PC-9801NC カラーノートの試作機

「パソコンに、カラフルに。98NOTEカラー、鮮烈デビュー。」

このPC-9801NCは、NS/Eの液晶をカラーに変えたもの、と考えると良いです。当時のTFT液晶はとても高価であり、採用例は少ない中、かなりの意欲作とはいえます。

PC-9801NCスペック

  1. CPU:i386SX 16MHz/V30 8MHz相当エミュレーション ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB/98NOTE MENU128KB
  3. メインRAM:標準2.6KB(うち1MBはRAMディスクと排他利用)。最大11.6MB(専用カードスロットに実装)
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面16色表示
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F:あり
  12. テンキーI/F:あり
  13. 専用モデムスロット:あり
  14. CRT接続:CRTパック利用で可
  15. サウンド:オプション
  16. 拡張バス:110ピン拡張バス(専用外付け3.5インチFDD、I/O拡張ユニット等)
  17. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD FDDを2台内蔵。専用外付けFDD接続可。
  18. HDD:内蔵可(SASI)
  19. 液晶モニタ:TFTカラー液晶ディスプレイ。
  20. バッテリ:ニッカドバッテリ。セカンドバッテリ利用可
  21. レジューム機能:あり。LCD開閉レジューム機能搭載(98NOTEメニューにより設定可能)
  22. 外寸法:(W)318×(D)254×(H)56㎜
  23. 主な添付品:ガイドブック、N88-BASIC(86)ガイド、ACアダプタ、ラベル2枚(認定、ラベル)、モデムカバー、保証書、お客様登録カード、サービス網一覧表、グリーティングカード、クイックシート、バッテリパック(本体装着済み)、98NOTEセットアップディスク

ラインナップ:1991年10月発売

  1. PC-9801NC:598,000円 HDD無し(内蔵可) 3.2kg
  2. PC-9801NC40:738,000円 HDD40MB内蔵 3.5kg

カラー液晶以外はNS/Eと同じで、レジューム機能の採用、セカンドバッテリが取り付け可となったことです。なお、拡張バス/専用モデム/増設FDDは取り付け位置が同じなので、排他的に利用します。

RAMディスクはメインRAMの1MB領域を使うので、EMSメモリとは排他的に利用することとなります。

HDDは、SASIとなっていますが、実際はIDEです。取り付け方法は、NS/Eと同じです。

TFTカラー液晶採用

現在のカラー液晶と同じですが、何分バッテリを食うものですから、バッテリだけでの長時間使用は当時はまだ難しいものがありました。ACアダプタを使うことが現実的だった時代です。

カラー液晶を生かして、テレビを見ることができるよう、拡張バス接続用TVチューナーアダプタも用意されました。とはいえ、カラー液晶はまだまだ高額だった時代ですから、モノクロ液晶の98NOTEの方が売れていたと思います。

スポンサーリンク

あとがき
カラー液晶は高額な時代であり、モノクロ液晶搭載機の方が売れていたし、バッテリもまだ発展途上という時代だったから、長時間バッテリ稼働させること自体無理だった。一つの実験機という印象が強い。
関連記事