寸
    LX5C:(W)339×(D)380×(H)115㎜
  25. 重量
    8.7kg
  26. 主な添付品
    電源ケーブル、アース線、プリンタケーブル、ヒンジキャップ、認定ラベル、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、グリーティングカード
  27. 添付FD
    N88ー日本語BASIC(86)(6.1)システムディスク、辞書ディスク(1)、辞書ディスク(2)、PCトレーニングディスク
  28. 添付マニュアル
    ガイドブック、日本語入力ガイド、N88ー日本語BASIC(6.1)関連(N88ーBASIC(86)入門、ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル)

オプションの例

  1. PC-9801LS-01:テンキーボード。価格14,500円
  2. PC-9801LS-07:専用拡張アダプタ。モデムボード、PC-98LT互換ボード等接続用。価格125,00円
  3. PC-9801LX-01:増設RAMボード。価格59,00円
  4. PC-9801LS-07:専用拡張アダプタ。価格12,000円。

※I/O拡張ユニットはPC-9801LV-08(価格98,000円)が使用可。この場合専用拡張アダプタ、FD増設ケーブルとの併用は不可。

ラインナップ

  1. PC-9801LX5C
    3.5インチFDD×2台
    HDD40MB内蔵(SASI)
    1989年8月発売
    価格748,000円

カラー液晶が搭載され、文字通りカラー表示が可能となりましたが、16表示は外付けCRT接続のみ対応で、カラー液晶は8色表示です。現在の液晶表示とは違うSTNと呼ばれるものです。流れて見えてしまうので、ゲームをするには向いてなく、ビジネス用途が前提だったわけです。何より、まだ恐ろしく高価でした。

カラー液晶はまだまだ開発途上であり、パソコン市場より大きいテレビ市場での開発が先行して行われていました。

寸評:カラー化への挑戦は評価できる。

カラー液晶モデルはあくまでも試作機だったが、何分カラー液晶自体高額だったので、本体価格も高価であった。LXシリーズ自体が長く続くことはなく、カラー液晶搭載機は、98NOTEシリーズへと展開されていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました