PC-9801NS/A 486SX 33MHz搭載98NOTE

「ハイコストパフォーマンス&高速処理をを実現した98NOTEです。」

PC-9801のノートPCも引き続きラインされていましたが、486SXを搭載したマシンも復活しています。486SX(j)ではないので外部バスも32ビットになっています(命令セットは同じ)。

PC-9801NS/Aスペック

  1. CPU:i486SX:33MHz ※オプションでCPUアップグレードボードi486DX2(50MHz)がある。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ/98NOTE MENU128KB。
  3. メインRAM:ラインナップ参照 ※メモリ増設は専用カードスロットに実装
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示。CRT接続時8色)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示 ※CRT接続時は4096色中16色
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. テンキーI/F
  13. CRT接続用I/F
  14. サウンド:オプション
  15. 拡張スロット:専用外付け3.5インチFDDor拡張バスI/F(110ピン拡張コネクタ)
  16. PCカードスロット:専用外付け3.5インチFDD外付け用or拡張バスI/F
  17. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD FDDを1台内蔵。専用外付けFDD接続可。
  18. HDD:内蔵可 ※内蔵モデルはMS-DOS5.0インストール済み。
  19. 1MBRAMドライブ(EMSメモリとしても利用可)
  20. 液晶モニタ:白黒8階調表示。
  21. レジューム機能:あり。LCD開閉レジューム機能搭載(98NOTEメニューにより設定可能)
  22. バッテリ:ニッカドバッテリ。セカンドバッテリ搭載可(別売)

バッテリ稼働

  1. FDDモデル(FDD10%使用時):バックライト輝度最大1.1時間/バックライト輝度最小1.3時間
  2. HDDモデル(HDD10%使用時):バックライト輝度最大1.1時間/バックライト輝度最小1.2時間

バッテリ稼働時間は短いので、持ち運んで使うには、ACアダプタが必要であることが分かると思います。バッテリはあくまでもAC電源が使えない場合の非常用だと考えた方が無難です。

ラインナップ:1994年1月発売

  1. PC-9801NS/A:価格248,000円 メインRAM(※)標準1.6MB、最大 33.6MB HDD内蔵可
  2. PC-9801NS/A120:価格328,000円 メインRAM(※)標準3.6MB、最大35.6MB HDD120MB内蔵
  3. PC-9801NS/A340:価格398,000円 メインRAM(※)標準3.6MB、最大35.6MB HDD340MB内蔵

※RAMディスクを設定したときは1.0MB分が差し引かれます。

スペック的には、PC-9801NAのモノクロモデルに似ているといえます。

スポンサーリンク

あとがき
HDD内蔵モデルはMS-DOS5.0Aがインストール済みであること、3モードFDDではないことから、MS-DOSアプリの利用がメインと想定されていることが分かる。Windows3.1もまだこれからという時代だったのである。
関連記事