PC-9801RA21/51 386DX標準機

「戦略的ビジネスを実現する32ビット標準機」※RA

PC-9801RA前期は386DXを16MHzで稼働させたが、後期であるRA21/51は386DXを20MHzにアップさせた。EPSON互換機に対抗して発売されたのがRA/RS/RXの三兄弟で、型番の後ろに「1」がついており、Rシリーズは最終機種、ということになり、後継機種は別の型番になる。

三兄弟、というラインナップはその後Dシリーズ、Fシリーズにも引き継がれている。

スポンサーリンク

PC-9801RA21/51スペック

  1. CPU
    RA:i386DX 20/16MHz / V30 8MHz ※切り換えて稼働。
    ※コプロセッサ使用可。
  2. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    RA:1.6MB
    RS/RX:640KB
  4. メインRAM増設
    RA:本体内専用スロットを利用することで14.6MBまで内蔵可能。
    RS:最大14.6MB(メモリ専用スロット3MB)。
    RX:最大11.6MB(メモリ専用スロット3MB)
  5. ビデオRAM
    256KB。
  6. テキストRAM
    12KB。
  7. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。キャラクタ単位に指定可)
  8. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  9. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  10. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  11. 画面合成
    テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  12. バックグラウンドカラー
    8色表示可(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  13. 内蔵FDD
    5.25インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  14. 外付けFDD用I/F
    2HD
  15. HDD
    内蔵可(SASI)※内蔵済みモデルあり
  16. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  17. シリアルI/F
    RS232C準拠準拠
  18. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様
  19. マウスI/F
    バスマウス対応
  20. CRT接続アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  21. サウンド
    オプション(拡張スロット内に実装)
  22. 拡張スロット
    16ビットのCバス4個
  23. サービスコンセント
    2個
  24. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  25. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  26. 外寸
    本体 (W)380×(D)335×(H)150㎜。
    キーボード (W)435×(D)180×(H)34㎜
  27. 重量
    RA21:9.4kg。
    RA51:10.8kg。
    キーボード1.2kg。
  28. 主な添付品
    キーボード、電源ケーブル、アース線、保証書、グリーティングカード、お客様登録カード、ケーブルラベル、ケーブルカバー、サービス網一覧表
  29. 添付FD
    N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連(システムディスク、辞書ディスク(1)、辞書ディスク(2)、PCトレーニングディスク
  30. 添付マニュアル
    N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連3(ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、BASIC入門)、ガイドブック、日本語入力ガイド、
  31. 発売
    1989/10

RAはHDD内蔵モデルの価格が下がった他は価格据置。HDDなしモデルには、SASI仕様のHDDを組み込み可能で、内蔵メモリボードは旧RA用との互換性がない。

ラインナップ

  1. PC-9801RA21
    5.25インチFDD×2
    HDDなし(内蔵可)
    価格498,000円
  2. PC-9801RA51
    5.25インチFDD×2
    内蔵HDD40MB(SASI)
    価格668,000円

筐体デザインは三兄弟とも同じものを使っているので、ロゴを見ないと型番が分からなくなる。共通のものを使ったことはコストダウンに大きく貢献している。

3.5インチFDD内蔵型も望まれていた

当時386DX搭載機には3.5インチFDDモデルがなかった。NECは5.25インチFDDを主力と据えていたのだが、世界的には3.5インチが普通になりつつあった。ノートPCでは3.5インチFDが採用されていた。1990年に入って、PC-H98シリーズでは3.5インチFDD内蔵型には型番の後ろに/Uをつけて区別していたが、性能は内蔵FDDの違いの他は全く同じだった。PC-9801でも近くそうなるであろうことは予想できたし、望まれていた。

当時は高速16ビット機として利用

当時はまだ32ビットOSが決まらない状況で、32ビット機といえど高速な16ビット機として、MS-DOSで利用している状況だった。マルチタスクなら、当時の16ビット機で十分にこなせる。32ビット機の本領はGUI(現在のWindowsのようなもの)で発揮するが、386DXといえど力不足で、やはり486になるまで無理だろうか。そういうことを考えると、32ビットOSが普及する頃には32ビット機全体がモデルチェンジされるだろう。

そんな遠い先のことよりも、今高速性を必要としている人にはRAシリーズはお勧めできるだろう。

寸評:速いのは気持ちよいが

スポンサーリンク

あとがき
CPUのクロック周波数も16MHz→20MHzと順調にアップしてきて、最先端を行くPC-9801、という印象が続いている。1990年後半になると実売価格も下がってきたので、購入を勧めてもよいが、初めてのマシンとして32ビット機が使いたいのならRSで十分かもしれない。
コメント
関連記事

コメントする