PC-9801RA/RS/RX PC-9801の標準シリーズ

「戦略的ビジネスを実現する32ビット標準機」※RA

「オフィスワークを力強くサポートするエントリーモデル」※RS

「多彩なニーズにコストパフォーマンスで応えるデスクトップ」※RX

互換機メーカーエプソンPC-386/PC-286に対抗して発売されたのがPC-9801RA/RS/RX3兄弟で、PC-9801標準機となります。

PC-9801RA/RS/RXスペック

  1. CPU
    RA:i386DX 20/16MHz / V30 8MHz ※切り換えて稼働。
    RS:i386SX 16MHz / V30 8MHz ※切り換えて稼働。
    RX:i286 12/10MHz / V30 8MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    RA:1.6MB
    RS/RX:640KB
  4. メインRAM増設
    RA:本体内専用スロットを利用することで14.6MBまで内蔵可能。
    RS:最大14.6MB(メモリ専用スロット3MB)。
    RX:最大11.6MB(メモリ専用スロット3MB)
  5. ビデオRAM:256KB。
  6. テキストRAM:12KB。
  7. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)
    8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。キャラクタ単位に指定可)
  8. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  9. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  10. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  11. 画面合成:テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  12. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  13. 外付けFDD用I/F:2HD
  14. HDD:内蔵可(SASI)※内蔵済みモデルあり
  15. シリアルI/F:RS232C準拠準拠
  16. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  17. マウスI/F:バスマウス対応
  18. CRT接続アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  19. サウンド:BEEP音。オプションでFM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ可能(拡張スロット内に実装)
  20. 拡張スロット:16ビットのCバス4個
  21. サービスコンセント:2個
  22. 電源:AC100V±10%、50/60Hz
  23. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  24. 外寸
    本体 (W)380×(D)335×(H)150㎜。
    キーボード (W)435×(D)180×(H)34㎜
  25. 重量
    RA21:9.4kg。
    RA51:10.8kg。
    RS21:9.4kg。
    RS51:10.8kg。
    RX21:9.3kg。
    RX51:10.7kg。
    キーボード1.2kg。
  26. 主な添付品:キーボード、電源ケーブル、アース線、保証書、グリーティングカード、お客様登録カード、ケーブルラベル、ケーブルカバー、サービス網一覧表
  27. 添付FD:N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連(システムディスク、辞書ディスク(1)、辞書ディスク(2)、PCトレーニングディスク
  28. 添付マニュアル:N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連3(ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、BASIC入門)、ガイドブック、日本語入力ガイド、
  29. 1989/10発売

RAはHDD内蔵モデルの価格が下がった他は価格据置、RXでは6万円ほど価格が引き下げられています。

HDDなしモデルには、SASI仕様のHDDを組み込み可能です。なお、内蔵メモリボードは旧RA/RX用との互換性がありません。

PC-9801RA:1989年11月発売

  1. PC-9801RA21:5.25インチFDD×2 HDDなし(内蔵可)価格498,000円
  2. PC-9801RA51:5.25インチFDD×2 内蔵HDD40MB(SASI)価格668,000円

PC-9801RS:1989年11月発売

  1. PC-9801RS21:5.25インチFDD×2 HDDなし(内蔵可)価格398,000円
  2. PC-9801RS51:5.25インチFDD×2 内蔵HDD40MB(SASI)価格568,000円

PC-9801RX:1989年10月発売

  1. PC-9801RX21:5.25インチFDD×2 HDDなし(内蔵可)価格338,000円
  2. PC-9801RX51:5.25インチFDD×2 内蔵HDD40MB(SASI)価格508,000円

筐体デザインは3兄弟とも同じものを使っているので、ロゴを見ないと型番が分からなくなります。共通のものを使ったことはコストダウンに大きく貢献しており、3.5インチFDDモデルのEX/ESよりも1万から5万ほども安くなっています。

FDDの違いだけで差別化するのはおかしい

内蔵FDDの違いだけでリリースが半年以上も遅れたり、一部性能が差別されているのはおかしいものがありました。

ESではメインメモリは1.6MB標準ですが、RSでは640KBです。しかし最大容量はESでは10.6MB、RSでは14.6MBで、価格差はRSの方が5万円も安くなっています。EXとRXでも同じで、EXでは9.6MB、RXでは11.6MBとなっており、価格もRXの方が1万円安くなっています。すでに世界的には3.5インチが主流になりつつある時期だったのに、3.5インチFDD内蔵モデルを選ぶとコストダウンの恩恵を受けられないのはどんなものでしょうか。

当時はまだRXでも十分だった

当時は32ビットOSも決まらない状況であり、MS-DOSにEMSメモリを追加してHDDを接続すれば十分に使えたので、初めてパソコンを買うのであればRXでも十分だったといえます。やがて、RAの実売価格も下がってきて、1991年に登場するWindows3.0を動かすことができるようになったので、購入しても良くなってきました。RSの方は曲がりなりにも32ビット機ですから、メモリさえ足せば、購入を勧めても間違いのないマシンだったと思います。

スポンサーリンク

あとがき
RA/RS/RX三兄弟はデザインが全く同じなので、型番を隠したら全く区別できない。3.5インチが何故か軽く扱われているのは問題だったが、後継機のDシリーズで解決している。
コメント
関連記事

コメントする