PC-9801N LVシリーズの後継機

「いつでもどこでもステーショナリー感覚で使えるパソコン、98NOTE。」

初代98NOTE、PC-9801Nは、LVシリーズを小型軽量化したもので、実質的に後継機であると考えるとよいと思います。V30をCPUに搭載し、FDDは1台となっていますが、RAMドライブやレジューム機能はまだありません。

PC-9801Nスペック

  1. CPU:V30を8MHz/10MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ、98NOTEメニュー128KB
  3. メインRAM:標準640KB。最大2.6MB
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F:あり
  12. テンキーI/F:PC-9801LV-01接続可
  13. CRT接続:不可
  14. サウンド:オプション
  15. 拡張バス:110ピン拡張バス(専用外付け3.5インチFDD or I/O拡張ユニット等用)
  16. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD両用FDDを1台内蔵。専用外付けFDD接続可。
  17. 液晶モニタ:青系8階調表示。
  18. 外寸法:(W)316×(D)253×(H)44.5㎜ / 2.7kg
  19. 主な添付品:ガイドブック、N88-BASIC(86)ガイド、ACアダプタ、ラベル2枚(認定、ケーブル)、保証書、お客様登録 カード、サービス網一覧表、グリーティングカード、クイックシート、バッテリパック(本体装着済み)、98NOTEセットアップディスク

ラインナップ

  1. PC-9801N:1989年11月発売。248,000円

バッテリは1台のみ搭載可能で、当時はまだ1時間ぐらいしかバッテリによる稼働ができませんでした。また、まだカラー液晶が高額だったため青色液晶が搭載されていましたが、外部CRTの接続が考えられていなかったので、ビジネス用途として使うのが正しい方法だったのです。

複数個のバッテリが搭載できないことや、RAMドライブが使えない、レジューム機能がないなど不便な点が多かったのですが、購入後、メモリを増設すれば、EMSメモリとして使えるので、結構でていたようです。

この問題は、次のNVで解決することとなります。

あとがき
PC-9801Nは、実質的にPC-9801LVの後継機種である。V30はRシリーズ等では扱いが軽くなっていたが、3.5インチではまだまだ重要視されていたのだ。
関連記事