PC-9801NL/R 一太郎/LOTUS1-2-3マシン

「行動派ビジネスマン必携。使いやすさをB5ファイルに凝縮。」

1993年に発売されたPC-9801NLのモデルチェンジ機で、今回からi486SX(j)を搭載した32ビットマシンへと変わりました。特徴的なのは、買ってすぐ一太郎とLOTUS1-2-3が使えるということです。

PC-9801NL/Rスペック

  1. CPU:i486SX(J)16MHz
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ、98NOTEメニュー128KB
  3. メインRAM:標準3.6KB。最大11.6MB(専用カードスロットに実装)
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. テンキーI/F
  13. PCカードスロット:TypeII x 1 [PCMCIA2.0/JEIDA Ver4.1(旧規格)]
  14. 内蔵FDD:専用外付け3.5インチ2HD/2DD FDDを添付
  15. HDD:120MB内蔵済み(取り外し不可)※日本語MS-DOS(Ver5.0A-H)、一太郎Ver5、LOTUS1-2-3 R2.4Jインストール済
  16. 液晶モニタ:白黒8階調表示。
  17. バッテリ:ニッカドバッテリ。
  18. レジューム機能:あり。LCD開閉レジューム機能搭載(98NOTEメニューにより設定可能)

ラインナップ:1994年1月発売

  1. PC-9801NL/R120A:328,000円

バッテリ稼働時間

  1. サイドライト使用時2.6時間/サイドライト未使用時5.0時間

当時、一太郎はver.5、LOTUS1-2-3はR2.4Jが発売されており、電源を入れればすぐに使えるというのはこのマシンの大きな特徴でした。

スポンサーリンク

あとがき
MS-DOSアプリの代表ともいえるワープロソフト「一太郎」と表計算ソフト「LOTUS1-2-3」がすぐ利用できる。バッテリ稼働時間もモノクロ液晶のため当時としては長く使える。まだまだMS-DOSの時代である。
関連記事