PC-9801NS/L MS-DOS/EMSに最適なマシン

「ジャストA4サイズ。持ち運べる高機能、98NOTE NS/L。」

当時MS-Windows3.0が発売されていたが、98NOTEでは縁がないような感じで、MS-DOSとEMSで使うのが主力だったような感がある。

NS/TのCPUを通常の386SXに戻しただけだが、バッテリ駆動に通常モードと省電力モードが設定可能になった。

スポンサーリンク

PC-9801NS/Lスペック

  1. CPU
    i386SX 20MHz
    V30 8MHz相当エミュレーション
    ※切り換えて稼働。
  2. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ/98NOTE MENU128KB。
  3. メインRAM
    標準1.6KB(1MB分はRAMドライブ兼用)。最大9.6MB(専用カードスロットに実装)
  4. ビデオRAM
    256KB。
  5. テキストRAM
    12KB。
  6. テキスト表示
    80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット、8階調表示(外部CRT接続時8色表示)。※キャラクタ単位に指定可。
  7. グラフィックス表示
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    8階調表示(外部CRT接続時4096色中16色表示)
  8. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  9. 画面合成
  10. テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  11. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、拡張漢字、388文字ユーザー定義文字機能188種
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  12. 液晶モニタ
    8.9インチCFLサイドライト付き白黒液晶(8階調)
    最大解像度:640x400ドット
  13. 内蔵FDD
    3.5インチ2HD/2DD FDDを1台内蔵。
    専用外付けFDD接続可(拡張バスに接続)。
  14. RAMドライブ
    1MB(EMSメモリとしても利用可)
  15. HDD
    内蔵可(SASI、実際はIDE)
  16. シリアルI/F
    RS232C準拠
  17. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  18. マウスI/F
    バスマウス仕様
  19. テンキーI/F
    あり
  20. CRT接続
    可。接続ケーブルPCー9801NS/L-01(別売)が必要
  21. サウンド
    オプション
  22. 拡張スロット数
    拡張カードスロット1個
  23. 110ピン拡張バス
    増設FDDやI/O拡張ユニット(PC-9801N-U08)等接続用
  24. レジューム機能:あり。LCD開閉レジューム機能搭載(98NOTEメニューにより設定可能)
  25. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  26. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  27. バッテリ
    ニッカドバッテリ
  28. バッテリ稼働時間
    NS/L(FDD10%使用時)標準モード2.0時間。省電力モード3.2時間
    NS/L40(HDD10%使用時)標準モード1.9時間。省電力モード2.8時間
  29. 外寸:(W)297×(D)210×(H)42㎜
  30. 重量
    NS/L:1.9kg
    NS/L40:2.05kg
  31. 主な添付品
    マニュアル、FD、ACアダプタ、お客様登録カード、保証書、ラベル3枚(認定、ケーブル、ファンクションガイド)、サービス網一覧表、グリーティングカード、クイックシート、バッテリパック(本体装着済み)
  32. 添付FD
    98NOTEセットアップディスク
  33. 添付マニュアル
    ガイドブック、N88-BASIC(86)ガイド
  34. NS/L40に追加
    MS-DOS3.3Dユーザーズガイド、MS-DOS3.3Dインストールガイド、ソフトウェア使用許諾契約書
  35. 発売
    1992年7月

ラインナップ

  1. PC-9801NS/L
    3.5インチFDD×1台
    HDDなし(内蔵可能)
    価格288,000円
  2. PC-9801NS/L40
    3.5インチFDD×1台
    40MB内蔵
    価格398,000円

セカンドバッテリの取り付けが出来なくなった代わりに、二つモードが設定されたが、全機種と比べると、明らかに稼働時間は落ちている。

このあたりを見ると、386SLから386SXに戻したことも影響があったのだろうか。なお本体価格は前機種よりも下がっている。

スポンサーリンク

あとがき
ハードディスクは相変わらず、サードパーティ製品を後付けした方が安くでき、メーカーには緑電子やアイシーエムなどがあった。省電力CPUと通常CPUとではバッテリ駆動にも大きな差が出ることが分かる。
コメント
関連記事

コメントする