PC-9801TW2/W5 LSよりは安くなったが...

「キーボード分離できる新しいスタイルのラップトップ」※modelW2/W5

PC-9801Lシリーズは1989年8月発売のLX5Cが最後で、その後継機種は98NOTEとなるが、Lシリーズの流れを汲むPC-9801Tシリーズもラインナップされた。

PC-9801Tシリーズはトランス・ポータブル機という意味になっている。Cバスの拡張スロットが2個用意され、拡張性もある。価格は個人で手が出るようなものではなく、かといって企業でも躊躇する価格で、果たしてどれくらい売れていたのか疑問がある。

スポンサーリンク

PC-9801TW2/W5 共通スペック

  1. CPU
    386SX 20MHz
    V30 8MHz
    ※切り替えて使用。
  2. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    W2は640KB。
    W5は1.6MB。
  4. メインRAM増設
    W2は最大12.6MB、W5は最大13.6MB増設可
    ※メモリ専用スロット内8MB
  5. ビデオRAM
    256KB。
  6. テキストRAM
    12KB。
  7. テキスト表示
    80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット、8階調表示(外部CRT接続時は黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白の8色表示)。※キャラクタ単位に指定可。
  8. グラフィックス表示
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    8階調表示
    ※外部CRT接続時は4096色中16色表示可
  9. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  10. 画面合成
    テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  11. バックグラウンドカラー
    8色表示可(専用高解像度ディスプレイ接続時)
  12. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、拡張漢字、388文字ユーザー定義文字機能188種
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  13. 液晶
    8階調白黒液晶搭載
  14. 内蔵FDD
    3.5インチ2HD/2DD両用FDDを2台内蔵。
  15. HDD
    W2モデルは内蔵可(SASI)。W5モデルには40MBHDD内蔵済み
  16. 外付けFDD用I/F
    2HD仕様のものを接続可
  17. シリアルI/F
    RS232C準拠
  18. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  19. マウスI/F
    バスマウス仕様
  20. CRT接続
    アナログRGB
  21. サウンド
    オプション、拡張スロット内に実装
  22. 拡張スロット
    16ビットのCバス2個
  23. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  24. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  25. 外寸
    本体(W)364×(D)460×(H)120㎜
    キーボード(W)435×(D)180×(H)34㎜
  26. 重量
    W2:9kg
    W5:10.4kg
    キーボード:1.2kg
  27. 主な添付品
    マニュアル類、FD、電源ケーブル、アース線、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表
  28. 添付FD
    N88-日本語BASIC(86)システムディスク、辞書ディスク(1)、辞書ディスク(2)、PCトレーニングディスク
  29. 添付マニュアル
    ガイドブック、日本語入力ガイド、N88-日本語BASIC(86)関連マニュアル(ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、BASIC入門。ver6.1に対応)
  30. 発売
    1990/2

オプションの例

  1. PC-9801T-02:テンキーボード
  2. PC-9801T-03:フルキーボード

テンキーボードは本体横に接続コネクタが出ているので、そこへ取り付ける。キーボードは本体から外れるようになっており、カールケーブルで接続しているので、フルキーボードを利用するときは、交換して使うようになる。

PC-9801TmodelW2/W5ラインナップ

  1. PC-9801TmodelW2
    3.5インチFDD×2台
    HDD内蔵可(SASI)
    価格648,000円
  2. PC-9801TmodelW5
    3.5インチFDD×2台
    内蔵HDD40MB(SASI)
    価格758,000円

カラー液晶は価格が非常に高価なため、まずモノクロ液晶機が登場した、ということもできるが、価格はデスクトップ機にCRTを接続した場合に比べると非常に高価で、絶対に企業でも手を出さないだろう。

筆者ならデスクトップのPC-9801RSにCRTを接続して使いたい。

寸評:購入のメリットが見いだせないマシン

スポンサーリンク

あとがき
PC-9801LSの後継機種はトランスポータブル型と呼ばれるさらに大型のもので、この仕様で同じ386SX 16MHzならすでに発売されていたPC-9801RSあたりを購入して、EMSとHDDを接続した方がずっと安くできる。ということで、このPCはパスしたい。
コメント
関連記事

コメントする