PC-9801NA 486搭載カラーノート

「高速CPU i486搭載、快適高性能PC-9801NA誕生。」

これまでの98NOTEは386SX系のCPUを搭載したモデルだけでしたが、ようやく486を搭載したNOTEがラインナップされることとなります。486SXを搭載し、カラー液晶を搭載したマシンも登場しました。

なお、カラー液晶搭載版はNA/Cという型番がつきます。

PC-9801NAスペック

  1. CPU:i486SX:20MHz ※i487SX搭載可能
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ/98NOTE MENU128KB。
  3. メインRAM:標準2.6MB(1MB分はRAMドライブ兼用)。最大14.6MB(専用カードスロットに実装)
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示。カラー液晶モデル及び、CRT接続時8色)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示 ※カラー液晶モデル及び、CRT接続時は4096色中16色
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. テンキーI/F
  13. CRT接続用I/F
  14. CRT接続:可
  15. サウンド:オプション
  16. 拡張スロット:拡張カードスロット*1 110拡張ピン
  17. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD FDDを1台内蔵。専用外付けFDD接続可。
  18. HDD:内蔵可(SASI)
  19. 1MBRAMドライブ(EMSメモリとしても利用可)
  20. 液晶モニタ:モノクロ8階調表示。TFTカラー液晶。
  21. バッテリ:ニッカドバッテリ。セカンドバッテリ利用可(別売)
  22. レジューム機能:あり。LCD開閉レジューム機能搭載(98NOTEメニューにより設定可能)

ここで採用されている486SXは省電力版ではないため従来のものと比べるとバッテリ駆動時間は短くなります。またカラー液晶のものはモノクロ版と比べバッテリ駆動時間が短くなります。以下は、標準バッテリパックにセカンドバッテリパックを併用した場合の稼働時間です。バッテリはニッカドによる充電式で、これも従来から同じです。

  1. PC-9801NA(FDD10%使用時) Highモード2.4時間 Middleモード/Lowモード2.8時間
  2. PC-9801NA40/120(HDD10%使用時) Highモード1.7時間 Middleモード/Lowモード2.0時間
  3. PC-9801NA/C(FDD10%使用時) Highモード1.5時間 Middleモード/Lowモード1.7時間
  4. PC-9801NA/C40/C140(HDD10%使用時) Highモード1.2時間 Middleモード/Lowモード1.4時間

液晶サイズは98NOTEでは標準的な8.9インチのものです。カラー液晶のものも同じサイズですがまだまだ高額だったことが分かります。

ラインナップ:1992年11月発売。

  1. PC-9801NA:348,000円 HDD無し(内蔵可能) ※モノクロ液晶
  2. PC-9801NA40:438,000円 HDD40MB内蔵 ※モノクロ液晶
  3. PC-9801NA120:488,000円 HDD120MB内蔵 ※モノクロ液晶
  4. PC-9801NA/C:498,000円 HDD無し(内蔵可能) ※カラー液晶
  5. PC-9801NA/C40:588,000円 HDD40MB内蔵 ※カラー液晶
  6. PC-9801NA/C120:638,000円 HDD120MB内蔵 ※カラー液晶

ここで使用している486SXは省電力版ではないということもあるのか、半年前後でモデルチェンジされ、486SX(J)を採用したPC-9801NXが出ることとなります。486ノートとしてはまだ試作品だったようにも思われます。

なお1992年のOh!PCではPC-9821とPC-9801NAがベストイヤーに選ばれています。

スポンサーリンク

あとがき
カラー液晶搭載モデルは、随分努力したことは当時としては窺える。それでも、モノクロ液晶モデルとの価格差は9万円ほどであり、まだまだ高額だったと思う。カラー液晶が一般的になるのにはまだ時間がかかった。
関連記事