PC-9801NS/L MS-DOS/EMSに最適なマシン

「ジャストA4サイズ。持ち運べる高機能、98NOTE NS/L。」

MS-Windows3.0が発売されていましたが、まだ98NOTEでは縁がないような感じで、MS-DOSとEMSで使うのが主力だったような感じがあります。

NS/TのCPUを通常の386SXに戻しただけですが、バッテリ駆動に通常モードと省電力モードが設定可能になりました。

PC-9801NS/Lスペック

  1. CPU:i386SX 20MHz/V30 8MHz相当エミュレーション ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ/98NOTE MENU128KB。
  3. メインRAM:標準1.6KB(1MB分はRAMドライブ兼用)。最大9.6MB(専用カードスロットに実装)
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示。CRT接続時8色)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示 ※CRT接続時は4096色中16色
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. テンキーI/F
  13. CRT接続用I/F
  14. CRT接続:可
  15. サウンド:オプション
  16. 拡張スロット:専用外付け3.5インチFDDor拡張バスI/F
  17. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD FDDを1台内蔵。専用外付けFDD接続可。
  18. HDD:内蔵可(SASI)
  19. 1MBRAMドライブ(EMSメモリとしても利用可)
  20. 液晶モニタ:白黒8階調表示。
  21. レジューム機能:あり。LCD開閉レジューム機能搭載(98NOTEメニューにより設定可能)
  22. バッテリ:ニッカドバッテリ

ラインナップ:1992年7月発売。

  1. PC-9801NS/L:288,000円(内蔵可能)
  2. PC-9801NS/L40:398,000円40MB内蔵

セカンドバッテリの取り付けが出来なくなった代わりに、二つモードが出来ましたが、全機種と比べると、明らかに稼働時間は落ちています。

  1. PC-9801NS/L(FDD10%使用時)標準モード2.0時間省電力モード3.2時間
  2. PC-9801NS/L40(HDD10%使用時)標準モード1.9時間省電力モード2.8時間

このあたりを見ると、386SLから386SXに戻したことも影響があったのでしょうか。なお本体価格は前機種よりも下がっています。

あとがき
ハードディスクは相変わらず、サードパーティ製品を後付けした方が安くでき、メーカーには緑電子やアイシーエムなどがあった。省電力CPUと通常CPUとではバッテリ駆動にも大きな差が出ることが分かる。
関連記事