PC-9801NS/R 486SX最初の98NOTE

「ハイコストパフォーマンスを実現したスタンダードモデル。」

アメリカでWindows3.1がリリースされて1年後、ようやく日本でも発売されることとなった1993年ですが、PC-9801にも486への移行期にあたり、486SX最初の98NOTEが発売されることとなります。

PC-9801NS/Lスペック

  1. CPU:i486SX(J)20MHz/V30 8MHz相当エミュレーション ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ/98NOTE MENU128KB。
  3. メインRAM:標準1.6KB(1MB分はRAMドライブ兼用)。最大9.6MB(専用カードスロットに実装)
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示。CRT接続時8色)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示 ※CRT接続時は4096色中16色
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. テンキーI/F
  13. CRT接続用I/F
  14. CRT接続:可
  15. サウンド:オプション
  16. 拡張スロット:専用外付け3.5インチFDDor拡張バスI/F
  17. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD FDDを1台内蔵。専用外付けFDD接続可。
  18. HDD:内蔵可(SASI)
  19. 1MBRAMドライブ(EMSメモリとしても利用可)
  20. 液晶モニタ:白黒8階調表示。

ハードスペック的には前モデル(NS/L)とほとんど大差がないことが分かると思います。486SX(J)は、NECとインテルジャパンが共同開発した小電力CPUです。外部バスは486SXと異なり16ビットになっています(命令セットは486SXと同じ)。別途数値演算プロセッサを搭載可能です。

今回のモデルチェンジでは、液晶のバックライトを調整できるようにしてバッテリ駆動時間を延ばした点で、前モデルよりもいずれも長くなっています。

  1. PC-9801NS/R(FDD10%使用時)バックライト輝度最大5.4時間 バックライト輝度最小7.0時間
  2. PC-9801NS/R40・120(HDD10%使用時)バックライト輝度最大4.8時間 バックライト輝度最小6.0時間

ラインナップ:1993/1発売

  1. PC-9801NS/R:288,000円 HDD内蔵可能
  2. PC-9801NS/R40:378,000円 HDD40MB内蔵
  3. PC-9801NS/R120:428,000円 HDD120MB内蔵

価格も大幅に下がり、徐々に浸透していたDOS/Vマシンを意識しているようにも思えます。HDDはいずれもSASIとなっていますが実際はIDE仕様です。

スポンサーリンク

あとがき
Windows3.1を稼働させるにはカラー画面でないとつらいし、本機はMS-DOSアプリ主体の方が主眼といえる。勿論外部CRTを繋げば問題ないが、あまりこういう使い方は考えられていない。
関連記事