PC-9801NS 386SX搭載ノート

「32ビットCPU搭載、20MB固定ディスク内蔵の98NOTE SX。」

32ビットの98NOTE、98NOTESXという愛称がありました。SXの文字からも分かるように、i386SX搭載機で、PC-9801LSを小型化したようなマシンです。画面は青系の液晶となっています。

PC-9801NSスペック

  1. CPU:i386SX 12MHz/V30 10MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ/98NOTE MENU128KB。
  3. メインRAM:標準640KB。最大9.6MB(EMS対応メモリ最大2.6MB)
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)、8階調表示(キャラクタ単位に指定可)
  7. カラーグラフィックス表示
    640×400ドット2画面表示
    640×200ドット4画面
    ※8階調表示
  8. モノクログラフィックス表示
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  9. 漢字表示標準搭載
    JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    グラフィックス/テキスト画面に表示可
  10. 画面合成:テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  11. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD FDDを1台内蔵。専用外付けFDD接続可。
  12. HDD:内蔵可(メーカーに依頼)
  13. シリアルI/F:RS232C準拠
  14. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  15. マウスI/F:バスマウス対応
  16. テンキーI/F:PC-9801N-23利用可
  17. 専用モデムスロット:あり(拡張バスに取り付け)
  18. CRT接続:不可
  19. サウンド:オプション
  20. 拡張バス:110ピン拡張バス(専用外付け3.5インチFDD or I/O拡張ユニット等用)
  21. 液晶モニタ:青系8階調表示。
  22. バッテリ:ニッカドバッテリ
  23. 外寸法:(W)316×(D)254×(H)53㎜ 2.8kg
  24. 主な添付品:ガイドブック、N88-BASIC(86)ガイド、ACアダプタ、ラベル2枚(認定、ケーブル)、モデムカバー、保証書、お客様登録 カード、サービス網一覧表、グリーティングカード、クイックシート、バッテリパック(本体装着済み)、98NOTEセットアップディスク

PC-9801NSラインナップ

  1. PC-9801NS:278,000円 HDD無し(ユーザーでの内蔵不可) 1990年6月発売
  2. PC-9801NS-20:448,000円 HDD20MB内蔵 1990年9月発売

HDDは、ユーザーでは後から組み込むことができず、組み込みにはメーカーに依頼して行う必要があるなど、不便な点が多いマシンでした。ユーザーサイドで取り付けられるようになるのはモデルチェンジ機NS/Eからとなります。また、まだレジューム機能の搭載はありませんでした。

V30マシンのPC-9801Nに比べると、メモリさえ増設してやれば、EMSメモリの設定ができるので、大抵のMS-DOSアプリなら問題なく使えます。HDDなしモデルで比べると3万円の差ですが、かなり大きいと思います。使い終わったら、片づけられるので、場所をとらない点も受けたようです。

スポンサーリンク

あとがき
PC-9801LSを小型軽量化したようなマシンだが、とりあえず作ってみました、という感じが強い。もっとも価格が安くなったので、個人でも手が届きやすくなっている。
コメント
関連記事

コメントする

前のページ:≪ PC-9801N LVシリーズの後継機
次のページ:PC-9801NV ≫