PC-9801T ラップトップ機はこれで終焉

「キーボード分離できる新しいスタイルのラップトップ」※modelW2/W5

「カラー8色表示が可能な32ビットパワーラップトップ」※modelS5

「美しいTFTカラー液晶ディスプレイのパワーラップトップ98」※modelF5

「省スペース、カラー表示が可能なラップトップ」※modelF51/71

「オフィスへの大量導入など、企業内ニーズに柔軟に対応」※modelW7

PC-9801LSシリーズの後継機にあたるのがこのTシリーズで、トランス・ポータブル機という意味です。Cバスの拡張スロットが2個用意され、拡張性が増しますが、価格は個人で手が出るようなものではなく、果たしてどれくらい売れていたのか疑問があります。

また、大きい上に重量もありますから、ラップトップ以上に使い勝手はよくないのではないかと思われます。

PC-9801T 共通スペック

  1. CPU:別項を参照
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:メインRAM:別項参照
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示。カラー液晶モデルまたは外部CRT接続時は8色表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示 ※カラー液晶モデルまたは外部CRT接続時4096色中16色表示可
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. 外付けFDD用I/F:2HD
  12. マウスI/F
  13. CRT接続アナログRGB
  14. サウンド:BEEP音音のみ ※オプションでFM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ機能拡張スロット内に実装可
  15. 拡張スロット16ビットのCバス2個
  16. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  17. HDD:内蔵可能 ※内蔵モデルあり、別項参照

PC-9801Tは、まず1990年2月に発売開始されています。

PC-9801TmodelW2/W5

  1. CPU:386SX 20MHz、V30 8MHz ※切り替えて使用
  2. メモリ:W2は640KB、W5は1.6MB
  3. メモリ増設:W2は最大12.6MB、W5は最大13.6MB(メモリ専用スロット8MB)
  4. 液晶白黒

ラインナップ

  1. PC-9801TmodelW2:HDD内蔵可(SASI) 価格648,000円
  2. PC-9801TmodelW5:内蔵HDD40MB(SASI) 価格758,000円

かなり価格は高いですがカラー液晶搭載モデルも発売されました。

PC-9801TmodelS5/T5

  1. CPU:386SX 20MHz、V30 8MHz ※(切り替えて使用)
  2. メモリ:1.6MB。最大14.6MB(メモリ専用スロット8MB)
  3. HDD:40MB内蔵(SASI)

ラインナップ

  1. PC-9801TmodelS5:STNカラー液晶搭載 価格850,000円(1990年6月発売)
  2. PC-9801TmodelT5:TFTカラー液晶搭載 価格1,150,000円(1990年7月発売)

カラー液晶ではSTNはビジネス用と割り切った方が良く(ズルズル感が残る)、TFT液晶では現在の液晶とさほど変わりがない見え方になります。

最終モデルは1991年7月に発売されています。

PC-9801TmodelF51/F71/W7

  1. CPU:386SX 20MHz、V30 8MHz ※切り替えて使用
  2. メモリ:1.6MB。最大14.6MB(メモリ専用スロット10MB)

ラインナップ

  1. PC-9801TmodelF51:TFTカラー液晶搭載 内蔵HDD40MB(SASI) 価格850,000円
  2. PC-9801TmodelF71:TFTカラー液晶搭載 内蔵HDD100MB(SCSI) 価格950,000円
  3. PC-9801TmodelW7:白黒液晶搭載 内蔵HDDW7100MB(SCSI) 価格750,000円

1991年は小型軽量化がどんどん進んでいく時期でもあり、PC-9801ではこのマシンがラップトップ機の流れを汲むマシンとしては最後になります(PC-H98にもTモデルが出るが実質的にはこれが最後)。これは、他社のマシンでもいえることでした。

以降は、ノートPCの進化が進んでいくこととなります。

あとがき
PC-9801LS/LXの後継機種はトランスポータブル型と呼ばれるもので、見やすいモノクロ液晶搭載型とSTN/TFTカラー液晶型が用意されたが、企業で買うにしても高価格が災いしてあまり売れそうにない。シリーズとしても長く続かず、98NOTEに置き換わっていった。
関連記事