PC-9801NS/T 386SL(98)採用マシン

「洗練された使いごこちの本格派ノートパソコンです。」

1992年にはアメリカでは386SXを採用したPCはほとんど見あたらなかったのですが、日本では意外なほど長く採用されてきました。PC-9801では特にノート型では1993年1月にまで新製品として採用されていました。

PC-9801NS/Lスペック

  1. CPU:i386SL(98) 20MHz/V30 8MHz相当エミュレーション ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ/98NOTE MENU128KB。
  3. メインRAM:標準1.6KB(1MB分はRAMドライブ兼用)。最大9.6MB(専用カードスロットに実装)
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示。CRT接続時8色)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示 ※CRT接続時は4096色中16色
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. テンキーI/F
  13. 専用モデムスロット※CRTパック接続用I/F、セカンドバッテリと排他利用
  14. CRT接続:オプション
  15. サウンド:オプション
  16. 拡張スロット:専用外付け3.5インチFDDor拡張バスI/F
  17. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD FDDを1台内蔵。専用外付けFDD接続可。
  18. HDD:内蔵可(SASI)
  19. 1MBRAMドライブ(EMSメモリとしても利用可)
  20. 液晶モニタ:白黒8階調表示。
  21. バッテリ:ニッカドバッテリ。セカンドバッテリ利用可(モデムと排他利用)
  22. レジューム機能:あり。LCD開閉レジューム機能搭載(98NOTEメニューにより設定可能)

ラインナップ:1992年1月発売。

  1. PC-9801NS/T:288,000円 HDD内蔵可能
  2. PC-9801NS/T40:398,000円 HDD40MB内蔵
  3. PC-9801NS/T80:458,000円 HDD80MB内蔵

PC-9801NS/TのCPUには、386SL(98)が採用されています。これは、98向けに省電力設計とされた386SXの亜種、ということのようです。別途数値演算プロセッサを取り付けることが出来ます。

バッテリパックとセカンドバッテリパックを使用した場合の稼働時間は以下のようになります。なおセカンドバッテリを使用したときはモデムとの併用は出来ません。

  1. PC-9801NS/T (FDD10%使用時) 3.8時間
  2. PC-9801NS/T40 or 80 (HDD10%使用時) 3.6時間

ハードディスクなしとハードディスク内蔵のモデルがあり、なしのモデルにサードパーティのハードディスクを取り付ける方がずっと安かったので、こちらを選択する人が多かったようです。

あとがき
省電力設計のi386SXを採用、クロックも20MHzに向上した。要望が多かったのか、外部CRT接続もオプションでできるようになった。
関連記事